iPhoneを一瞬で三脚にマウントする!JOBY JB01752-BWW レビュー/MagSafeで吸着するグリップタイトマウント

  • URLをコピーしました!

iPhoneを三脚に取り付けるには……?

カメラ性能が上がりすぎて、コンパクトデジカメ市場を衰退させてしまったiPhone。他社スマートフォンも巻き込んで、単眼から複眼になり、AIが導入され、暗所撮影も得意になり、スマートフォンのカメラ性能はまだまだ進化しそうです。

もはやカメラ=スマートフォンといっても過言ではない現代ですが、そんなスマートなカメラにも、まだ搭載されていない機能が有ります。それは三脚に取り付けられないこと……。iPhoneをはじめ、スマートフォンを三脚に取り付けるには、万力のように挟み込むのが一般的。

最近購入したマルチスタンドも同様の形式でした。

しかし、そんな現状に風穴を開けようしているのがiPhoneです。そう、あの機構を使えば……

INDEX

iPhoneをMagSafeでマウントする、JOBYのスマートフォン用アダプター

今回購入したのが、JOBYのスマートフォン用アダプター「JB01752-BWW」です。

さっそくレビューしていきましょう。こちらがパッケージ。正式には「GripTight Mount for MagSafe」というそうです。

内容物は、グリップタイトマウントとマニュアルのみです。

グリップタイトマウントの三脚穴は3方向に付いています。ゴリラポッドのアームを付けることが想定されていますが、横向きに三脚を取り付けることもできます。後でやってみますね。

グリップタイトマウントは、よくあるスマートフォン用のマウントと同じで、両方向から挟み込むようになっています。

こうやって、スマートフォンを挟み込みます。強い力で締めるので、落下するようなことはまずあり得ません。

では、MagSafeを使う場合にはどうすればいいのか?このクランプを回転させてしまうのです。

すると、このマウント部分がフラットになります。中央の円盤がMagSafeの受けになるので、ここにiPhoneを吸着させるだけ。

クランプが回転する機構は珍しくなく、以前に購入したマンフロットのマウントでも、同様のことができました。

このままiPhoneを近づけると、MagSafeの磁力でピタッと吸着します。素晴らしい!!!

……が、ちょっと様子がおかしい。よーく見てみると、グリップタイトマウントの一部がケースの縁に干渉しています。

このグリップタイトマウントが開発されていた時期はiPhone 12シリーズだったので、レンズが飛び出たiPhone 13では、ちょっと干渉してしまうようです。

じゃあ、使えないのか?というとそんなこともなく。MagSafeで吸着はできているので、このまま使い続けてもよし、ちゃんと使いたいなら、このマウントを90度回転させます。

この状態なら、ケースに干渉することもなく使えます。

干渉する出っ張りはないので、ピッタリくっついています。

マウントは360度回転するので、iPhoneを吸着させた状態で角度を変えることもできます。

それでは、ここでミニ三脚にグリップタイトマウントを取り付けましょう。

使うのは、おなじみマンフロットのミニ三脚「PIXI Smart」です。このミニ三脚、汎用性高すぎなので、まだ持っていないのであれば、一つどうぞ。私は2つ買いました。

グリップタイトマウントを取り付けた状態で直立させました。どことなく太陽の塔みがありますね。

MagSafeでマウントさせるので、取り付けは一瞬です。取り外しも一瞬です。あの強力なクランプの挟み込みとはおさらばです。

先ほども書いた通り、グリップタイトマウントには3方向に三脚穴があるので、横向きに設置することもできます。

iPhoneはこのように設置されます。低くしたい場合にはこの設置方法がいいですね。

ただ、今回の撮影で使ったのが大型のiPhone 13 Pro Maxということもあり、重量バランスが微妙ではありました。お使いの際には、倒れない位置調整を行なってください。

まとめ

MagSafe便利すぎますね。iPhoneで三脚を使う機会があるなら、ぜひこのJOBYのグリップタイトマウントをオススメします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる