\ 最大10%ポイント追加! /

Keychron XDA Profile PBT Retro Keycap Set レビュー/理想のK2・K6キーボードを作る!

  • URLをコピーしました!

Keychron K6にもレトロマックキーキャップを……

Keychron K2向けに作られた交換用キーキャップの「Keychron PBT Retro Mac Keycap Set」。K2向けに発売されたものをK6用に流用して使っています。

K6は4列構成の65%レイアウト(キー数が少ない)なので、fn1とfn2に対応したキーコンビネーションが異なる……というデメリットはあるものの、不足しているキーも無く、ふつうに使えています。

しかし、K6向けのRetro Mac Keycapを求める声が多かったのか、K6向けも正式に発売されました。

INDEX

XDAプロファイルのレトロMacキーキャップセットが登場!

Keychron K6向けの交換用キーキャップは3種類あります。(2021年1月時点)

  1. Keychron XDA Profile PBT Retro Keycap Set
  2. Keychron OEM Profile PBT Retro Keycap Set
  3. Keychron K6 Keycap Set

※各製品名はKeychronの製品ページにリンクしています。
今回はこの3種類のうち、1のXDAプロファイルのキーキャップをレビューしています。(2はK2の記事で、3はK6の記事でそれぞれレビューしています)

K6 XDA Profile PBT Retro Keycap Setをレビュー

これまでのキーキャップセットとは、全く異なるデザインのパッケージ……。Keychronの表記はなく、汎用的なパッケージなのでは……。

パッケージを開けると、キーキャップが2段になって収納されていました。

XDAプロファイルのキーキャップは、少し丸みを帯びています。

Keychron K6キーボードに換装してみました。カラーリングがかっこいい。

XDAプロファイルのキーボードは、キートップに丸みがあるので、柔和な印象を受けます。

f1とf2のコンビネーションキーの印字もK6キーボード専用です。アイコンや印字もデザインが変更されています。

同じカラーリングを持つ、OEMプロファイルと比べてみましょう。

K6用のレトロMac風キーキャップ、OEMとXDAどっちがいい?

K6用のレトロMac風キーキャップには、OEMプロファイル(写真上)とXDAプロファイル(写真下)の2種類があります。

キーキャップをよく見ると、OEMプロファイルは寒色よりの白で、XDAプロファイルは暖色よりの白です。

※上の写真で使っているOEMプロファイルのキーキャップはK2用のものを流用しています。

キートップの形状を見ると、OEMプロファイルは角ばっています。

一方、XDAプロファイルはキートップが丸っこく仕上がっています。

そして、OEMプロファイルとXDAプロファイルの大きな差は、キートップの高さにあります。

OEMプロファイルは行ごとにキーの高さが異なります。(K2用の流用なので、K6用とは少し違うかもしれません)

一方、XDAプロファイルはキーの高さが一定なので、フラットなキーボードになります。

傾斜があった方が打ちやすいという方はOEM、フラットな方が打ちやすいという方はXDAを選ぶといいのではないでしょうか。(Magic Keyboardを使っている方は、XDAプロファイルの方が使いやすいです)

素材はどちらもPBTなので、耐久性は変わりないはずですが、表面処理はやや違います。OEMはサラサラした手触りです。XDAプロファイルには微かなざらつきがありました。

とはいえ、じっくり触ってみて気づく程度の違いなので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

まとめ

それぞれのプロファイルに特徴があるので、デザイン的にはクールなOEMと、ウォームなXDAという違いですが、やはり段差の違いは大きく、フラットなキーボードに慣れた身としては、XDAプロファイルの方が馴染みました。

K2、K6をお持ちの方はぜひデザインカスタマイズに挑戦してみてください!

下記のリンクから10%OFFのクーポンコードをゲットできますので、よかったら使ってください!

他のKeychronキーボードもレビューしています。下記のリンクからどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる