UNIQ

UNIQ プロメテウス モニター レビュー/15.6インチ&超薄型4.3mmのUSB-Cモバイルディスプレイ

テレワークに欠かせないもの、それは外付けディスプレイ

2020年初頭、世界を襲った新型コロナウイルス禍によって、世の中の企業は慌ててテレワークを導入し始めました。私は平時からノートPCを使っていたのですが、アレが無くて作業効率が目に見えて落ちました。そう、外付けのディスプレイです。

引っ越したばかりで自分のデスクも無いため、リビングテーブルで作業する日々。フルサイズのディスプレイは置けないので、モバイルディスプレイを使うことにしました。Gethicのモバイルディスプレイはあったものの、これは13.3インチ。

GeChic On-Lap 1306H レビュー/USB PD対応!USB-Cケーブル1本で出先でもデュアルディスプレイ!ノートPCの画面だけでは狭い…… 家でも会社でも、MacBook Airを使っているんですけど、基本的には外付けディスプレイを繋いでい...
もう少し大きなサイズはないかと15インチサイズのものを検討してみました。

【2020年版】USB-C対応モバイルディスプレイ37製品まとめ/USB PDで電源もケーブル1本だけ!USB Type-Cに対応したモバイルディスプレイとは? USB Type-C(以下USB-C)とUSB PDの普及により、利便性が格...

大きくて、薄くて軽いモバイルディスプレイ、ある?

今回購入したのは、UNIQのモバイルディスプレイ PROMETHEUS(プロメテウス)モニターです。15.6インチの画面サイズでフルHDの解像度、最薄部4.3mmという超薄型です。

クラウドファンディングサイトMAKUAKEで製品化されたものだったそうで、そのときに気づいておくべきでした……(安いから)。

UNIQ プロメテウス モニターをレビュー

パッケージは蓋身式のしっかりとしたもの。上にモノを積んでも潰れない頑丈さがあります(ただし、重さによる)。

内箱は2段になっていて、上段にディスプレイ、下段にケーブルなどの付属品が入っています。この付属品を入れている内箱がきっちり収まっていました。正直取り出しにくいけど、こういう仕掛けは好きです。

プロメテウスモニター+スタンドカバー、USB-C to USB-Cケーブル、USB-C to USB-Aケーブル(給電用)、HDMI to MiniHDMIケーブル、マニュアルとなっています。

ディスプレイの裏側はカーボン素材になっていて、PC周辺機器らしからぬ上質な仕上げです。専用カバーはマグネット式で吸着します。

このカバーを背面に回して、マグネットで吸着させることで、スタンドになります。

各種ポートは画面向かって右側に集中しています。USB-Cポートが2つ、Mini HDMIポートとなっています。右端のUSB-Cポートは給電専用です。映像入力をHDMIで行う際や、USB-Cで電力が足りない場合は、このポートを使って電源供給する必要があります。

画面向かって左側には、操作系のボタンとスイッチが並びます。OSD操作のほか、プロメテウスモニターはスピーカーを内蔵しているため音量調整もここから行います。左端にはイヤホンジャックがあります。

なお、このカバーを取り外すと、プロメテウスモニターが2段構成になっていることが分かります。操作系や入力系のある部分が厚くなっており、ディスプレイ自体は最薄の4.3mmとなっています。

付属のUSB-C to USB-Cケーブルを使って、MacBook Airと繋げば、すぐに外部ディスプレイとして動作します。Alt Modeで内部的にはDisplayPortとして映像の出力を行い、USB PDで電源供給をするので、映像も電源もUSB-Cケーブル1本だけ。

プロメテウスモニターは、ミラーリングだけではなく、拡張ディスプレイとして扱うことができます。また、プロメテウスモニターは狭額縁(スーパーナローベゼル)なので、15.6インチという大きさなのに、13.3インチのMacBook Airと並べても圧迫感がありません。

プロメテウスモニターの画面は光沢仕様のため、日中帯は反射が気になります。映像は鮮やかに見えるので、コンテンツの視聴にはいいのですが、事務作業にはちょっと鮮やかすぎるかなと感じました。

輝度を最大にすると、MacBook Airの最大輝度に匹敵するほどの明るさが出ます。

MacBook AirからのUSB PDによる電源供給で、プロメテウスモニターの電力はまかなえますが、MacBook Airの電力消費が激しくなります。このため、使う際には、MacBook Airももう一つのUSB-Cポートで電源を供給しています。

MacBook Air側のUSB-Cポートに余裕がないときは、プロメテウスモニターの電源供給用USB-CポートにACアダプタを接続し、電源を供給させることもできます。

タブレットスタンドで、プロメテウスモニターを自立させる

横に並べてデュアルディスプレイもいいのですが、視線を上げて首・肩周りの凝りを抑えたいところ。縦に並べてデュアルディスプレイにしたかったので、KlearLookのタブレットスタンドを使います(プロメテウス モニターのカバーは外しています)。

このタブレットスタンド、モバイルディスプレイだけでなく、12.9インチのiPad Proでも使えるので、重宝しています。

KlearLook タブレットスタンド レビュー/高評価連発!12.9インチ iPad Proをテレビ的に運用して快適!iPad Pro 12.9をテレビ的に使いたい 12.9インチのiPadは大きすぎてタブレット製品の枠に収まらないのか、このサイズに対...
13.3インチのMacBook Airと並べるとこの通り。システム環境設定でディスプレイの位置を調整したら、カーソルが上下に移動できるようになります。このデュアルディスプレイで作業が楽になりました!

ところで、USB-Cでの映像出力・電源供給ができるのはMacだけではありません。USB-Cを持つiPad Proでも同様のことが可能です。

ただ、iPad Proの場合は拡張ディスプレイができないので、ミラーリングのみ。画角が異なるので、ディスプレイの両端が黒くなってしまいます。iPad Proのバッテリーもみるみる減っていくので、使い道はかなり限定されそうです。

ただ、バッテリーの問題に関しては、iPad Pro用のUSB-Cハブを介することで、iPad Proに給電しつつ、プロメテウスモニターに映像出力と電源供給を同時に行うことができました。

サンワサプライ iPad Pro専用ドッキングハブ 400-HUBIP087 レビュー/HDMIやイヤホン、USB PDが使える!iPad Pro用のUSB-Cハブを探す 第4世代が登場したiPad Pro、USB-Cを搭載したモデルとしても2世代目となりました。...

タッチパネルを省いた廉価モデルが登場しました

実売で1万円以上安いので、タッチパネルにこだわらなければこちらもモデルもオススメです。

まとめ

モバイルディスプレイとはいえ、外で使うつもりではなかったので、カバーを外して軽量(600g)・薄型(4.3mm)になるプロメテウスモニターは可搬性に優れて、非常に使い勝手がいいです。タブレットスタンドとの相性も抜群です。

画面が大きく、軽く、薄い、USB-C対応のモバイルディスプレイとして、プロメテウス モニターはオススメです!
※なお、WindowsやAndroidを接続すればマルチタッチにも対応しますが、今回の使用目的とは異なるので、割愛しました。

【2020年版】USB-C対応モバイルディスプレイ37製品まとめ/USB PDで電源もケーブル1本だけ!USB Type-Cに対応したモバイルディスプレイとは? USB Type-C(以下USB-C)とUSB PDの普及により、利便性が格...
今回のレビューまとめ
レビューした日
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ニンテンドースイッチのお役立ち記事


ニンテンドースイッチに関するレビュー記事をまとめています。

  • ダウンロード版ソフトをセール価格で買う方法
  • スイッチでワイヤレスイヤホンを使うには?
  • ワイヤレスイヤホンの音ズレを解消したい
  • 超小型ドック内蔵のACアダプターでコンパクトに持ち運ぶ
  • USB-Cハブでテレビに出力する

など、ニンテンドースイッチを使っていて困ったことを解消します!

ニンテンドースイッチ関連記事まとめ

超PayPay祭 開催中!!!PayPayボーナスライト5% or 10%もらえる!PayPayモール / Yahoo!ショッピング