\ 楽天スーパーセール開催中! /

Spigen MagSafe対応 カードケース スタンド レビュー/パタパタたためるiPhone用スタンド!

  • URLをコピーしました!

スマホスタンドを再定義する「MagSafe」

iPhone 12シリーズから搭載されたMagSafe。磁力による固定と位置合わせで、簡単に脱着可能なスタンドやスマホリングを可能にしています。
実際に、MOFTはMagSafeに対応して折りたたみ式のスタンドをリリースし、好評を得ています。

MOFT以外にもMagSafe対応のスマホスタンドが出てきたようなので、レビューしていきます。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

MagSafeに対応したSpigenのカードケース兼スタンド

Spigenから発売されたのがMagSafe対応のスタンド兼カードケースです。見た目にはiPadのカバースタンドのようです。

ガンメタルとブラックの2色展開されていて、今回はガンメタルカラーを購入しました。

Spigen MagSafe対応 カードケース スタンドをレビュー

こちらが、Spigen MagSafe対応 カードケース スタンドのパッケージ。小さくて薄くてコンパクトです。

Spigen MagSafe対応 カードケース スタンドの内容物。スタンド本体と、ユーザーガイドが付属しています。

スタンドの重量は、48.9gと見た目の割にはちょい重め。もちろん、金属プレートやマグネットが含まれているためです。

マグネットで軽めに吸着しているので、これを開いてみます。左半分はスマホに貼りつけるほう、右半分は折り曲げてスタンドにするほうです。

ひっくり返してみると、外側はガンメタルカラーです。

カードホルダーは、内側にスリットがあります。

スリットは2本ありますが、クレジットカードは1枚でピッタリ。この厚さのプラスチックカードは1枚しか入らないと考えた方が良さそうです。

iPhone 12 Pro Maxに貼り付けてみます。ガンメタルカラーでドット状に仕上げられた表面加工がかっこいいです。

スタンドを三角に折って、MagSafeで吸着させると、iPhone 12 Pro Maxほどの大きさでも浮かして立てることができます。

横に倒すことで動画を見る際に便利な角度にできます。

Spigenのスタンドが面白いのは、3つに折れるパーツそれぞれに「遊び」が持たされているので、角度を微調整できること。(公式にユーザーガイドにも書かれています)

折り返しの方向を変えることで、同じような組み方でもさらに角度を変えることができます。

ただ、iPhone 12 Pro Maxは重量バランスの関係で、縦方向(ポートレートモード)に保持できません。下の写真は、この角度で見せているわけでなく、倒れてしまった瞬間の写真です。

もちろん、この写真の状態で使うことは可能です。立てることはできません。iPhone 12 Pro Maxに対応していないことは公式に販売ページにも書かれています。

そこで、MagSafe対応ケースを装着したiPhone 8で使うことにしました。iPhone 12 Pro Maxでは縦方向に使えませんでしたが、iPhone 8サイズなら余裕です。

iPhone 8やiPhone SEをMagSafeに対応させるケースのレビュー記事はこちらから。

折り返しの方向を変えることで、微妙に角度を倒すことができます。

もちろん横方向(ランドスケープモード)も余裕です。

iPhone 12 Pro Maxユーザーの方には限定的な使い方になってしまいますが、そのほかのユーザーにはMOFT以外の有力な選択肢になるのではないでしょうか。

まとめ

MOFTとは違うアプローチのスタンド兼スマホスタンド、MagSafeをうまく活かした仕様になっています。個人的にはこの3つ折りの仕組みは分かりやすくて気に入っています。今のところ、MOFTはiPhone 12 Pro Maxで、本製品はiPhone 8で使っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX