Bluetooth

Keychron K1 レビュー/Mac用のスリム&ワイヤレスなメカニカルキーボード、RGBでめちゃめちゃ光るぞ!

メカニカルキーボードの誘惑……

Mac用のキーボードを探しているうちに、メカニカルキーボードに興味がわいてきて、キースイッチテスターを輸入したりしました。

81 SWITCHES TESTER レビュー/自作キーボードの前に……CherryMXやGateronのキースイッチが試せる自作キーボードに興味が出てきた 自作キーボードとはなにか?それは、自分でキーキャップやキースイッチを選んで、ハンダづけをして組み立てる...

今回は、クラウドファンディングで入手したMac用メカニカルキーボードのレビューです。

Macで使えるメカニカルキーボード「Keychron」

クラウドファンディングサイトKickstarterで出資したのが、KeychronのメカニカルキーボードK1です。

Keychron – An ultra-slim Wireless Mechanical Keyboard
2月には発送が始まったものの、まずはフルキーボードの87キー版から。テンキー付きの108キー版が発送されたのは、3月も末になってからのことでした。

Keychron K1到着する

そんなわけで、海を越えてようやくKeychron K1が到着したのです。

真っ黒なパッケージに、黒い文字で「K1 Mechanical Keyboard」とあります。

中身は、K1本体と、マニュアル、キーアサイン表、USB-Cケーブル、キープラー、予備のキーキャップとなっています。

今回KickstarterでKeychronに出資を決めた最大の理由が「Mac用」であること。Windowsキーではなく、⌘(command)キーが用意されています!Mac用のメカニカルキーボードってなかなか無いから、K1はすごく貴重です。

なお、Windows用としても換装できるように、予備のキーキャップはWindowsのものになっています。(使わないと思うけど)

K1はボードの上にスイッチが載っているだけのシンプルな作りなので、横から覗き込むとrロープロファイルのキースイッチが見えます。

キーボードには、2つのスイッチが付いています。写真左にある切り替えスイッチは、動作モードを決めるためのもの。

USBケーブルを使って有線で接続する「Cable」モードと、Bluetoothを使って無線で接続する「Bluetooth」モードが選べます。写真右のスイッチは、キー配列を選ぶためのもの。「Win / Android」と「Mac / iOS」が選べます。

裏面四隅には、滑り止めも付いています。

キーキャップは、キートップ引き抜き用のキートッププラーを使って容易に取り外すことができます。

Bluetoothで使用する際の電源は、USB Type-C(以下、USB-C)で供給します。5V 1Aを必要とするようなので、古いUSB-ACアダプタでは電力が足りない可能性があります。

有線キーボードとして使用する際にも、このUSB-Cポートを使用します。

AppleとLogicoolのキーボードと比較

Mac用の、テンキー付きのフルキーボードといえば、所有する2つのキーボードと比較してみます。Appleのテンキー付きMagic Keyboard(写真上)とロジクールのCRAFTキーボード(写真下)です。K1キーボードの幅は、Magic Keyboardより長く、CRAFTとほぼ同じです。

各キーボードの高さを比べてみます。

K1キーボードのベースはCRAFTより低いですが、キートップはCRAFTよりもやや高め。

Magic Keyboardはキーを含めても、K1キーボードよりもさらに低く作られています。

スペースグレイのテンキー付きMagic Keyboardのレビューはこちらから。

黒い…どこまでも黒い……スペースグレイのテンキー付きMagic Keyboardをレビュー!これはProモデルなのか。iMac Pro仕様のMagic Keyboardが単体発売! iMac Proが発売されたとき、その性能よりもキーボードとマウスに目...
ロジクールのCRAFTキーボードのレビューはこちらから。

Logicool CRAFT KX1000sレビュー/Proにはプロのキーボード!USB-C搭載iPad Proで使う!ロジクールのフラッグシップキーボード「CRAFT」 ロジクールのワイヤレスキーボード「CRAFT」といえば、2017年9月に発売された...

BluetoothでもUSB-Cでも使える

さて、K1キーボードはBluetoothによる無線接続も、USB-Cによる有線接続にも対応します。というわけで、USB-Cを搭載したiPad Proと接続してみました。

Bluetoothによる接続は、当然ながら問題なし。

そして、USB-C to USB-Cケーブルによる有線接続ですが……何の問題もなく使えます。

後述する、ゲーミングキーボードのようなライティングも、iPad Proで問題なく動きます。iPad Proでゲーミングキーボード……なかなか楽しいです。

Keychron K1キーボードはRGBバックライトで多彩に光る

メカニカルキーボードとしての機能性はもちろんのこと、K1キーボードの楽しさは、多彩に光るRGBバックライトにあります。キラッキラしている。

RGBバックライトの動作モードは数十種類あるようで、page upキーの上にあるライティングキーを押すごとに多彩なライティングを披露してくれます。

その動作はとにかくカラフルで賑やか!

黒のキートップだから、明るい部屋でも、キーの色がカラフルに判別できます。

光の波が流れていく様子は、すっごく煌びやか。

ロープロファイルスイッチの脇から漏れる光も、実に美しいのです。

RGBバックライトの動作の様子は、YouTubeに公開していますので、キースイッチの音を確かめたい方も、下記の動画からどうぞ。

まとめ

めちゃめちゃ楽しいキーボード、Keychron K1の紹介でした。いいキーボードは、能率を上げてくれるだけでなく、たくさん使いたくなる気持ちにさせてくれます。

難点を一つあげるとすれば、メカニカルキーボードらしく「カチャカチャ」音がするので、仕事場では使いにくいということでしょうか。(RGBバックライトは、モード切り替えで、おとなしい光り方にすることもできます)

Keychron K1は日本への配送にも対応してくれます。

K1 Wireless Mechanical Keyboard – Keychron | Wireless Mechanical Keyboards for Mac, Windows and Android

下記のリンクから10%OFFのクーポンコードをゲットできますので、よかったら使ってください!
http://keychronwireless.refr.cc/i00001

Keychron K1と同様のコンセプトで、Indiegogoで製品化されたTaptekキーボードも購入してレビューしました。

Taptekキーボード レビュー/コンパクト!光る!SNSで人気のMac用ワイヤレスBluetoothメカニカルキーボードSNSで話題のキーボード?Taptek SNSでの広告露出がとにかく激しかったのが、今回紹介するTaptekキーボードです。クラウドフ...
今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
Keychron K1 Wireless Mechanical Keyboard
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
iPhone 11 Pro Maxのまとめ


iPhone 11 Pro Maxにオススメのケースや、液晶保護フィルム、USB-C to Lightningケーブル・USB PDアダプタやeSIMなどの情報をまとめています。
iPhone 11 Pro Max周辺機器まとめ

Amazon Black Friday セール 開催中! 11/24[日]23:59までセール会場へ
+