\ 楽天スーパーセール開催中! /

AUKEY 100W PD Wall Charger PA-B5 レビュー/このコンパクトさでUSB PD最大100W出力!

  • URLをコピーしました!

USB PDの大出力アダプター、続々。

USB PDが登場して数年、PCやスマホでもUSB-Cを使った充電が一般的になってきました。そして、2018年末あたりから新素材であるGaN(窒化ガリウム)を採用した製品が登場し、USB充電器の小型化が進みます。
2019年にクラウドファンディングサイトKickstarterに登場したHyperJuiceのアダプターは、100Wの出力が可能なアダプターでした。
https://www.makkyon.com/2020/05/17/hyperjuice-100w-gan-acadapter/
2020年は、100Wの大出力を可能にしたUSB充電器が多数のメーカーから登場しました。今回紹介する製品もその一つです。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

シンプルな1ポート100W出力アダプター「PA-B5」

今回紹介するのは、Aukey製のUSB-ACアダプター「PA-B5」です。USB PDで最大100Wまでの出力に対応します。

※今回のレビューにあたって、製品サンプルを提供いただきました。

AUKEY 100W PD Wall Charger PA-B5をレビュー

シンプルなデザインのパッケージです。本当に100Wも供給可能なアダプターが入っているのか、信じられないレベルの小ささです。

中に入っているのは、ユーザーマニュアルと、PA-B5本体のみ。

こちらが、100W PD Wall Chargerの「PA-B5」です。見るからに小さいのがお分かりでしょうか。

USB-Cポートは1つのみ。USB Power Delivery 3.0に対応しています。

重さはややずっしりめの151.0gでした。

プラグは持ち運びに便利な収納式になっています。

大きさを相対的に比較してみましょう。左がPA-B5。右は最大60Wを供給できるAnker PowerPort Atom PD 2です。PA-B5は明らかに小さいです。

https://www.makkyon.com/2020/04/18/anker-powerport-atom-pd-2/
それから冒頭で紹介したHyperJuice 100W GaN ACアダプタです。こちらも100W対応ですが、複数のUSBポートを持っています。

https://www.makkyon.com/2020/05/17/hyperjuice-100w-gan-acadapter/
これらの高出力USB充電器と比較しても、PA-B5がかなり小さいことが分かります。

100W給電のために、100W対応のケーブルが必要

ただ、100Wもの電力をやり取りするのに、通常のUSB-Cケーブルでは対応できません。そこで、100W出力に対応したケーブルを用意する必要があります。
今回使用したのは、AUKEYのCB-CD23というケーブルです。(こちらの製品もサンプルをご提供いただきました)

こちらの製品です。

内容物は、ユーザーマニュアルとCB-CD23ケーブルのみです。ケーブルは1mの長さなので、用途によってはやや短いかもしれません。

こちらのケーブルを使っていきます。

PA-B5で100W供給可能なことを確認する

PA-B5にCB-CD23を接続して、USB PDのPDO(Power Data Object)を見てみましょう。20V 5Aで100W出力が可能であることが分かります。

MacBook Proのシステムレポートでも、AC充電器の情報として100Wで認識されています。

……ただ、1ポートで100Wを必要とする機器は現時点でそうそうありません。91WのACアダプターが添付されたMacBook Pro 16インチのような、高性能なハイエンドデバイスになります。他にも、例えば次のような製品でも使えます。

ポータブル電源にも電力供給できるハイスペックモデル

今回AUKEY製ポータブル電源「PowerStudio」への電源供給でも活躍してくれました。100Wもあると、297Whもの大容量バッテリーへの電源供給も余裕です。

詳細のレビューはこちらから。
https://www.makkyon.com/2020/10/12/aukey-powerstudio/

100Wの出力はオーバースペックでは、ない?

先ほどのPDOからも分かるように、USB PDはデバイスに合わせて最適な電力を供給するようコントロールされます。また、PD非対応のデバイスに対しても、通常のUSB充電器として使うことも可能です。
つまり、スマートウォッチのような省電力デバイスでも、MacBook Pro 16インチのような高性能デバイスでも、同じように使えるのがUSB PDアダプターなのです。
また、USB PDは対応デバイスをデイジーチェーン(数珠つなぎ)することで、供給される電力を分け合うことが可能になります。詳しくは下図を参考にしてみてください。

※ただ、2020年時点でUSB PDで入出力できるデバイスは一部のUSB-Cドックやモバイルバッテリーのような製品に限られます。
今後、USB PDが使えるデバイスが増えることを考えると、高出力のアダプターを1つ持っておくと何かと便利です。

まとめ

数年前までは100W出力のアダプターがこんなに小さくなるなんて予想もしてませんでした。最近ではUSB-Aのコネクタを使う機会も減ってきたので、USB-Cでなんでも済ませられるなら、これ1台ですべてが事足りますね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX