iPhone重くない……?iPhone 14 シリーズのMagSafe軽量ケースを考える!/memumi Magnetic Caseをレビュー

  • URLをコピーしました!

年々重くなり続けるiPhoneシリーズ……

新たなiPhoneシリーズが登場するたびに、Pro/Pro Maxラインはちょっとずつ重量が増えています。特にPro Maxは、iPhone XS Max(2018年)から14 Pro Max(2022年)の4年間で、総重量の10%以上も増量しています。自分の体重が10%増えたらヤバくないですか?

(無印)ProPro Max
iPhone XR/XSシリーズ (2018)194 g ※1177 g ※2208 g ※3
iPhone 11シリーズ (2019)194 g188 g226 g
iPhone 12シリーズ (2020)162 g187 g226 g
iPhone 13シリーズ (2021)173 g203 g238 g
iPhone 14シリーズ (2022)172 g206 g240 g
※1 iPhone XRの重量/※2 iPhone XSの重量/※3 iPhone XS Maxの重量、いずれもApple公式の技術仕様に基づく

私は毎年、最大画面のPro Maxラインを購入しているので、その重さに慣れきってしまいましたが、たまにiPhone SEとか触ると「激軽っっっ!」ってイナズマ走りますからね。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

MagSafe対応の軽量iPhoneケースを探す

そうは言っても大画面の誘惑には勝てないので、宗旨替えはしないんですが、iPhoneケースはできるだけ軽いものを選ぶようにしています。毎年新モデルを買うたびに選んでいるのがmemumiの超薄型・超軽量ケースです。13 Pro Maxのときに買ったケースは、7.9gしかないですからね(下記レビュー記事参照)。

しかし、この超薄型・超軽量ケースには2つの弱点があります。1つは保護性能が最低限しかないこと。落っことしてコンクリートの地面に叩きつけられると、iPhoneに凹み・傷が生じます(実際に生じた……)。もう1つはMagSafeに対応しないことです。

前者は落とさないよう気をつければいいんですが、後者のMagSafe対応は使い勝手に左右するので、使えないのがしんどくなってきました。一応、磁力は保持するんですが弱くなってしまうので、ちょっと手が当たっただけでも落ちてしまいます。

こうなるとMagSafe対応ケースで最軽量を探し始めなければなりません。私が探した限りでMagSafe対応の最軽量ケースはPITAKAのMagEZ Case 2シリーズでした。他社のMagSafe対応の軽量ケースを圧倒的に引き離す24.6gでした。iPhone 14シリーズ向けに発売されたMagEZ Case 3は、更なる軽量化に挑戦しています。

ただ……MagEZ Caseは徹底的に肉抜きしてあるので、保護性能という点では最低限のものです(レビュー記事参照)。最終的にiPhone 13 Pro MaxのケースはCASEFINITEのTHE IMPACT PROに落ち着きました。MagSafe対応、高い質感、保護性能、バランス良く作られたケースでした。……重量は41.5gあったけどね!

というわけで、改めてiPhone 14 シリーズ向けの新たなMagSafeケースを探すことにします。基準は下記のようなものです。

  • MagSafeに対応している(絶対条件)
  • iPhone全体を覆う保護性能
  • 重量は30g前後を目指す

まず購入してみたのは……

memumi Magnetic Caseをレビュー

今年も複数のケースを購入することが予想されますが、まず購入してみたのは軽量ケースの定番memumiの保護ケースです。

今回レビューしているのはPro Max用ですが、iPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxと各機種用に用意されています。

カラーはブラック一色のみ。写真だと照明の関係で明るめに見えますが、実際にはもっと暗い色みです。

パッケージを開けると、ケースだけが入っている簡易仕様でした(例年通り)。Magnetic Caseの背面は半透明で指紋がつきにくく、フレームはTPU製でiPhone全体をぐるりと囲むように設計されています。MagSafeアダプターが見えていて、MagSafeに対応していることは一目瞭然です。

Lightninポートやスピーカー、マイク部分はくり抜かれています。四隅に切れ目はなく、保護性能が担保されています。

マナースイッチは段差が設けられていて、爪先で操作しやすくなっています。音量ボタンは溝で潜られて、触ってわかりやすいよう「+」「−」がエンボス加工されています。

スリープボタンも同様に触って分かりやすいようにケース側で加工されています。

画面側、そしてカメラレンズフレーム側は、周辺の縁が高くなって保護性能を高めています。

ケース左下には、ストラップホールもありました。重いiPhoneが不安な方はストラップを用意しましょう。

iPhone 14シリーズと同じタイミングで発表されたAirPods Pro 第2世代の充電ケースにもストラップホールが常備されたことで、ストラップ市場が再び盛り上がることが予測されます。iPhoneとAirPods Proでストラップを揃えるのも良さそうですね。

iPhone 13 Pro Maxで使用していたCASEFINITEのTHE IMPACT PRO(写真左)と比較してみます。memumi Magnetic Case(写真右)はiPhone 14 Pro Max用なので、カメラ周りが大きく開いています。

CASEFINITE THE IMPACT PROの重量は41.6gです。保護性能は抜群でしたが、まあまあ重いですね。

一方、memumi Magnetic Caseは34.6gと、ギリギリ30g台前半に収まりました。

なお、本来はiPhone 14 Pro Maxの装着イメージをお見せしたかったんですが、iPhone 14 Pro Maxを入手できていないため、レビューはここまでです……。予約開始当日に予約したんですが、早く入荷しないかな……!

↑その後、iPhone 14 Pro Maxを無事に入手できた(9/21)ので、ケースを装着していきます。

iPhone 14 Pro Maxを入手したので、装着!

iPhone 14 Pro Maxはディープパープルを入手したので、memumi Magnetic Caseを装着してみました。

いい感じの収まり具合です。

画面側は、ケースのフレームカラーが見えていますが、ブラックなので目立ちません。

カメラ周りのフレームは、しっかり高さが確保されています。

iPhone 14 Pro Maxとケースを合わせた重さは284.7gでした。

memumi Magnetic Caseのまとめ

memumi製のケースは超軽量・超薄型で実績があり、MagSafe対応ケースでもその期待を裏切らず、他社製品よりも軽量に仕上がっていました。MagSafe対応ケースとして価格的にもリーズナブルなので、最初のケースとしてとりあえず買っておくのにもいいのではないでしょうか!

memumi Magnetic Case for iPhone 14 / Plus / Pro / Pro Max
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • MagSafe対応ケースとしては軽量
  • iPhone全体を覆うケースで保護性能は抜群
  • ストラップホールあり
デメリット
  • カラーはブラックのみ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX