MADOSMA発売!iPhone/Androidからの乗換は現実的?Wi-Fi運用可?Windows Phoneに10の疑問

IS12Tをスルーし、Lumiaシリーズを検討し、ようやく購入したWindowsPhoneはMADOSMA。すでに各メディアで詳細のレビュー記事が上がっているので、細かなところはプロの目にお任せ。
iPhone/Androidスマホからの乗り換えにふさわしいか、将来的なことも含めて、一般ユーザー視点でレビューしてみます。
というわけで、ヨドバシドットコムから発売日に到着。安定の配送っぷり。

箱の大きさをiPhone 6 plusのものと比較。コンパクトに収まっているようです。

開封します。内容物はシンプルに、本体、USBケーブル、ACアダプタ、マニュアル一式。

裏側はプラスチックカバー。写真だと分かりにくいですが、滑りにくい加工がしてあるようです。替えカバーが出てくれると楽しそう。

SIMフリーなので、BIGLOBEのSIMを挿してみます。nano SIMなので、micro SIMアダプタを介しています。

この手のアダプタを介した際に、挿入型のスロットだと難儀することがありますが、MADOSMAはSIMを置いてロックするタイプなのでとっても簡単。

ここは他のスマホメーカーにも真似してほしいところですが、なんとMADOSMAでは初めから液晶保護シートが貼ってあります!これは地味に嬉しいポイント。

それでは、いよいよ電源ON!ちなみに、SIMを差さずにセットアップを進めようとすると、下のアラートが出ます。でも、進めることは可能。Microsoftアカウントを入力してセットアップできますが、ここもスキップ可能。

無事にセットアップを終えて、他のスマホと並べてみました。左からMADOSMA、Xperia Z3、iPhone 6 plusです。右に行くに従って、少しずつ大きくなります。

1. LINEやFacebookなど対応アプリはある?

世界的に普及しているアプリは一通り揃っている印象。Facebook、Twitter、LINEは公式のアプリがある。Instagramは公式ながらβ版。スマートニュースやグノシーのような日本のニュースキュレーションアプリはありません。
※致命的なのはGoogle純正のアプリがほぼ存在しないこと(後述)
ブラウザで下記のサイトからアプリを探すことができます。

2. Googleのサービスは使える?

純正のアプリがないので、サードパーティのアプリを利用するしかない。ブラウザからなら使える。この閉塞感はKindle Fireを使った時に似ている……。Gmailは純正のメールアプリから利用可。

3. Office365は使える?

もちろん使える。初期セットアップ時にMicrosoftアカウントでログインせず、後からアカウントを追加する。
メールも連絡先も同期してくれるので、余計な手間はいらない。

4. 有料アプリの支払い方法は?

クレジットカード、Microsoftギフトカード(日本では未展開?)、PayPalが選べる。

Windowsストアで購入したアプリと、WindowsPhoneストアで購入したアプリがPCでもスマホでも使える「ユニバーサルアプリ」なら課金は1回でいいようだ。

5. スマホ用のサイトは見られる?

今のところ遜色なく見れている。プログラムで意図的に除外していなければ、わりと問題なさそう。

6. キーボード・マウスは使える?

Bluetoothキーボードは使えた。

Microsoft純正のUniversal Mobile Keyboardで接続を確認した。
スイッチをWindowsに切り替えることで接続できた。
マウスは使えないが、Windows10 Mobileにアップグレードできたなら、新機能のContinuumで状況は一変しそう。

7. 外部ディスプレイに出力できる?

3つの方法で出力できそう。

  1. MHLケーブルを使って有線出力(未確認)
  2. Miracastで無線出力(未確認)
  3. USBケーブルでPCと接続

3の方法を使うには、PC側に画面出力アプリを入れておく必要がある。

こんなふうに表示される。左右が空いているので、なんだか落ち着かない。

なお、MacBook上のParallelsでも動いた。

8. 音楽や写真をMac/PCと同期できる?

公式アプリを使うとまるっと同期できる。※保護されているコンテンツを除く。
Mac版はMacAppStoreからダウンロードできる。MacAppStoreのレビューでは、動かないという報告があるみたいだけど、とりあえずYosemiteで動いた。

同期画面はiTunesと似ている。

9. どこのSIMが使える?auのSIMは使える?

docomo系のMVNOが使えるというのは事前から伝わっていて、今回BIGLOBEのSIMで問題なく使えた。
興味があったのはauのSIM。LTEのバンド1(2.1GHz)が使えるということで、LTE開始当時のiPhone5のようにエリア的に微妙ながらつかえるのでは……と音声+データ契約のSIMを挿してみた……

表示もされるし、このページを参考にしてAPN設定もしたのだけど、電波を掴んでくれない。どうやら、無理そうだ。
なお、docomoのMVNO SIMを挿すと、プロバイダを選ぶ画面が出てくるので、特に何の設定もいらない。

10. Wi-Fi運用は可能?

余裕。試しにセットアップ時からSIMなしで使ってみたところ、Wi-Fiにさえ繋がればあとは普通に動く。

結論……条件付きながら、とても快適に使える

メリット:

  • 動作速度がキビキビしている
  • メールやウェブなど、通常使用では他スマホOSと遜色がない
  • 階層が深くないので、迷いにくい(iOSに近い)
  • 縦に長いホーム画面はスマホでは楽でいい

デメリット:

  • アプリの選択肢の無さにガッカリ(特にカメラフィルタ系は壊滅的)
  • 自分でSIMを契約してセットアップする必要がある
  • 国内で使っている人が少ないので、基本的には自分で解決するスタンス

というわけで、現時点でのWindowsPhone=MADOSMAは、ライトな使い方でOK/2台目として楽しむ/Office365で仕事してる、というユーザーにはオススメな感じです。