CYBERDRIVE

CYBERDRIVE Clarity Feather レビュー/iPhoneやMacで使えるUSB DACが在庫処分!?

CYBERDRIVEのUSB DACが1,480円!?

ある日、Amazonをぶらぶら見ていると、CYBERDRIVEのUSB DACが1480円で販売されているではないですか。なんと79%OFF!2019年8月1日~8月31日の特価セールのようです。発売開始から時間が経っているので、もしかしたら在庫処分なのかも(真相は不明)。

MicroUSBで接続するタイプのClarity Aura DACなら、なんと1,280円です。(2019年8月1日~8月31日の特価セール)

DACとしての性能は「DSD 256 & PCM 192KHz/24bit」に対応するもので、ハイレゾ音源を聴く用途としては十分なスペックを持ちます。この価格ならとりあえずで買ってみてもいいかな、と購入してみました。

CYBERDRIVE Clarity Feather DACをレビュー

白を基調としたパッケージ。「HI-RES NOTEBOOK DAC」と銘打っているように、ノートPCでの利用を想定したポータブルUSB DACです。

今回販売されていたのは、ホワイトモデルだけです。本家のショップでもホワイトのみの販売になっていたので、他のカラーはもう在庫がないのでしょう。

背面にはスペックが記載されています。OS互換性を見ると分かりますが、MacやWindowsだけでなく、AndroidやiOSでの使用も想定されています。

内箱を開けると、Clarity Feather DACが現れます。

内容物は、セットアップガイドとClarity Feather DACのみ。公式製品ページによると、現在販売中のものは、アダプターやケースなどが省かれた製品構成なのだそうです。

Clarity Feather DACはUSBメモリのような外観で、キャップを外すとUSB-Aコネクタが現れます。本体に付いている2つのボタンは音量の増減用です。

重量は、わずかに11.4g。製品名が示す通り、Feather(羽)のような軽さです。

とはいえ、Clarity Feather DACは数年前の製品なので、この後に登場したUSB DACのULTRASONE Naosはさらに軽かったりするのですが……

iPhoneで妥協のない最高のハイレゾ音楽を!超小型で10g以下のUSB DAC!ULTRASONEのNaosがオススメ。iPhoneで最高の音を聴く iPhoneで最高の音を聴くために用意しなければならないのは、下記の3つです。 データ量の多い...
CREATIVEのSXFI AMPも似たような重さです。

Creative SXFI AMP レビュー/Switchでシアターサラウンド!?Super X-Fiヘッドフォンアンプ!小型のヘッドフォンアンプが2019年のトレンド!? スマートフォンの進化に伴って、オーディオ分野で脚光を浴びているのが小型ヘッドフォン...

iPhoneとLightning接続してみる

さて、せっかくのポータブルUSB DAC、iPhoneで使わない手はありません。ただ、そのままではiPhoneに接続しないので、この手のオーディオガジェットを使う際の定番「Apple Lightning – USBカメラアダプタ」に接続します。

Clarity Feather DACが安すぎて、USBカメラアダプタの方が高いという逆転現象……

USBカメラアダプタとClarity Feather DACの幅と厚みがほぼ同じななので、妙に一体感が出ています。

iPhoneと接続します。ハイレゾ音源対応アプリでも聴けますし、標準のミュージックアプリでも問題なく再生できます。音の厚みが半端なく増すので、イヤホンのポテンシャルがガンガン活かされていくのを感じます。

接続しているイヤホンは、SIMGOTのEN700 PROです。最近のお気に入りです。

SIMGOT EN700 PRO イヤホン レビュー/ブラックとレッドの衝撃、デザインと音質が抜群なハイエンドイヤホンSIMGOTのハイエンドイヤホン 5月にレビューしたSIMGOTのEM2が美しくてですね(音質ももちろんのこと)、SIMGOT製品には...

MacBook AirとUSB-Cで接続してみる

USB DACなので、製品のコンセプト通りノートPCにも接続してみます。ただ、MacBookシリーズは全てUSB Type-C(USB-C)に移行しているので、変換アダプターは必須です。

上の写真にあるUSB3.0→USB-CはAnker製の質実剛健なアダプターでして、何かと役に立ってくれます。オススメです!

システム環境設定から見ると「Cyberdrive Audio Driver Output」という名称でUSBオーディオとして認識されています。

MacBook Airデフォルトのイヤホンポートと差し替えて聴いてみましたが、音の厚みが段違いです。これはいいものだ。

iPad ProとUSB-Cで接続してみる

USB-Cといえば、iPad Proも忘れてはいけません。MacBook Airで使用した変換アダプターを使って、iPad Proにも接続してみました。こちらもiPhone同様にデフォルトで認識されます。

ただ、iPad Proがでかすぎて、この状態で音楽を聴くことはあまりなさそうですが……。

外付けのスピーカーを使う際には大いに役立ちそうです。

まとめ

細かいことはいいんです、とにかく安いので。1,480円でこの音質が手に入るのは最高ですね。おそらく底値に近いので、この値段で見かけたら即買いです!

最初からUSB-Cで接続するのが前提であれば、下記の製品がリーズナブルでオススメです。

USB-Cでハイレゾ対応!moshiのデジタルオーディオアダプタで新iPad Pro上のハイレゾ音源を聴き比べ!USB-Cオーディオ市場が本格始動 2018年はUSB-C接続によるデジタルオーディオ市場が本格始動した年になりました。iPhone同...
今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
CYBERDRIVE Clarity Feather DAC
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
iPhone 11 Pro Maxのまとめ


iPhone 11 Pro Maxにオススメのケースや、液晶保護フィルム、USB-C to Lightningケーブル・USB PDアダプタやeSIMなどの情報をまとめています。
iPhone 11 Pro Max周辺機器まとめ

Amazon Black Friday セール 11/22[金]9:00 - 11/24[日]23:59までセール会場へ
+