\ 楽天スーパーセール開催中! /

USB-Aで5V 1Aで折りたたみ可能なプラグ、そして超小型のUSB充電器……ある?オーム電機 MAV-AU1-W レビュー

  • URLをコピーしました!

アレが市場から消える?当たり前にあったものが、今や希少な存在に……

デジタル製品のレビューをしていると気付くのが、USB充電器が付属している製品がほぼないということ。最近では、iPhoneもUSB充電器が付属しなくなりました。

どれもUSBで充電する前提なので「他の製品と共用してくれ」ということです。ところが最近のUSB充電器は、USB-Cに徐々に移行しつつあり、多ポート・高出力・大電力のものが多くなってきています。

スマホやタブレットならそれでもいいんですが、最近はスマートデバイスや、SwitchBotのような小型・省電力の機器が増えていて、流行りのUSB充電器ではオーバースペックになっています。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

日本の住宅事情にマッチした小型USB充電器の条件とは?

スマートデバイスで有名なSwitchBotは、自社製品のハブミニ用に小型のUSB充電器(USB-A・5Wタイプ)を出しています。

ただ、壁面コンセントにこの形状のUSB充電器を挿すと、出っ張りが大きくなり、室内では邪魔になりがち。特に日本の住宅事情を考えると、ケーブルが下に向くような形状のUSB充電器(多くはプラグ折りたたみ式)が望ましいと言えます。

つまり、高出力・大電力・USB-CのUSB充電器が増える一方で、下記のような条件のUSB充電器が市場から姿を消しつつあるのです。

  • USB-Aが1ポート
  • 出力が5W(5V 1A)
  • ACプラグは折りたたみ式

上記の条件を満たすUSB充電器を探してみました。

オーム電機 MAV-AU1-Wをレビュー

今回は、オーム電機のMAV-AU1-Wを購入してみました。他の製品と比べてもさらに薄く、小型だったからです。家電量販店に吊るしで売られているブリスターパッケージの製品です。

プラグが折りたたみ式で、とても小さいです。

USBポートは、USB-Aで1ポートのみ。ポート周りを見てもらうと、プラグ折りたたみ式でありながら、ギリギリまで薄くしていることが分かります。

持った感じからも非常に軽量で、実際の重量は24.9gとUSB充電器としては最軽量クラスです。

仕様も見てみましょう。出力は5V 1Aで、iPhoneにも最低限の電力を供給できます。

ピクセラのLTE対応USBドングル「PIX-MT110」を壁面に挿してみました。

PIX-MT110にも折りたたみ式のUSBコネクタが搭載されていますが、このUSB充電器を使うことで、より出っ張りの少ない給電環境が実現できました。

このUSB充電器のおかげで、シンプルすぎるLTEルーターが爆誕してしまいました。

さて、SwitchBotのハブミニにもこのUSB充電器を使ってみます。

ハブミニにこの変換コネクタを挿すことで、USB-Aのコネクタを出すことができます。

SwitchBotハブミニを挿してみました……一見上手くいったように見えますが……

USBコネクタの向きが、想定の逆だったようで、ACプラグ側にハブミニがはみ出してしまいました……。壁面コンセントに挿すのは厳しかったです。

というわけで、このUSB充電器が薄すぎるがゆえ、こうしたミスマッチが起きてしまいました……。デバイスを直結したいと考えている方はお気をつけください。

↓SwitchBot ハブミニのUSBコネクタの向きにあったUSB充電器を購入してみました。

まとめ

スマートデバイスやIoT機器もゆくゆくUSB-Cに移行していくはずですが、現在は過渡期ということなのでしょう。小電力・超小型のUSB充電器をお探しの方は、在庫があるうちにぜひ手に入れてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX