\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

ADVANCED Accessport Air レビュー/ソリッドでコンパクト!見た目スマートなBluetoothレシーバー!

  • URLをコピーしました!

Bluetoothワイヤレスレシーバーは二極化?

有線イヤホンを手軽にワイヤレス化してくれるのが、Bluetoothレシーバー。最近はアンプを内蔵したモデルが人気のようで、FiiOやSHANLINGといったメーカーから高性能なレシーバーが登場しています。
私はSHANLINGのUP4というモデルを使っていますが、ワイヤレスと思えないほどの高音質で、非常に満足しています。

しかし、一方でこれは玄人向けのモデルで、初心者には進めにくいと感じるのです。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

ADVANCEDからリーズナブルなBluetoothレシーバー登場

Lightningアダプターなどを発売しているADVANCEDから登場したのは、Accessport AirというBluetoothレシーバー。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

気になったので購入してみました。

ADVANCED Accessport Airをレビュー

製品写真だけのシンプルなパッケージです。薄いパッケージなので、店頭で買っても持ち帰りやすいでしょう。

パッケージ裏面を見ると、特徴として、Blutooth 5.0対応、USB-C対応、aptX Low Latency対応など、魅力的な文言が並びます。

Accessport Air本体以外の付属品としては、キャリングケース、ステレオケーブル、USBケーブル、マニュアルとなっています。

Accessport Air自体は、指でつまめる極小サイズ。とっても小さいです。

裏面には、クリップもついています。

上下逆になっちゃいましたが、クリップはやや強め。シャツの胸ポケットは問題ないでしょうが、厚手のジャケットでは厳しいかもしれません。

見た目以上にコンパクトに感じるのはその「薄さ」。プラグ1本分の厚みしかないのです。なお、プラグは3.5mmアンバランス接続のみ(いわゆる一般的なイヤホン用)。

Accessport Airの底面に充電用のUSB-Cポートがあります。

Accessport Airが他のBluetoothワイヤレスレシーバーと一線を画しているのは、そのデザイン性。操作系は3つのボタンのみ。一般的なシンプル構成です。

滑らかな曲線や丸みを帯びたレシーバーが多い中、ソリッドな直線と角ばった形状が、スマートな印象を受けます。ボタンの表面はヘアライン加工で、高級オーディオのようなあしらいです。

そしてそのスマートな外見に加えて、重量もわずかに11.8gという超軽量なレシーバーに仕上がっています。

この薄型・軽量なレシーバーに似合うイヤホンとケーブルはなんだろうかと考え、見た目にも、日々の運用にも最適だと感じたのが、FiiOのMMCXショートケーブル(30cm)と軽量・小型なSHURE SE425との組み合わせ。

シャツのポケットから最短で耳に届くので、見た目にもケーブルがわずらわしくなく、スマートな見た目になります。
ところで、MMCXのショートケーブルっていまだに少ないんですよねえ……市場にこれだけBluetoothワイヤレスレシーバーが出回っているのに、ケーブルは長いままって、本末転倒な気がしません?

iPhone 11 Pro Maxと組み合わせてみました。この組み合わせだとコーデックはAACでの接続です。音質はBluetoothとは思えないほどクリア!低音はもう一歩踏み込んで欲しいところですが、通常のBluetoothイヤホンで聴くことを考えれば、出来すぎな音質です。

さらに高音質で聴こうと思い、iBasso Audio DX160とaptXで接続してみました。今度は音の厚みが増し、iPhoneで聴くよりも迫力のある音になりました。(ちなみにコーデックだけ高音質でも、プレイヤーが貧弱だと音質は上がりませんので、ご注意を……)

まとめ

高価格帯のレシーバーに比べると、音質的にもう一歩及ばないところはありますが、それでも価格を考えれば、十分すぎるほどの音質を実現したのがAccessport Air。

何より、薄型・軽量、スタイリッシュな見た目という点で、他製品とは差別化されており、このデザイン・スタイルに惹かれる方には唯一無二の製品と言えるでしょう。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

さらに高音質を目指す方には、アンプ内蔵Bluetoothレシーバーをまとめています。参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX