\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

81 SWITCHES TESTER レビュー/自作キーボードの前に……CherryMXやGateronのキースイッチが試せる

  • URLをコピーしました!

自作キーボードに興味が出てきた

自作キーボードとはなにか?それは、自分でキーキャップやキースイッチを選んで、ハンダづけをして組み立てる、文字通り「自作」。
なぜ自作キーボードに目をつけたかといえば、Mac用として発売されているキーボードが少ないから。(記事を読んでもらうと分かる通り、Mac用と名がつくものはだいたい持っています)

自分が本当に納得できるMac用キーボードを手に入れるには、もう「自作」しかない。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

キースイッチの感触を確かめる”テスター”

理想のキーボードを作るには「どんなキータッチに仕上げるのか」が重要です。ガチャガチャ、カチャカチャ、スコスコ、ココココ、ヘコヘコ、擬音で表す以上に自作キーボードにはさまざまなキーの音があります。
この音を出すのが「キースイッチ」と呼ばれる部品で、メカニカルキーボードの各キーには1つずつ存在します。(下の写真はキースイッチを採用した珍しい電卓です。→レビュー記事

過去に青軸のキースイッチを採用したキーボードをレビューしています。

最も有名なのがCherryMXというキースイッチで「CherryMX互換」という指標があるくらい普及しています。他にも、自作キーボード界隈では、Gateron、kalihといったキースイッチが人気らしいです。初めて聞いた……試してみたい……しかし、どこで試せるのだろうか……
Amazonで探していると、キースイッチテスターという製品が売られていました。

これだ!とAmazonのカートに入れたのですが、ここにあるのはCherryMXだけ。他のメーカーのものは無いようです。
次は、Google画像検索で、英語も含めて探してみました。海外の製品でもっと沢山のキースイッチが試せるテスターを発見。さっそく、AliexpressのKPrepublic Storeで購入しました!KPrepublicの担当者とはメッセンジャーでやり取りできるので安心です(英語だけど)。

Aliexpress.com: KPrepublic Storeより信頼できる キーボード サプライヤから81 switch switches tester with acrylic base blank keycaps for mechanical keyboard cherry kailh gateron outemu ice greetech boxを購入します

Aliexpressで初めて購入する方はクーポンがもらえるので、お忘れなく。

日本でも販売しているショップがあるようです。

上海問屋では、各キースイッチの詳細が書かれたキーキャップ付きのテスターを販売しています。

72キー搭載メカニカルスイッチテスター DN-915965

81 SWITCHES TESTERが到着

中国から発送され、約8日後に日本に到着しました。China Postから日本郵便へ。表示上は最短でも10日後だったのに……早まったりするんだ……。
テープでぐるんぐるん巻きだった中から出てきた、ややひしゃげた箱……。

プチプチでぐるぐる。

届いたー!これはなんという魅惑的な光景なのか……

なんか、思ってた以上にすごいぞ……ただキースイッチが並んでいるだけだというのに……

6社81種類のキースイッチが一堂に会する

ここにあるキースイッチは9×9の81種類。すべてが異なる種類のキースイッチです。世の中にこんなにキースイッチがあったなんて。

下の写真のように、Cherry MX、Kalih、Gateron、Outemu、TTC、GREETECHの計6社のキースイッチが並んでいます。各社の黒軸、赤軸、青軸など、見た目に分かりやすいものからTTCの見分けがつかないものまでいろいろと。

これは選び放題ですね……。

正体は、キースイッチがハマるアクリル板

キースイッチテスターではありますが、各キースイッチはすぐに取り外せるようになっており、その下は厚いアクリル板になっていました。

ひっくり返してもバラバラになることはありません。

やだ、最高……撮影タイム開始

写真撮ってるうちに、楽しくなってきたので、しばらくキースイッチ写真集をお楽しみください。

一列に整列している様子も美しい。

キーキャップ用の「+」が並んでいるのも様になります。

「+」だけでなく「田」になっているものが、ランダムに混じる様子もいいですね。

ミニチュアの都市に迷い込んだように錯覚しそうになります。

透明でカラフルな、前衛的な墓地のようにも見えてきます。

アングルを落とすと、実験用の小瓶か、香水瓶が並んでいるようにも見えます。

あー楽しい。(お付き合いいただきありがとうございます)

81個のキーキャップ が付属

さて、このままではキースイッチの押し心地を試せません。キースイッチにはキーキャップ が必要だからです。ちゃんと付属していました。

81個の無地のグレーキーキャップ です。

ちまちまとキーキャップをはめていきました。急にテトリス感出てきた。上下左右間違えると、意図しないキースイッチを押してしまいそう。

先ほどまでのカラフルさが嘘のように、急に『1984』のような全体主義国家が生まれてしまった。

TTCのキースイッチがオレンジ色なので助かる。

まとめ

目的を見失いがちな勢いで楽しいです。デスクの横に置いて、ストレス解消にカチャカチャ言わせてます。さて、どのキーで自作キーボードを作ろうかな……

なお、キースイッチによって、音がうるさいものと静かなものがあるので、1キーずつ音の大きさを測定してみようと思います。くじけなかったら本記事に追記しますので、追記されてなかったら「くじけたんだ……」と思って、そっとページを閉じてください。

※上の写真で使用しているのは、サンコーの小型デジタル騒音計です。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX