\ 最大10%ポイント追加! /

SwitchEasy 0.35 Ultra Slim Case For iPhone 13 Series レビュー/薄くて軽いケースでも、レンズ保護もバッチリ!

  • URLをコピーしました!
INDEX

SwitchEasy 0.35 Ultra Slim Caseをレビュー

iPhone 13 Pro Maxの画面の大きさはとても魅力的なんですが、そのぶん、やや重く、やや厚くなっています。ケースを付けるなら、できるだけ薄く軽い製品を選びたいところです。

今回は、SwitchEasyの超薄型・超軽量ケースである「0.35 Ultra Slim Case」を紹介していきます。

トランスパレントホワイトとトランスパレントブラックの2カラーがあります。今回は、シエラブルーのiPhone 13 Pro Maxに取り付けるので、トランスパレントホワイトを購入しました。iPhone 13用、13 Pro用、13 mini用がそれぞれ用意されています。

パッケージの右上には「2021 NEW iPhone 6.7″」のシールが貼ってあります。この製品の製造時には、まだ製品名が明らかになっていなかったわけですね。製品ローンチ時の周辺機器あるあるです。

その下には「ABOUT 7g」のシールが貼ってあります。軽さには相当の自信があるというわけですね。

左下には「0.35」の表示があります。0.35mmの薄さもしっかりアピールしています。

中に入っていたのは、ポリプロピレン製のiPhoneケースです。トランスパレントホワイトということですが、見た感じはホワイトというよりも透明という方が近い感じです。

パッケージには7gと書いてあったんですが、私の手元のスケールでは8.5gでした。何か違ったんだろうか……。

それでは、早速iPhone 13 Pro Maxに装着してみましょう。

iPhone 13 Pro Maxに装着してみた

薄くて軽いケースが最高なのは、持った感じがほぼ本体のサイズ感と変わらないところです。画面側から見ても分かるように、エッジ部分にケースが薄く見えるだけです。

裏返してみましょう。トランスパレントと名乗るだけあって、背面のAppleロゴがしっかりと透けています。

左側面を見てみましょう。マナースイッチ部分は切り抜かれて、ボリュームボタンはカバーされています。

右側面のスリープボタンもカバーで覆われています。

このスリープボタンもボリュームボタンも、押し出し加工ではなく、別加工のパーツがはめこまれています。このため、ボタンを押した際のクリック感があり、非常に気持ちいい押し心地になっています。薄く軽くしたいというだけでなく、しっかり使い勝手のことまで考えられているんですね。

底面のLightningポートは広めにくり抜かれているので、大きめのコネクタでもしっかり挿さるようになっています。

そして、iPhone 13シリーズになって大型化したリアカメラです。レンズそのものが大きくなり、出っ張っているため、存在感があります。

この出っ張ったレンズを保護するように、ケース側のエッジが高くなっています。そのままテーブルに置いたとしても、直接レンズが触れないようになっていました。僅かな段差ですが、レンズを保護してくれています。

また、このケースを付けたままMagSafeスタンドも使うことができます。ただし、やや磁力が弱くなるのか、強めに手が当たると衝撃で落ちやすいです。ご利用の際には注意してください。ちなみに、付けておくだけなら、一晩中くっついていました。

まとめ

薄くて軽いケースとして、定番のmemumiの製品も購入しましたが、似ているようで設計思想が違っており、興味深かったです。SwitchEasy製品もmemumi製品も、どちらもオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる