\ 楽天スーパーセール開催中! /

これは電卓?Macで使えるワイヤレステンキー「キヤノン X Mark I KRF ホワイト」をレビュー!

  • URLをコピーしました!
INDEX
Google Workspace
Google Workspace

電卓付きのテンキー?

Apple Magic Keyboardには総じて満足しているんですが、テンキーがあったほうがいい場面はたまにありまして、“ツブシの効く”ワイヤレステンキーを購入してみました。

こちらが、ワイヤレステンキー“電卓” X Mark I KRF です。パッケージはまんま電卓です。

でも、パッケージ下部に記載のあるように、電卓とテンキー、両方の顔を持ちます。

開封編

付属品一覧。マニュアル一式、USBドングル、乾電池、本体です。

マニュアルの中にはこんな紙片も……時代はすでにOS X 10.11ですが、問題なく使用することができています。

本体は片手で持てるコンパクトサイズ。

電池込みで約154g。

本体は緩やかに傾斜しています。

USBドングルは、本体底面に収納できるため、持ち運ぶ際にも紛失することがありません。

収納完了。

iPhone SEとiPhone 6 Plusと大きさを比較。iPhone 6 Plusに近い大きさです。

重ねてみました。幅はX Mark I KRF のほうがやや広いようです。

続いて、Magic Keyboardと並べてみました。キートップのデザインは全然違いますが、白と白でデスク上でも違和感なく共存できそうです。

接続編

USBドングルとの通信が確立されていると、液晶右上に通信マークのアイコンが点灯します(Wi-Fiではない)。

1. テンキーモード

テンキーモードと電卓モードの切り替えは、「CAL/KP」ボタンで行えます。テンキーモードだと、液晶右端に「K」マークが表示されるだけ。この状態でキーを打つと、そのままMac/PCにテキスト入力できます。BACKSPACEキーで消去することも可能。まんまテンキーとしての振る舞いをしてくれます。

2. 電卓モード

この状態だと、通常の電卓として使えるのですが、SENDボタンを押すことでMac/PCに数値を送信することが可能です。Excelで処理するほどでもない計算は手元で十分というわけです。

3. シングルモード

USBドングルが挿さってないときは、普通の電卓。乾電池ではなく、ソーラー電池だけで動くようにできています。キャノンさん、やるわあ。

使ってみた感想

いいところ

電卓とテンキーが同居しているのがこんなに便利だと思わなかった。あえてBluetoothではなく、USBドングルで分かりやすくしている点も使い勝手がいい。
また、白と黒の2モデルがあるので、キーボードの色に合わせてチョイスできるのもポイントが高い。

惜しいところ

キータッチは電卓のそれなので、キーボードという感覚にはなれない。個人的にはもう少し打鍵感が欲しいところ。

まとめ

あるときはテンキー、使わないときは電卓という使い分けができる役立ちアイテム。何かの機能を犠牲にしたわけでもないので、どちらの機能も過不足なく使えるのがいい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX