Keychron

Keychron K3/キースイッチ交換可!Mac・iPadに完全対応した貴重なロープロファイルメカニカルキーボード!

Keychronから、K1以来のロープロファイルキーボード登場!

Keychronの新製品といえば、Kickstarterからスタートするのが定番。今回は、なんとK1以来のロープロファイルキーボードです。しかも、最近の定番であるキースイッチ交換可能なHot-swappableモデルも用意されました。そう、またもや購入してしまいました。

Keychron K3 -Ultra-slim Compact Wireless Mechanical Keyboard by Keychron — Kickstarter

本家Keychronサイトでは、すでに販売が開始されています。しかも、もうVersion 2になっているのです……。えっ……早くない?(私の手元に届いたのはVersion 1)

Keychron K3 Wireless Mechanical Keyboard. Compact 75% Layout. Ultra-slim. Wireless Bluetooth 5.1 or Wired type-C mode. Users can hot swap every switch in seconds with the Optical switch hot-swappable version. Works with Mac, Windows, iOS, Android, Linux. Low profile Optical or Gateron Switches. Connect up to 3 devices.

Keychron K3 Ultra-slim Wireless Mechanical Keyboard (Version 2)

※10%OFFのクーポンリンクはこの記事の最後に掲載しています。

Keychron K3 キーボードをレビュー

ロープロファイル、かつ、コンパクトな幅の75%キーボードということもあって、Keychron製キーボードとしては、おそらく最小のパッケージサイズではないでしょうか。

「A Sleek, Compact LowProfile Wireless Mechanical Keyboard(=なめらかな、コンパクトな薄型ワイヤレスメカニカルキーボード)」と書いてあります。期待感が高まりますね。

内容物は、いつものKeychronセットということで、K3本体、交換用キースイッチ、キースイッチ引き抜き工具、キープラー(キーキャップ取り外し工具)、USBケーブル、マニュアル、となっています。

Keychron K3はロープロファイルのキーボードなので、いつものKeychronキーボードと比べて薄く、軽くなっています。

ロープロファイルなキースイッチが採用されているので、スイッチもキーキャップも高さが抑えられています。

従来のKeychronキーボードでは左側面にあったUSB-Cポートや各種切り替えスイッチは、背面に配置されました。

電源スイッチは、Bluetooth→OFF→Cable(有線)の3段階になっています。キー配列は、Windows/Androidと、Mac/iOSで分かれています。こちらもいつも通りです。

充電用のUSB-Cポートには「5V 1A」の表記があります。一般的な充電器やMac/PCのUSBポートでまかなえる電力なので、問題ありません。

電源スイッチを「Cable」に合わせて、USBケーブルでMac/PCに繋げば、有線キーボードとして使える上、そのまま充電もできます。バッテリーが切れても、有線で接続しつつ充電できるので、作業を止めることなく使えます。

底面はシンプル。四隅に滑り止めがあります。

少し高さのある滑り止めです。

Keychron公式サイトで発売中のK3は、すでにVersion 2になっています。何が変わったのかというと、2段階調整可能なスタンドが付いたそうです……。マジかよ……。

重さは実測で392.4g。約400gというところでしょう。

数値だけ見ると、軽そうに見えないかもしれません。しかし、小型のポータブルキーボードでもだいたい200〜300gですから、ワイヤレスのメカニカルキーボードとして考えると超軽量です。

Keychron K6キーボードと比べてみる

Keychronのキーボードの中でも私のお気に入りは、65%レイアウトのK6(写真下)です。K3とK6を比べてみると、K3の方が縦に長く、K6が横に長くなっています。どちらも持ち運びという点では苦にならないサイズ感と言えます。

K6のレビュー記事は下記からどうぞ。

Keychron K6 レビュー/4列構成の65%レイアウトキーボード!コンパクト、ワイヤレス、メカニカルと充実のスペック!Keychronが密かに人気のようです ありがたいことに、Keychron関連のレビュー記事のアクセスが右肩上がりで、最近では毎日のよ...

K6はコンパクトサイズのメカニカルキーボードとしては非常に使いやすい製品なので、K3とK6で使うシーンに悩みそうです。

ロープロファイルなK1とK3を比較してみる

K3が登場するまで、Keychron製品の中で唯一のロープロファイルキーボードだったK1(写真下)と比較してみましょう。軽量なK3と比較して、K1はベースが金属になっているので、重量感があります。そのぶん、キータッチに安定感が出るものの、持ち運びには不向きです。

K1のレビュー記事はこちらです。日本でも正式に発売されましたが、ここでは本家で購入した製品を紹介しています。

Keychron K1 ワイヤレスメカニカルキーボード Version 4 レビュー/Mac用キーボードが着実に進化!初代Keychronキーボードが着々と進化していたので、再購入してみた Kickstarter経由で入手したKeychronのロープロ...

Keychron K1キーボード(写真左)はGateronのロープロファイル一択ですが、K3キーボード(写真右)はGateron製とKeychron製のスイッチが選べます。Keychron製のスイッチならHot-swappable対応です。

同じロープロファイルの茶軸でも、K1はしっかりした押下感があります。Gateronの茶軸に慣れているるせいか、Keychronの茶軸は少し軽すぎる感じがあります。

iPadとの相性がいいメカニカルキーボード

Keychron製品はWindowsでもMacでもiOSでもAndroidでも使えるマルチOS仕様ですが、K3を使っていて相性がよかったのはiPadです。

iPadで外付けキーボードを使おうとすると、iPad自体をスタンドで立てる必要があります。しかし、メカニカルキーボードは高さがあるため、iPadの画面が見にくくなってしまいます。その点、K3であれば高さも抑えられ、iPadでメカニカルキーボードを使う際にいい選択肢になりました。

もちろん、iPad自体を持ち上げてしまえば、キーボードの高さを気にする必要はありません。MOFT Floatのように、スタンド一体型ケースであれば、どのキーボードでも合うでしょう。

MOFT Floatのレビュー記事はこちらから。

MOFT Float レビュー/iPadを持ち上げる折りたたみスタンドはまるでミニiMac!外付けキーボードとの相性抜群!MOFTのアイデアには毎回驚かされるのよ…… この記事をご覧になっているみなさんはMOFTについて多少なりともご存知のことでしょう。最...

Hot-swappableモデルなら、キースイッチが交換可能!

今回購入したのは、キースイッチの交換が可能なHot-swappableモデルです。付属のツールを使って、取り外しが可能です。

Kickstarterで出資する際に、合わせてキースイッチも一緒に買うことができました。送料分が値引きされたので普通に買うよりもお得です。

今回購入したのはKeychron製のロープロファイル光学式スイッチのオレンジ軸。ちょっとクリック感が強めですが、意外と軽く打鍵できます。赤軸に近い印象を受けました。

それからホワイト軸です。これまでに触った軸の中では最も軽く感じました。ただ、逆に軽すぎて、手が疲れてしまい、茶軸に戻しました。

Hot-swappableオプションの魅力はこうしてキースイッチを交換できる点にあります。一般的なメカニカルキーボードは、軸を選んでしまうと交換できませんが、Keychron製キーボードは気分に合わせて交換することができます。

Keychron K3を使い続けて気になった点

これまでのKeychron製品同様にK3も気に入っているんですが、使い続けて一つだけ気になったのは、バッテリーのもちの悪さです。K2やK6と比べると、バッテリー切れになる頻度が高いです。

よくよく確認してみると、バッテリーは1,550mAhしかありません。K2やK6では4,000mAhあり、同じロープロファイルのK1でも2,000mAhです。ロープロファイルで小型・軽量という特性上、仕方がないかもしれません。気に留めておいてください。

まとめ

ロープロファイルともなると文字通り低くなるので、コンパクトさは段違いです。K6をカバンに入れると、ちょっと厚みが気になりますが、K3はノートPCの厚みくらいしかないので、手軽に放り込めます。

これまでK6を気に入って使っていましたが、どちらをメインにするかしばらく悩みそうです。

K3はKeychorn公式サイトから購入できます。日本へも発送してくれます。送料がそこそこかかるので、交換用のキーキャップも一緒に購入するのがオススメです。

Keychron K3 Wireless Mechanical Keyboard. Compact 75% Layout. Ultra-slim. Wireless Bluetooth 5.1 or Wired type-C mode. Users can hot swap every switch in seconds with the Optical switch hot-swappable version. Works with Mac, Windows, iOS, Android, Linux. Low profile Optical or Gateron Switches. Connect up to 3 devices.

Keychron K3 Ultra-slim Wireless Mechanical Keyboard (Version 2)

下記のリンクから10%OFFのクーポンコードをゲットできますので、よかったら使ってください!

http://keychron.refr.cc/makkyon

Keychronの次のロープロファイルキーボードはK7になりました。こちらもKeychron公式サイトでオーダー受付中です。

This is a pre-order product, we plan to start shipping by the end of September.Keychron K7 Wireless mechanical keyboard has included keycaps for both Windows and macOS, and users can hotswap every switch in seconds with the hot-swappable version.

Keychron K7 Ultra-slim Wireless Mechanical Keyboard

他のKeychronキーボードもレビューしています。下記のリンクからどうぞ。
Keychron製品のレビュー記事一覧

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
Keychron K3 Ultra-slim Wireless Mechanical Keyboard Low Profile Keychron Optical (Hot-swappable)
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ヘッドセットのまとめ記事


テレワークでのWeb会議やビデオチャットに便利なヘッドセットについてまとめています。

  • ヘッドセットの接続方法はたったの「5種類」
  • 無線・有線、どっちがいい?
  • ゲーミングヘッドセットはどうか?
  • スマホ用のイヤホンで代用しては?
  • 骨伝導ヘッドセットが快適!
  • スピーカーフォンありかも?

テレワークを始める際の参考にしてもらえれば幸いです。
テレワーク用ヘッドセットのまとめ

本日5のつく日!PayPay残高かヤフーカードなら【5%】戻ってくる!Yahoo!ショッピング
+