日本最短距離の七福神!日本橋七福神めぐりで御神像7体を集めて宝船を作ってみた。小網神社の大行列には要注意……

  • URLをコピーしました!
※makkyon webはAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得て、運営費に充てています。予めご了承ください

年始の恒例行事“七福神めぐり”

年始の恒例行事といえば「七福神めぐり」。七福神を祀っているお寺や神社をめぐる行事で、地名+七福神(例えば「谷中七福神めぐり」)の名称で開催されています。それぞれのお寺・神社に詣でて、御朱印やスタンプ、御神像をいただきます(その土地によって変わります)。

調べてみると、東京都内の七福神の数が多いですが、各地方にもそれぞれの七福神めぐりがあるようです。谷中七福神のように徒歩で回れる七福神めぐりが多い中、宮崎県の「日向の国 七福神めぐり」のように全工程で100kmほどになるものもあるようです。さすがに車でないと無理ですね。

INDEX

日本で一番巡拝が短時間にできる日本橋七福神めぐり

さて、日本国内でも数多くある七福神めぐりの中で、もっとも距離が短いのが今回紹介する「日本橋七福神めぐり」です。日本橋という土地柄、平坦な道が多く、それぞれの神社の距離も短いため、短時間で回り終わることができます。

日本橋七福神巡りコース | 東京日本橋 人形町

http://www.ningyocho.or.jp/contents/walk-course/shichifukujin.html

どの神社から始めてもよく、しかも周辺に地下鉄の路線・駅が多いため、行くのも帰るのも楽なのが特徴です。
日本橋七福神めぐりでは、授与品として色紙か御神像、または御朱印をいただくことになります。現代的に言うならスタンプラリーですね。料金は下記のようになっています。御朱印の場合は、別途御朱印帳が必要です(神社でも売ってます)。※2019年の実施内容です。

スクロールできます
授与品色紙巡拝用(2,500円)
巡拝用宝船(1,500円)+御神像(各500円)
御朱印初穂料(各500円)

色紙だけで回るなら2,500円のみ(スタンプを押してもらうのは無料)、宝船なら最初に2,000円(宝船1,500円+御神像500円)で各所を回るごとに500円で合計5,000円、御朱印なら各所で500円で合計3,500円になります。あらかじめ500円玉か1,000円札を用意しておきましょう。

今回は、宝船を持って御神像を集めていきます。

なお色紙と宝船は、あらかじめ揃った状態のものが授与品として用意されています。揃い色紙:2,500円、揃い宝船:5,000円(御神像7体含む)となっています。

日本橋七福神巡りスタート

それでは、日本橋七福神めぐりをスタートしていきましょう。どの駅をスタート地点にするかによって回り方が変わってきますが、小伝馬町駅なら椙森神社(すぎのもりじんじゃ)、水天宮前駅なら東京水天宮、人形町駅なら小網神社が最寄りでしょう。

Googleマイマップでコース図を作成したので、スマホ片手に回りたい方は下の地図を保存しておくと便利です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX