GENKI

GENKI Covert Dock レビュー/ニンテンドースイッチの純正ドックがなくても映像出力&電源供給できる!

ニンテンドースイッチユーザーの2つの悩み??

2017年の登場以来、新しい遊び方を提案し続け、進化するゲーム機・ニンテンドースイッチ。そんなスイッチを使うにあたって、2つの悩みがあります。

一つはBluetoothオーディオ。スイッチにはBluetoothが搭載されているものの、ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンが使えません。これを解決するアダプターが出回っています。私は、クラウドファンディングで入手したアダプターを入手しました。

スイッチの音ズレ解消!aptX Low Latency対応Bluetoothトランスミッター GENKIをレビュー!スイッチでBluetoothワイヤレスオーディオを実現する Nintendo Switch(以下、スイッチ)では、ワイヤレスイヤホン・...
もう一つは付属のドックが大きすぎること。プロジェクターのある場所に持っていこうとしたら、あの大きなドックとACアダプターも必要です。これを解決してくれるUSB-Cハブを手に入れましたが、USB-ACアダプターの問題が残っていました……。

かさばるドックは不要!ニンテンドースイッチをテレビにHDMI出力可!innowattの4in1 USB-Cハブをレビューポータブルさせてくれないニンテンドースイッチ 先日、大勢で集まる機会があり、プロジェクターもあるということでみんなでマリオカートやろう...

クラウドファンディング発!ニンテンドースイッチ周辺機器

ニンテンドースイッチのBluetoothオーディオ問題を解決したGENKIが、今回は、独自の小型ドックの製品を発表しました。あの大きな純正ドックの機能を、およそ1/10サイズまで小さくするというのです。

日本ではクラウドファンディングサイト・Makuakeで製品化プロジェクトに成功しています。

GENKI Covert Dockをレビュー

今回、縁あって製品化前のサンプルをお借りすることができました。実際の製品と異なる部分もありますので、そこは説明文中で改めて記載します。

パッケージは、スイッチのブルーカラーを基調にしたもの。「COVERT DOCK」の製品写真が載っています。

正面から見るとコンパクトそうなパッケージですが、意外と立方体に近い奥行きがあります。

パッケージを開いていくと、メタルギアソリッドのようなイラストが……

こちらが内容物。GENKI Covert Dock本体に、USB-C to USB-Cケーブル、キャリングポーチ、ユーザーマニュアル、ステッカーとなっています。

USB-Cケーブルは、一方がL字コネクタになっています。操作の邪魔をしないL字コネクタってけっこう便利なんですよね。スマホでもL字コネクタって重宝してます。

こちらがGENKI Covert Dock本体。コンパクトすぎて、普通のUSB-ACアダプターにしか見えません。

ACプラグは収納式。壁のコンセントに差し込んでも安定する形状です。

収納時のプラグ周りには、適度なスペースが開いていて、指でプラグを引き出す際にも出しやすくなっています。

入出力ポートは、上からUSB-C、USB3.0、HDMIポートが並びます。GENKI Covert Dockの興味深いところは、電源として使えるのがUSB-Cだけ、というところ。そう、これはACアダプタのような形状でありながら、紛れもないドックなのです。
プラグ面からコネクタ面にかけて、少しすぼむような形状になっています。

付属のキャリングポーチは、丸く型がついていて、Covert Dockの出し入れがしやすくなっています。

GENKI Covert Dockを入れて、巾着を締めると、ぴったりのサイズ感であることが分かります。ほかのものが入るスペースはありませんでした。

GENKI Covert Dockのサイズ感を、手元にあった、USB PD対応のAUKEY PA-D2(写真右)と比べてみます。3ポートもあるのにGENKI Covert Dockの小ささ!ギュッと詰まってます。

GENKI Covert Dockはフットプリントも小さいです。

重量を測ってみましょう。AUKEY PA-D2は、114.4gです。

GENKI Covert Dockは101.6gでした。

GENKI Covert Dockは大きさのわりに、ちょっと重量感はあるかも、といった印象です。

当初、GENKI Covert Dockは69gの予定だったそうですが、発熱の調整で30g以上増量しているそうです。重量を減らせるよう調整しているとのことで、本記事レビューしている試作機と、製品版は異なる可能性があります。

AUKEY PA-D2のレビューは下記から。

AUKEY PA-D2 レビュー/USB-Cを2基搭載のUSB PD対応ACアダプター!最大36W対応で使い勝手は十分?USB-CとUSB PDが普及してきた 2015年のMacBook登場以来、スマホやノートPCに着実に搭載されてきたのが、USB Ty...

GENKI Covert Dockにニンテンドースイッチを接続してみる

それでは、実際にニンテンドースイッチに接続してみましょう。GENKI Covert Dock(写真左)を電源に接続し、HDMIケーブルはテレビへ、USB-Cケーブルはスイッチに接続します。

この状態で、スイッチの画面がテレビに普通に出力されます。あっけないほどに……。簡単すぎる。もちろん充電もできています。純正ドックに接続したときと同様の状態です。ただ、この状態ではJoy-Conの操作ができません。

実際にプレイするときには、Joy-Conを外します。と言っても、これも純正ドックに接続したときと同様ですね。

なお、ディスプレイ出力する際には、必ず付属のUSB-Cケーブルを使ってください。汎用的なUSB-Cケーブルでは画面出力がされないことがあります。

なお、Makuakeのプロジェクトページで「大出力30WのUSB PD 3.0 充電にも対応」と書かれていますが、正しくは「25W」のUSB PD 3.0充電にも対応ということでした。スイッチは最大でも18Wなので、問題はないでしょう。

USBポートも(1ポートだけ)使える!

そして、GENKI Covert Dockには1ポートだけUSBポートがあります。このポートも活用しましょう。試しに、8BitDoのワイヤレスBluetoothアダプターを挿してみます。

GENKI Covert DockのUSBポートにこのアダプターを挿すと、デュアルショック4をワイヤレスで使うことができました。純正ドックでの動作と同じです。

スイッチにはJoy-Conを付けたまま、コントローラーはデュアルショック4という運用が可能です。つまり、純正ドックと同様です。

8BitDoのワイヤレスBluetoothアダプターのレビューはこちらから。

8BitDo ワイヤレス Bluetooth アダプタ レビュー/デュアルショック4をニンテンドースイッチで使う!Nintendo Switch Proコントローラーを買うべきか、それとも…… ニンテンドースイッチでテトリス99で熱くなっていると「...

まとめ

今回のレビューは困りました。なぜなら、あまりにも普通に、ドックとしての動作が実現できているから。「普通に使えます」「同様に使えます」以上の感想が出てこないという困った事態に。普通にすごいです。オススメです。

GENKI Covert Dock、これ、任天堂に買収してもらって純正品にしたほうがいいのでは?それくらいの完成度の高さでした。

GENKI Covert Dockの一般販売予定価格は8,680円(税込)ですが、Makuakeの特別価格は18%OFFの7,100円と1,580円もお得。

この価格で買えるのは、Makuakeのプロジェクト終了日である2020年4月6日までです。

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
GENKI Covert Dock
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ニンテンドースイッチのお役立ち記事


ニンテンドースイッチに関するレビュー記事をまとめています。

  • ダウンロード版ソフトをセール価格で買う方法
  • スイッチでワイヤレスイヤホンを使うには?
  • ワイヤレスイヤホンの音ズレを解消したい
  • 超小型ドック内蔵のACアダプターでコンパクトに持ち運ぶ
  • USB-Cハブでテレビに出力する

など、ニンテンドースイッチを使っていて困ったことを解消します!

ニンテンドースイッチ関連記事まとめ

【8/18(火)まで】Amazon Music HD 高音質ストリーミングが90日間無料!Amazon Music HD