\ お買い物マラソン開催中! /

FiiO UTWS5 レビュー/aptX Adaptive対応!高音質と快適な使い心地を実現した、完全ワイヤレスイヤホンアダプター!

  • URLをコピーしました!

有線イヤホンを完全ワイヤレス化する

完全ワイヤレスイヤホンが全盛とはいえ、有線イヤホンの領域まで音質を向上させるのはまだまだ先の話。ただ、いくらお気に入りの有線イヤホンでも、ケーブルの煩わしさは別問題です。そんなときに検討したいのが、有線イヤホンをワイヤレス化してくれるアダプターです。

今回は、FiiOの完全ワイヤレスイヤホンアダプターの「UTWS5」をレビューしていきます。

INDEX

FiiO UTWS5のレビュー

こちらがUTWS5のパッケージ。高級感があります。

今回レビューしているのは、MMCX版です。

2pinで接続したい場合は、2PINバージョンを購入してください。価格は変わらないようです。

こちらが内容物。UTWS5本体、USBケーブル、クイックスタートガイド類となっています。

こちらがUTWS5の充電ケースです。UTWS3とあまり変わらないような気がしますが……後ほど比較します。

充電用のUSB-Cポートは背面にあります。

しかし、このUSB-Cポートを使う機会は少ないかもしれません。なぜなら……

完全ワイヤレスアダプター初!?Qiワイヤレス充電対応!

嬉しい誤算は、UTWS5がQiワイヤレス充電に対応していたこと!

市場に出回っている完全ワイヤレスアダプターはほぼほぼチェックしていますが、ワイヤレス充電に対応したケースはUTWS5しかないはずです。

SHURE AONIC 4を接続して試聴してみる

充電ケースのフタを開けて、UTWS5の左右ユニットと対面です。(右のユニットに見えてる青いシートは絶縁シールです。剥がしましょう)

今回のレビューでは、SHUREのハイブリッドイヤホンのAONIC 4を使用します。

UTWS5は、MMCX接続のイヤホンを汎用的に使えるよう、イヤホン収納部は大きく深くなっています。

こちらが、UTWS5です。耳の後ろにメインユニットが来るようになっています。

操作用のボタンは、両耳の後ろ側に位置します。

内側にはLR表示と、充電用の端子があります。

さっそく装着してみました。耳まわりはシリコン製で柔軟性があるので、しっかり密着します。

メガネを併用していても、不快感はありません。

iPhoneとペアリングして聴いてみました。コーデックはAACですが、迫力のある音が鳴ります。ワイヤレスで聴くイヤホンとしては最高音質と言ってもいいのではないでしょうか。やはりイヤホンのドライバーが違うと、変わりますね。

2022年に発売されたNuraのトランスミッターをiPhoneに接続して、aptX Adaptiveで使用してみました。音質は上がり、iPhoneでの音楽体験を引き上げてくれます。

NuraのトランスミッターはUSB-C接続なので、iPhoneと接続するためにはOTGアダプターが必要です。(下記の記事中で解説しています)

見た目に変化なし??UTWS5とUTWS3を比較してみる

さて、FiiOの完全ワイヤレスアダプターといえば、実は3機種存在します。UTWS1とUTWS3、そして今回レビューしているUTWS5です。UTWS3(写真右)と比較してみましょう。FiiOロゴの処理が違うだけで、ほぼ同じです。

ケースを開けてみると、こちらもロゴの処理だけで見た目にはほぼ同じ。

重量は、UTWS5の方が2gほど重くなっていますが、ほぼ誤差ですね。

FiiO UTWS5
FiiO UTWS3

このゴールドという配色が、分かりやすくハイエンドであることを示しています。ただ、色の違いでしか判別できないくらい、見た目は一緒です。

とはいえ、音質的には分かりやすくUTWS5の方が上です。UTWS3もいい製品でしたが、UTWS5は流石のハイエンド製品で、UTWS3が低音〜高音域までそつなくいい音を鳴らしていたのに比べて、解像感や音の深み、音圧、あらゆる点で上位機種であることを示していました。

至高の対決?UTWS5とRMCE-TW2、どちらがいい音?

さて、UTWS5を購入しようとしている方は、SHUREのRMCE-TW2との違いが気になるのではないでしょうか。先行していたSHURE RMCE-TW2と、後発のFiiO UTWS5。

デザインは、四角いUTWS5(写真左)と丸いRMCE-TW2(写真右)と対照的です。どちらもそれなりに大ぶりです。

重量を測ってみましょう。イヤホンなしのUTWS5は122.0g。RMCE-TW2は126.5g。重量はほぼ変わらず。

両機種に、SHURE AONIC 4を接続してiPhoneのApple Musicで聴き比べてみました。

イヤホンは同じAONIC4ですが、RMCE-TW2は内蔵アンプの力を存分に使って、完全ワイヤレスらしからぬ音圧で圧倒してきます。一方、UTWS5は解像感を高めて音域の再現性に力が入っています。この価格帯の製品ですので、総合的に見れば、どちらも良い音ですね。迫力のRMCE-TW2と、解像感のUTWS5といったところでしょうか。

それぞれの製品の印象としては、ワイヤレス製品といえどイヤホンを活かす周辺機器として見ているSHUREと、有線イヤホンをアプリ・コーデック・無線充電など完全ワイヤレスイヤホンらしい使い勝手に落とし込もうとするFiiO、という違いが見えました。

FiiO UTWS5のまとめ

完全ワイヤレスアダプターはニッチな市場ですが、SHUREの他にハイエンドの選択肢が生まれたことは歓迎したいです。どちらも良い製品なので、ぜひ悩んで決めてください!(でも、aptX Adaptiveが使えるAndroidスマホならUTWS5がオススメです!)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX