earsopen

BoCo earsopen PEACE for music TW-1/耳をふさがない骨伝導の完全ワイヤレスイヤホン!ながら聴きに最適!

骨伝導で聴こえる完全ワイヤレスイヤホンが登場

「完全ワイヤレスイヤホンは耳で聴くもの」と言う概念を打ち破った、革新的な製品がクラウドファンディングサイト GREEN FUNDINGに登場しました。

そして、earsopen PEACE TW-1は無事に目標金額を達成し、製品化を達成。2020年7月30日より一般販売となりました。一般販売分は、充電用のUSBポートがUSB Type-Cに変更されています。

この他の骨伝導イヤホンのレビューはこちらから。

耳をふさがず、“骨”で聴く?骨伝導のBONE AUDIOイヤホン!earsopen WR-5 HK-1002をレビュー!骨で聴くイヤホン? 骨伝導といえば、骨に直接振動を伝えることで、直接聴覚神経に届けること。骨伝導で音楽を聴くイヤホンがクラウドファンデ...

BoCo earsopen PEACE TW-1をレビュー

earsopen PEACE TW-1のパッケージは独特な形状をしています。サイロのような見た目と言えばいいのでしょうか。

一見すると、どこから開ければいいのか分からないような形状ですが……。

フタを取ることで、中から骨伝導の完全ワイヤレスイヤホン earsopen PEACE TW-1がお目見えします。

内容物としては、earsopen PEACE TW-1本体と、充電用USBケーブル、取扱説明書となっています。

こちらが、earsopen PEACE TW-1の充電ケースです。

側面にはEO(earsopen)のロゴマークが印刷されています。

earsopen PEACE TW-1の充電ケースは、MicroUSBで充電するようになっています。完全ワイヤレスイヤホンにUSB-Cが採用されることが増えましたが、この時期の製品としては、ちょっと残念です。※一般販売分からはUSB Type-Cに変更されます。

それでは、充電ケースを開けてみましょう。完全ワイヤレスイヤホンとしては、特異な形状をしていることが分かります。どうやって耳に付ければいいか、初見で分かります?

充電時はこんな感じで光ります。LEDが3つ並ぶと、人の顔みたいに見えます。シミュラクラ現象ですね。

シミュラクラ現象 – Wikipedia

イヤホンが入った状態での充電ケースの重さは59.5g。持ってみると、けっこう軽く感じました。

充電ケースから取り出してみましょう。こちらがearsopen PEACE TW-1 完全ワイヤレスイヤホンです。

earsopen PEACE TW-1のユニットを見ていきましょう。およそイヤホンらしからぬ見た目をしています。この丸いユニットが骨伝導ユニットです。

後ろに見えるドラム缶のようなユニットは、バッテリーのようです。LR表示は大きめで、分かりやすいです。

LR表示の反対側には、操作系のボタンがあります。半円で一つのボタンになっているため、earsopen PEACE TW-1には左右で4つのボタンが存在します。

ドラム缶ユニットが重そうな印象を与えますが、左右のユニットを合わせた重さは19.6g。片側のユニットは(ギリギリ)10gを切っていることになります。軽いですね。

さて、それではearsopen PEACE TW-1を装着してみましょう。

earsopen PEACE TW-1を実際に装着してみる

earsopen PEACE TW-1は耳を挟みこむように装着します。アクセサリーのイヤーカフのように見えます。使い始めは、付け外しの際にコツがいりますが、すぐに慣れるでしょう。

イヤーカフのようなイヤホンといえば、ambieがありました。過去のレビュー記事はこちらから。

耳をふさがないイヤホン!?話し声もよく聴こえる“ambie”を2週間使ってみたレビュー!耳をふさがない、という新ジャンル イヤホンには、音質から形状からいろいろな製品があって興味が尽きないんですが、一方で歩きながら、まして...
耳の形状や装着感により、位置の調整が可能です。私は、写真のように下に落とすように装着した方が、疲れることなく使うことができました。

こうして写真で見返すと重そうな印象を与えてしまいますが、意外とバランスがよく、耳が引っ張られるような感覚はありません。

earsopen PEACE TW-1、実際の音質はどう?

iPhone 11 Pro Maxとペアリングして、Apple Musicの音源を聴いてみました。

earsopen PEACE TW-1は骨伝導。耳の外で聞こえるので、オープン型のイヤホンよりもさらにオープンです。このため、低音の迫力がなく、高音もちょっと逃げがち。音質はそこそこ良い、といった印象です。また、骨伝導とはいえ、原理として振動で音を出すので、ボリュームを上げると音漏れしています(空気中を振動が伝わるので当然です)。

控えめに言っても高音質ではありませんが、そもそもearsopen PEACE TW-1を使うメリットは「(耳をふさがないので)周りの音が聞こえる」「(骨伝導なので)聴覚を守る」という点にあります。このため、集中して音楽を聴くというよりも、“ながら聴き”をするのに適していると言えます。

オフィスの中や、家の中、作業をしながらとか、本を読みながら聴くのに向いていました。なんといっても完全ワイヤレスイヤホンなので、ケーブルレスで楽なのが最高です。耳をふさがずに聴けるので、聴き疲れしないのもよかったです。

AfterShokz Aeropex レビュー/走りながら周りの音が聴こえる!骨伝導Bluetoothワイヤレスイヤホン周りの音が聴こえるイヤホン、需要アリ? 最近のイヤホンはカナル型が多いので、音楽に没入できる反面、周りの音が聞こえづらいというデメリッ...

まとめ

2020年4月時点で、唯一無二の「骨伝導」完全ワイヤレスイヤホンであるearsopen PEACE TW-1。骨伝導という点以外は、他の完全ワイヤレスイヤホンと変わらない使い勝手です。ながら聴きに適した完全ワイヤレスイヤホンとして、重宝しそうです。

惜しいのは、充電用のポートがMicroUSBである点でしたが、一般販売分からはUSB Type-Cになるとの事だったので、いいなあ……と思う次第です。

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
earsopen PEACE for music TW-1
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ニンテンドースイッチのお役立ち記事


ニンテンドースイッチに関するレビュー記事をまとめています。

  • ダウンロード版ソフトをセール価格で買う方法
  • スイッチでワイヤレスイヤホンを使うには?
  • ワイヤレスイヤホンの音ズレを解消したい
  • 超小型ドック内蔵のACアダプターでコンパクトに持ち運ぶ
  • USB-Cハブでテレビに出力する

など、ニンテンドースイッチを使っていて困ったことを解消します!

ニンテンドースイッチ関連記事まとめ