Anker

Anker PowerCore III Fusion 5000 レビュー/ACプラグ付きのモバイルバッテリーが最大18W対応!

USB PD対応、最大出力18Wになったプラグ付きモバイルバッテリー

以前にレビューしたACプラグ付きのモバイルバッテリーAnker PowerCore Fusion。モバイルバッテリーを直接コンセントに挿して充電することができます。余計なケーブルや充電器を持ち運ばなくていいので、利便性に優れています。このコンセプトが市場でも大きく評価され、大ヒットモデルとなりました。

ACプラグとモバイルバッテリーが合体!出張や旅行で大活躍のAnker PowerCore Fusion 5000をレビュー!モバイルバッテリーに+αで欲しいもの 先日出張に行ったときに困ったことがありまして、東京に戻ってからこの製品がリリースされたことが分か...
そして、そのPowerCore FusionがUSB PDに対応、最大出力18Wになって「PowerCore III Fusion 5000」として新登場しました。

今回、PowerCore III Fusion 5000のホワイトを購入してみました。

Anker PowerCore III Fusion 5000をレビュー

こちらがパッケージ。ちょっと細長いようです。

内容物は、PowerCore III Fusion 5000本体以外に、キャリングポーチとユーザーマニュアルです。

ACプラグは持ち運びに便利な、折りたたみ式のACプラグを内蔵しています。

こうして見ると、USB充電器のようにしか見えませんが、れっきとしたモバイルバッテリーなのです。

ACプラグの反対側には、残量インジケーターを兼ねた給電ボタン、PowerIQ 3.0(接続された機器に最適な電力を提供する)に対応したUSB-Cポート、PowerIQに対応したUSB-Aポートとなっています。

重量はそれなりに重くて、181.0g。スマホ1台分くらいですね。

高さがあるので、このまま立ててApple Watchの充電もできます。ソロループバンドのApple Watchの充電ってちょっと面倒なんで、この方法が便利です。(ややバランスが悪いので、平坦な場所に置きましょう)

PowerCore III Fusion 5000は、コンセントに挿せばバッテリーを充電しつつ、USBポートからも電力を供給するパススルーに対応しています。旅行中の充電はこれができて一石二鳥なんですよね。

ここで使用しているApple Watch用の充電アダプターは「MACO GO」という製品です。コンパクトで使いやすい。

MACO GO レビュー/超軽量10g!USB-C直挿しのApple Watch用充電ドック!MacBook用の配慮も?Apple Watchの充電器問題…… 2020年9月に登場した第6世代のApple Watch。シリーズ2以来のApple Watc...

 

容量が倍増したAnker PowerCore Fusion 10000登場!

PowerCore Fusion 5000が好調だったようで、容量を約2倍に、そしてUSB PDの出力を最大20Wまで高めたPowerCore Fusion 10000が登場しました。容量重視であればこちらでしょう。(ただし、大きくて重くなっているので、壁づけされる方はご注意ください。)

まとめ

USB PDで最大18W出力に対応したことで、iPhoneやiPadに急速充電できるようになりましたし、緊急時にMacBook Airへ給電する際の心もとなさも軽減されました。とりあえず1台持っておくと安心なモバイルバッテリーですね。

ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ヘッドセットのまとめ記事


テレワークでのWeb会議やビデオチャットに便利なヘッドセットについてまとめています。

  • ヘッドセットの接続方法はたったの「5種類」
  • 無線・有線、どっちがいい?
  • ゲーミングヘッドセットはどうか?
  • スマホ用のイヤホンで代用しては?
  • 骨伝導ヘッドセットが快適!
  • スピーカーフォンありかも?

テレワークを始める際の参考にしてもらえれば幸いです。
テレワーク用ヘッドセットのまとめ

85時間限定セール!Apple Watchも!テレビ等が買い替え+クーポンでお得!ビックカメラ.com