\ お買い物マラソン開催中! /

くすみホワイトのシンプルデザイン!3COINS ワイヤレスヘッドホンはなぜ1,500円なのか?ちゃんと使えるのか?どんな音がするのか?

  • URLをコピーしました!

3COINSのワイヤレスヘッドホンが気になる……

ここ数年、ガジェット系製品のラインナップが充実している3COINS。ワイヤレスキーボードも骨伝導イヤホンも1,500円で買えてしまうという、恐ろしい価格破壊です。しかも、デザインもカラーもいいという……。

中でもヘッドホンはどんな音が鳴るのか、どんな使い心地なのか、実際に試してみたいと思ったので購入してしまいました。言っても1,500円なので……。どんな製品なのか、レビューしていきましょう。

INDEX

3COINS ワイヤレスヘッドホンをレビュー

こちらが、3coins ワイヤレスヘッドホンのパッケージ。淡色で構成された、おしゃれなデザインです。

ちなみに、3COINS製品は、公式オンラインストアのPAL CLOSETで購入できます(※3COINSの運営会社は株式会社パル)。ワイヤレスヘッドホンだけだと送料がかかるので、他の製品と合わせ買いするのがオススメです。5,000円以上で送料無料になります。

驚きなのは、1,500円(税込1,650円)という低価格であるということ。

ワイヤレスヘッドホンを買ったことがあれば分かりますが、どう考えても最低5,000円くらいは出さないとまともなワイヤレスヘッドホンには出会えません……。いったいどんなヘッドホンなのか……。品質がひどいのか……?音質がやばいのか……?

以前に、雑誌の付録のワイヤレスヘッドホンを購入したことがありましたが、品質はお値段なりというか、あの値段ならしょうがないよね、という音質でした。それでも3,000円近かったんですよね。今回は1,500円、どうなってるの……?

パッケージを開けてみましょう。包装もしっかり、中身もガタつかないように専用の梱包材で固定されています。

内容物は、ワイヤレスヘッドホン本体に、充電用USBケーブル、リモコン付きAUXケーブル、取扱説明書兼保証書になっています。(説明書によると、製造元は大阪のコピアル株式会社とありました)

カラーはグレーですが、実際に見てみるとグレーっぽさはほぼ無く、マットな質感の“くすみホワイト”です。ちなみに、アラウンドイヤー(耳を覆う)ではなくオンイヤー(耳にのせる)タイプのヘッドホンです。

ワイヤレスヘッドホン本体は、なんと173gしかありません。ワイヤレスヘッドホンにもいろいろありますが、このサイズ感の製品としては、かなり軽量な部類に入ります。持ってみても「軽っ!」と思いました。

ワイヤレスヘッドホンの左右は、イヤーパッド内側のメッシュカバーに記載されています。R(右耳)とL(左耳)はここで見分けます。イヤーパッドは柔らかい合皮製で、耳への付け心地は優しいです。ヘッドバンドも同じ素材のようです。

左耳の裏側にコントローラーが集中しています。音量の増減、再生/停止ができます。

珍しいのは、microSDカードを内蔵できること。MP3かWMV形式の音声ファイルを再生できるそうです。ちなみに、説明書にはカード容量やフォーマットの仕様は記載がありませんでした。

※説明書にはTFカードと記載がありますが、microSDカードのことです。

最近はmicroSDカードもずいぶん安くなったので、サブスクを使わないなら、お気に入りのプレイリストを作ってmicroSDカードで音楽を管理するのもアリかもしれません。

下面には、マイク、MicroUSB端子、外部入力端子があります。マイクがあるので、通話用途でも使えますね。

充電端子が古い規格のMicroUSBになっているのは残念ですが、これもコストカットの一環でしょう。最近ではめっきり少なくなりましたよね。付属の充電ケーブルを使う限りでは問題ないでしょう。

なお、このワイヤレスヘッドホンはコンパクトに折りたたむことができます。ケースや袋は付属しませんが、適当なもので代用しましょう。

好感を持ったのは、安いわりには加工精度がよく、(安いヘッドホンにありがちな)パーツの擦れるキシキシした音が鳴らないことです。

iPhoneとペアリングしてみる……音質は?

iPhoneとペアリングして、Apple Musicの曲を聴いてみました。かなり迫力のある音が鳴ります。解像感はそこそこに音を鳴らすタイプみたいです。音質のいいヘッドホンと比べてしまうとさすがに粗さはあるものの、外で聴いたりする分には音質は悪くないです。むしろ1,500円でこの音質、いいのでは?

iPhoneではなく、Androidスマートフォン(Google Pixel 6a)とペアリングしてみました。音質に変化はありません。

開発者オプションでコーデックを調べてみると、SBCで接続されていました。この価格ですから、そうですよね。

ワイヤレスじゃなくても十分?有線接続にも対応する

興味深いのは、有線接続にも対応していることです。付属のAUXケーブルを挿すだけで使えます。ワイヤレスで接続していても、AUXケーブルを挿せば有線に切り替わります。バッテリーが無くなっても使えるのが利点ですね。ケーブルが黒いのは残念です。

iPhoneはそのままでは有線接続できないので、変換アダプタを使いましょう。昔のiPhoneには付属していましたが、最近は無くなりましたね。iPhone用のアダプタは1000円ちょっとで買えます。

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

AUXケーブルは編み込みのある丈夫なケーブルになっています。この仕様は意外でしたね。

なお、AUXケーブルの途中には、多機能ボタンとマイクが付いています。多機能ボタンを使えば、ヘッドホンを触らずに再生/停止(1回押す)、曲送り(2回押す)、曲戻し(3回押す)ができます。

このAUXケーブルを使えば、口元にマイクがくるので、より会話がしやすくなります。

テレワークように使うのも良さそうです。プライベートではBluetoothでiPhoneとワイヤレス接続し、テレワークではAUXケーブルを繋いでオンラインの打ち合わせをする、そんな使い分けができますね。

付け心地に難あり……?

ここまで、何の問題もないですが、実は違和感に気づきました。着け心地です。いざ着けてみると、なかなかベスポジになりません。

どうやら、私の頭が大きいせいで、ワイヤレスヘッドホンが「ハ」の字に広がってしまうようです。ヘッドバンドがあまり大きくなく、ヘッドホンの可動域も狭いため、ちゃんとフィットしないようです。

そこで、妻にこのヘッドホンを渡してみたところ、すんなりと装着できて、フィット感も良いとのことでした。やはり、頭が大きい人には合わなかったようです……なんてこった。

参考までに、フリーサイズ(サイズ:F)の帽子がスムーズに被れるような方々であれば、問題なく使えるはずです。逆に、フリーサイズの帽子が入らない・キツいという方は、オーディオメーカーの作るワイヤレスヘッドホンを検討した方がいいでしょう。

3COINSのワイヤレスヘッドホンはなぜ安いのか?

装着感が悪いことを除いては、とても1,500円とは思えないクオリティーです。それにも関わらず、なぜ1,500円という価格が実現したのか、下記の要因が考えられます。(それでも利益出せてるのがすごい)

  • バッテリー容量が少ない(連続再生時間が短い)
  • 保証期間が6ヶ月と短い
  • 古い規格のMicroUSBコネクタが採用されるなど、部品が徹底的にコストカットされている
  • 女性が使うことを想定して、サイズの調整幅が狭くなっている(頭の大きい人には合わない)
  • 全国の3COINSで売られることによる量産効果

とはいえ、1,500円という価格の前では「これでも十分だよね」という感想になります。それより、シンプルなデザインでカラーリングのいい、音質そこそこのワイヤレスヘッドホンがこの価格で手に入る、というメリットが大きすぎます。

3COINS ワイヤレスヘッドホンのまとめ

3COINSのワイヤレスヘッドホンは「ヘッドホンもファッションの一部として取り入れたい」「とりあえず安くてかわいいワイヤレスヘッドホンが欲しい」こういったニーズをしっかりと捉えた製品でした。これは売り切れ続出になるわけですね。

3COINS ワイヤレスヘッドホン
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 1,500円とは思えないクオリティ
  • くすみカラーがかわいい
  • ワイヤレスでそこそこいい音が鳴る
  • 有線接続でも使える
  • 6ヶ月保証がある
  • microSDカードが使える
  • 170g台の軽量な仕上がり
デメリット
  • フィット感が悪いことがある

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX