Spigen EZ Fit ガラスフィルム iPad Pro 12.9 レビュー/大画面でも確実に貼り付けられるキット付き!

  • URLをコピーしました!

iPadの液晶保護フィルムの貼り付け難しいけど……

スマホにしてもタブレットにしても、購入して一番最初に行うのが画面保護フィルムの貼り付け、という方も多いのではないでしょうか。しかし、大きな画面にズレなくフィルムを貼り付けるのは至難の業です。100%正確に貼り付けられるスキルがあれば、こんな悩みを抱えることもないんですが……

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

SpigenのEZ FITシリーズに、iPad Pro用があった

ここ数年、iPhone用の保護フィルム貼り付けに重宝しているのがSpigenのEZ FITシリーズです。どんなに不器用でも、ほぼ間違いなく貼り付けられるキットが付属しており、貼り付けのストレスは皆無になりました。

調べてみると、iPad Pro用のEZ FIT製品も販売されていたようでした。

2021年の第5世代iPad Proを購入したタイミングで、こちらの製品を購入してみました。ちなみに、前回はESRのガイドフレーム付き画面保護フィルムを使いました。これはこれで貼り付けやすかったんですが……

Spigen EZ Fit ガラスフィルム iPad Pro 12.9をレビュー

こちらが、SpigenのEZ FITガラスフィルムのパッケージです。

iPhone 12 Pro Maxと比較してみると、このパッケージの大きさが分かってもらえるのではないでしょうか。Amazonの梱包もそれなりに大きくて、郵便ポストではなく手渡しでした。

貼り付けキットとクリーニングキットが1セットずつ、貼り付けマニュアルと、画面保護フィルムが1枚入っています。

こちらが貼り付けキット。iPad Proよりも一回り大きいサイズです。

この貼り付けキットには、上下の区別があります。上側はカメラ形状に合わせて加工されています。

下側には、小さくUSB-Cコネクターのアイコンが見えます。

まずは、iPad Proをこの貼り付けキットに乗せましょう。iPad Pro専用品なので、ピッタリはまります。

同梱されているクリーニングキットで、iPad Proの画面を掃除しましょう。

クリーニングワイプでiPad Proの画面を拭きます。

画面上に付着した微細なホコリは、ダストリムーバルシールで丁寧に取りましょう。

それではいよいよ貼り付けです。保護フィルムの剥離シートを剥がして、貼り付けキットの上に置きます。フィルムには手を触れず、上下の凸部を持って置きましょう。

上側は白い円のアイコンが目印です。

下側はカプセル状のアイコンが目印です。

フィルムを置いたら、ガイドフィルムの指示に従って、画面上を押して指でスライドします。30秒ほどスライドを繰り返します。

※気泡が大量に見えていますが、これは、ガイドフィルムと保護フィルムの間の気泡です。iPad Proの画面側の気泡ではないので安心してください。

最後に、ガイドフィルムを持ち上げて剥がします。

iPad Proの画面に気泡が残っていた場合は、付属のゴムヘラで外に押し出してください。これで終了です。

エッジから少し余裕を持った形でスペースが空いていますが、これはケースに配慮したのでしょう。

iPad Proのカメラ周りは、フィルムが回り込むように加工されています。

これで貼り付け完了です。大画面のiPad Proにもズレなく正確に貼り付けを行うことができました。

まとめ

iPadのような大画面に保護フィルムを貼ると、最初のちょっとしたズレが、大きなズレを生むことがありました。しかし、この貼り付けキットを使えば、ほぼ正確に画面に貼り付けられるようになります。貼り付け作業が苦手だという方にぜひ使ってもらいたい便利なアイテムです。

↓こちらはiPad Pro 11インチ/iPad Air 10.9インチ用です。iPad Pro 11インチの第1世代(2018年モデル)、第2世代(2020年モデル)、第3世代(2021年モデル)、iPad Air 4(2020年モデル)で利用できます。

↓こちらはiPad Pro 12.9インチ用です。2018年モデル(第3世代)、2020年モデル(第4世代)、2021年モデル(第5世代)で利用できます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX