Apple Watch

MACO GO レビュー/超軽量10g!USB-C直挿しのApple Watch用充電ドック!MacBook用の配慮も?

Apple Watchの充電器問題……

2020年9月に登場した第6世代のApple Watch。シリーズ2以来のApple Watch購入で、とても満足しています。

Apple Watch Edition (Series 6) + ソロループバンド レビュー/au回線でナンバーシェアに申し込んでみた……スマートウォッチ探しの旅の終着点は、やっぱりApple Watch? Apple Watchはシリーズ1と2を使っていました。ただ、当...
しかし、それ以前に使用していたスマートウォッチが電子ペーパーを使用した超低消費電力の製品だった(3週間以上もつ!)ので、毎日充電が必要なApple Watchに苦労しています。

FOSSIL COLLIDER HYBRID SMARTWATCH HR レビュー/電子ペーパー搭載の超低消費電力スマートウォッチ!スマートリストバンドの欠点……? ここ1年ほど、Huawei Band 3 ProやXiaomi Band 4といったスマホ連動のスマ...
まず、そもそもケーブルが邪魔。そして旅行に持ち運びたくないのです。この悩みを解消してくれる唯一の製品は、SatechiのApple Watch充電ドックなのですが、品切れが相次いでおり、メルカリなどでも価格が高騰しています。

Amazonに並ぶ製品は、評価の低い製品ばかり、しかもUSB-Aだったりします。どうしたものかと悩んでいたのですが……

クラウドファンディングで入手した充電器「MACO GO」

クラウドファンディングサイトmachi-ya(CAMPFIRE)で見かけたのが、「MACO GO」というApple Watch用のUSB-C充電器。これは要望を満たす製品なのでは……?と出資してみました。

MACO GOは2020年12月からAmazon等で一般販売が開始されました。

それでは、MACO GOをレビューしていきましょう。

MACO GOをレビュー

MACO GOは、オーストラリア・メルボルンのデザインメーカー Three1Design(公式Twitter)による製品。パッケージには「The smallest on-the-go Apple Watch charger」の記載があります。

パッケージは薄くてコンパクト。中身が入っていないと感じるくらいの軽さです。Apple Watch互換性の表記には「Series 1/2/3/4/5」とあり、Series 6やSEの記載がありませんが、問題なく使えます。

中身は、ユーザーマニュアルとMACO GO本体のみ。

シンプルな製品なので、ユーザーマニュアルは読んでも読まなくてもどちらでも。

MACO GOはたったの10g……軽すぎる

MACO GOにはUSB-Cコネクタが備えられています。ただ、このコネクタの位置、端に寄っていて、Satechi製品のように中央じゃないのが気になりますよね。その理由は後ほど。

さて、超小型なMACO GOですが、重さも超軽量級。なんと、10.5gしかありません。

なお、MACO GO本体にはApple Watch吸着用のマグネットが含まれているので、金属の近くに持っていくとくっついちゃいます。収納の際にはご注意ください。

MACO GOは、MacBook Air/ProのUSB-Cポートを邪魔しない

さて、MACO GOをMacBook Proに取り付けてみましょう。お気づきでしょうか、片側2ポートしかないUSB-Cですが、MACO GOを取り付けてもちゃんとアクセスできるようになっています。コネクタが片側に寄っている理由はこれでした。便利!

Apple Watchを載せて、充電状態になるのが確認できました。

Apple Watchの通常のバンドなら寝かせるだけなんですが、ソロループバンドの場合は、広げることができません。とはいえ、ソロループバンドの素材が柔らかいので、ループ状のまま充電が可能です。
USB-Cを搭載したMacBook Air/Proで使えるのはもちろんのこと、アレでも使えるようになっています。

MACO GOはiPad Proでも使用できる

USB-C搭載のAppleデバイスといえば、iPad Pro(最新のiPad Airもですね)。USB-Cコネクタに挿すことでApple Watchの充電が可能です。

ちなみに、iPad ProにMagic Keyboardを取り付けた状態だと、マグネットで吸着するものの、Apple Watchは斜めに傾いちゃいます(充電に影響はありません)。

iPad Proは大容量のバッテリーを搭載しているので、Apple Watch程度であれば余裕ですね。

MACO GOは、モバイルバッテリーと相性抜群!

そして、MACO GOはMacBookやiPadだけでなく、モバイルバッテリーでも利用できます。

USB PD出力に対応した、ACプラグ付きのモバイルバッテリーAnker PowerCore III Fusion 5000で使用しています。

Anker PowerCore III Fusion 5000は自立するので、Apple Watchを取り付けたままの充電も可能です。(ただ、微妙に不安定なので、壁に寄せたり、つっかえがあるといいです)

もちろん、何の問題もなく充電が始まります。

Anker PowerCore III Fusion 5000はACプラグの付いたモバイルバッテリーなので、コンセントに挿したままApple Watchが充電できます。この形状が最も安定してましたね。

しかし、なんでもいいというわけではなく、例えばCogerのモバイルバッテリーでは、ACプラグの位置がAnker PowerCore III Fusion 5000と異なり、コンセントに挿した状態では安定感に欠けました。

MACO GOをモバイルバッテリーで使用するつもりであれば、利用シーンを想定しておくと良いでしょう。

まとめ

MACO GO到着後、Go To トラベルキャンペーンを使って旅行してきたんですが、ケーブルがごちゃつかずとても便利でした。小型軽量で、使い勝手も良く、旅行には欠かせないアイテムです。Apple Watchの充電ケーブルが煩わしい方にはオススメです!

Amazonでは、USB-Aに変換するアダプターとのセット販売も行われています。単体同士で買うよりお得です。

USB-Aアダプターは単体でも販売されています。

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
MACO GO
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ヘッドセットのまとめ記事


テレワークでのWeb会議やビデオチャットに便利なヘッドセットについてまとめています。

  • ヘッドセットの接続方法はたったの「5種類」
  • 無線・有線、どっちがいい?
  • ゲーミングヘッドセットはどうか?
  • スマホ用のイヤホンで代用しては?
  • 骨伝導ヘッドセットが快適!
  • スピーカーフォンありかも?

テレワークを始める際の参考にしてもらえれば幸いです。
テレワーク用ヘッドセットのまとめ