COMPLY TRUEGRIP TG-200レビュー/完全ワイヤレスイヤホンのイヤーピースを交換して音質アップ!

  • URLをコピーしました!

完全ワイヤレスイヤホンの音質をアップさせるには?

最近のワイヤレスイヤホンといえば、もう「完全ワイヤレス」が定番となってきましたが、こと音質に関していえば、まだ改良の余地があります。ドライバーやコーデックなど改善ポイントはあるものの、最も手軽な改善はやはり「イヤーピース」です。
COMPLYに代表される低反発イヤーピースが完全ワイヤレスイヤホンで使えればいいのですが、問題は一つあります。イヤーピースを他社製に交換すると、充電用ケースに入らないのです。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

完全ワイヤレスイヤホン用の低反発イヤーピース

今回、COMPLYからリリースされたのは、TruGripシリーズのTG-200です。互換性のあるモデルとして、Anker Soundcore Liberty Lite、Jabra Elite Sport、JBL Free、RHA TrueConnect、ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless、SONY WF-1000X、SONY WF-SP700N、などが挙げられています。

Anker Soundcore Liberty Neoと、SONY WF-1000XM3があるので、使えるかどうか購入してみました。

COMPLY TRUEGRIP TG-200をレビュー

今回購入したTRUEGRIP TG-200は左右1セットのみのもの。パッケージもコンパクトです。

COMPLYをご存知の方には周知の事実ですが、低反発イヤーピースに変えることで「高音質」「遮音性」「フィット感」が手に入り、さらに完全ワイヤレスイヤホンにおいては「脱落防止」といった利点もあります。

左右1個ずつが1セットです。どちらも同じものなので、左右の区別はありません。

柔らかい低反発素材なので、イヤホンに付け、クシュっとつぶして耳の中に入れると、緩やかに形が戻るので、耳の中に合わせてフィットしてくれます。

Soundcore Liberty NeoとWF-1000XM3に装着

手持ちの完全ワイヤレスイヤホンで、このTRUEGRIP TG-200が使えそうなのは、Anker Soundcore Liberty Neoと、SONY WF-1000XM3です。

さっそく、Soundcore Liberty Neoに装着してみました。写真左がTG-200、写真右が純正のイヤーピースです。TG-200の方が若干高さがあります。もともと遮音性の高いSoundcore Liebrty Neoですが、TG-200を装着したことで、音が引き締まりました。

ケースに収めてみたところ、TG-200に高さがあるためか、通常時のようにカチャッと鳴らず、一応収まっているような雰囲気です。充電用の接点は接しているようで、充電は行えており、ケースを閉めることもできました(TG-200を内部で潰しながら、ギリギリ収まってるっぽい)。
https://www.makkyon.com/2019/04/15/anker-soundcore-liberty-neo/
続いては、SONY WF-1000XM3です。写真左が純正のハイブリッドイヤーピース、写真右がTG-200です。純正ハイブリッドイヤーピースは裾が長く見えますが、両製品とも高さは同じくらいです。

元々、音質のいいWF-1000XM3ですが、やはり多少は音漏れしていたらしく、TG-200装着後は、音の締まりが良くなりました。
そして、充電ケースへの収まりですが、イヤーピースの高さがほぼ同じだけあって、ひっかかりもなく、何の問題もなくケースに収まりました。

WF-1000XM3の音質が良くなったので、このままWF-1000XM3で常用することにしました。
https://www.makkyon.com/2019/07/15/sony-wf-1000xm3/
Powerbeats Proにも装着してみました。こちらも問題なく装着でき、充電ケースにも収まりました。

音質は上がるものの、イヤーフックと合わせて調整するので、やや使い勝手は悪くなります。手間の問題だけですけど。
https://www.makkyon.com/2019/07/31/powerbeats-pro-beats-by-dre/

まとめ

完全ワイヤレスイヤホンの音質を手軽にアップしてくれる、COMPLYのTG-200。お気に入りの完全ワイヤレスにぜひ使ってみてください。
https://www.makkyon.com/2015/10/31/comply/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX