\ 最大10%ポイント追加! /

memumi 0.3mm超薄型 iPhone 13 Pro Max対応ケース レビュー/iPhoneを全面保護しながら、軽量・薄型を実現!

  • URLをコピーしました!
INDEX

memumi 0.3mm超薄型 iPhone 13 Pro Max対応ケースをレビュー

今年も大画面iPhoneの新作として、iPhone 13 Pro Maxが登場しました。120Hz対応のディスプレイや、マクロ対応の大型レンズなど、特徴的なスペックを備えつつ、12 Pro Maxよりも重量化しました……。実測で239.7g。ここにガラスフィルムやケースを装着すると、さらに重くなります。

iPhoneが重いということは、手や腕に微妙にダメージが蓄積されていきます。これを防ぐには薄く・軽いケースを装着する必要があるのです。

というわけで、iPhone用の超薄型・超軽量ケースの定番といえば、memumiのケースです。今回も購入してみました。

今回購入したカラーは、半透明のマットホワイトです。iPhone 13 Pro Maxがシエラブルーなので、明るめのケースカラーにしてみました。

レンズ周りは精度高めにしっかりくり抜かれています。

ポリプロピレン製のケースは、0.3mmの極限まで薄く加工されています。

その重量は、わずか7.9g。軽すぎる。

それでは、iPhone 13 Pro Maxに装着してみましょう。

memumiのケースをiPhone 13 Pro Maxに装着してみた

これまでのmemumiケース同様に、iPhone 13 Pro Maxの幅や厚さを極限まで保ちながら、しっかりと全面保護を実現しました。シエラブルーの下地があるので、半透明のケースがほんのり青く見えます。

画面側を見てみましょう。iPhone 13 Pro Maxのフレームをうすーくケースが覆っています。正面から見ると、ほとんど分からないレベルです。

メインカメラ周りもしっかりと保護されています。レンズよりもごくわずかにケースの方に高さがあり、レンズ周りも万全です。

半透明のケースということもあり、光の加減でAppleロゴがうっすら隠れたり、くっきり見えたりします。美しい見栄えです。

機能面でも抜かりはありません。Lightningポート周りは大きめに空いています。

ボリュームボタンやマナースイッチは正確に切り抜かれています。

なお、MagSafe周辺機器は使えます。BelkinやAnkerの吸着するスタンドでも落ちることはありませんでした。ただし、外れやすくなりますので、不意に手が当たらないように注意しましょう。

まとめ

ここ数年、大画面iPhoneと合わせるケースとして、超薄型・超軽量のケースがクローズアップされがちですが、その中でもmemumiのケースは定番と言えます。

今回は、SwitchEasyからも同様のコンセプトの製品が登場したので、合わせてレビューしてみました。

どちらも同じような製品に見えますが、細かいところでメーカーの思想の違いがあります。ぜひ比較検討してみてください。

保護機能としては最低限の備えにはなりますが、iPhone 13 Pro Maxをスマートに持ち歩くなら、これ以上ないケースと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる