CREATIVE

Creative Sound Blaster PLAY! 4 レビュー/ヘッドセットを高音質化!手元のミュートボタンが便利!

テレワーク用のヘッドセットを高音質化する

ここ1年ほど仕事がテレワークに移行したので、Web会議で使用するヘッドセット・マイクを重点的にレビューしていました。

先日アシダ音響の有線ヘッドセット「MT-669CT」を入手して、現在使っています。アシダ音響はもともと業務用の製品を作っているメーカーということもあって、このヘッドセットの出来がとても良いのです。

アシダ音響 ヘッドセット MT-669CT レビュー/Web会議で抜群に活躍してくれる安価・軽量な有線ヘッドセット!アシダ音響の製品が気になり始めた 先日レビューした、アシダ音響の有線ヘッドホン「ST-90-05」。そのレトロでシンプルな見た目からは...
このMT-669CTをさらに高音質化・機能追加を行うために、USB DACを導入してみることにしました。

USB-Cに対応したSound Blaster PLAY!最新版

今回レビューするのはSound Blaster PLAY! 4です。Sound Blaster PLAY!シリーズは前作まで USB-Aでしたが、このPLAY! 4からUSB-Cに仕様変更されました。

このSound Blaster PLAY! 4を使うことでテレワーク用のヘッドセットを高音質化したいと考えています。

Creative Sound Blaster PLAY! 4レビュー

こちらがクリエイティブSound Blaster PLAY! 4のパッケージです。ビックカメラで購入して帰ったんですけど、カバンの中でかさばらないコンパクトさ。ブルーのラインが綺麗です。

こちらが付属品です。クイックスタートガイド、Sound Blaster PLAY! 4本体、USB-C to USB-Aアダプターが付属しています。

こちらがSound Blaster PLAY! 4本体です。よくあるUSBダックの大きさですね。

Sound Blaster PLAY! 4本体にある2つのボタンは、上がマイクミュート切り替えボタン、下がバスブースト・ダイナミックEQボタンです。

MacBook AirのUSB-Cポートに接続します。

システム環境設定を見ると、サウンドの入出力ともにUSBで認識されています。

今回Sound Blaster PLAY! 4と一緒に使うのが、アシダ音響のヘッドセットMT-669CTです。

アシダ音響 ヘッドセット MT-669CT レビュー/Web会議で抜群に活躍してくれる安価・軽量な有線ヘッドセット!アシダ音響の製品が気になり始めた 先日レビューした、アシダ音響の有線ヘッドホン「ST-90-05」。そのレトロでシンプルな見た目からは...
MT-669CTのプラグは、CTIA規格対応の4極です。

なお、Sound Blaster PLAY! 4にはOMTPなどの4極プラグ仕様に準拠するヘッドセット/ヘッドホンは接続しないよう、注意書きがあります。

プラグを挿す際、軽く挿すと途中で止まってしまうので、グッと挿しこんでください。

MT-669CT自体の出来が良いので、音質そのものは少し上がったかな?という程度ですが、ノイズが減ったことが実感できます。アナログのざらっとしたノイズ感がなくなって、クリアな音場になります。

ヘッドセットとSound Blaster PLAY! 4を組み合わせて使う利点として、音質向上のほか、ミュートボタンが使える機能追加が挙げられます。

TeamsやZoomで会話中にミュートボタンを押すと、LEDが赤く点灯してミュート状態であることを示します(アプリ上でもミュートが有効になります)。

Web会議中にミュートしたり解除したりするのって、アプリ上で操作しないといけないので、慌てることがあるんですよね。ボタン一つでオン・オフするのって思った以上に便利です。

もう一つのボタンは、バスブースト・ダイナミックEQボタンで、押すごとにバスブースト(LEDが青点灯)→ダイナミック(LEDが白点灯)→オフ(消灯)と切り替わります。
プリセットされたモードになるんですが、モード名の通り低音が強調されたりするので、音楽を聴いたりゲームをしたりする際には使ってみると良いです。

あと、このボタンを2秒以上長押しすると、2つのモードが切り替わります。

モード1(LEDが青く5回点滅)はPC/Mac/PS4/Nintendo Switchに最適化したモード。モード2(LEDが白く5回点滅)はPC/Macに最適化したモードです。

USB-Cなので、iPad ProでもChromebookでも

Sound Blaster PLAY! 4はUSB-Cなので、他の機器でも使えます。まずはiPad Pro。問題なく使えます。

それから、Chromebook。IdeaPad Duetにはイヤホンジャックがないので、Bluetoothで繋ぐか、USB-C経由で繋ぐしかありません。こちらも問題なく使えました。

Sound Blaster PLAY! 4からUSB-Cに対応してくれたことで、より汎用的に使えるようになりました。

ハイレゾ音楽の再生にも使えるパワフルなUSB DAC

今回はヘッドセットでの利用をメインに考えていましたが、Sound Blaster PLAY! 4は最大24bit/192kHzのハイレゾ再生にも対応しています。

そこで、アシダ音響の音楽用ヘッドホンST-90-05接続して、Amazon Music HDやYouTubeを聴ききました。

アシダ音響の音楽用ヘッドホンST-90-05はレトロ・シンプルなデザインで良い音を出すので、有線ヘッドホンを探している方はぜひ検討してみてください。

アシダ音響 音楽用ヘッドホン ST-90-05 レビュー/レトロ、シンプル、だがそれがいい!質実剛健でリーズナブルなヘッドホン!たまには有線で音楽を聴きたくなる 最近は完全ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンばかり使っているんですが、たまに有線イヤホンを使う...
率直に言って、Sound Blaster PLAY! 4とST-90-05の組み合わせは素晴らしいです。音圧、音の分離感、解像感、いずれもこの価格では考えられないレベルの音質です。

この組み合わせで、THE FIRST TAKEの「群青(YOASOBI)」を聴いてみました。


収録の緊張感と、バンドの迫力と、楽曲の疾走感で最高に感動したので、ぜひ聴いてみてほしいです。

Windowsだけで使える「VoiceDetect機能」

Sound Blaster PLAY! 4は、iPad ProやChromebookで使えたように幅広い機器で利用できます。ただ、Creativeアプリに関してはWindowsのみとなっています。

Creativeアプリで使えるスマート コミュニケーション キットには、VoiceDetect機能が含まれています。

このVoiceDetect機能は、自分の声を検知してマイクをオン・オフしてくれる機能です。とても便利な機能なんですが、Windowsのみとなりますので、ご注意ください。

まとめ

当初は、ヘッドセットのMT-669CTのために購入したSound Blaster PLAY! 4でしたが、音楽用としてST-90-05との組み合わせが予想以上に良かったので、とてもお得でした。

Sound Blaster PLAY! 4は、実売3,000円台で販売されています。(2021年2月末現在)

ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ヘッドセットのまとめ記事


テレワークでのWeb会議やビデオチャットに便利なヘッドセットについてまとめています。

  • ヘッドセットの接続方法はたったの「5種類」
  • 無線・有線、どっちがいい?
  • ゲーミングヘッドセットはどうか?
  • スマホ用のイヤホンで代用しては?
  • 骨伝導ヘッドセットが快適!
  • スピーカーフォンありかも?

テレワークを始める際の参考にしてもらえれば幸いです。
テレワーク用ヘッドセットのまとめ

本日5のつく日!PayPay残高かヤフーカードなら【5%】戻ってくる!Yahoo!ショッピング
+