SENNHEISER

SENNHEISER ヘッドセット PC 8.2 USB レビュー/有線接続で安定動作、テレワークに使える高音質ヘッドセット!

ゼンハイザーの得意分野は「コンタクトセンター&オフィス」?

ドイツの音響機器メーカーである「SENNHEISER(ゼンハイザー)」。ヘッドホンやイヤホンなどのオーディオ機器が有名ですが、同社のサイトを見るとグローバルメニューは次のように並んでいます。

  • ヘッドホン
  • プロオーディオ
  • コンタクトセンター&オフィス
  • ビジネスコミュニケーション
  • サポート

ゼンハイザーはコンタクトセンターやオフィス向けのヘッドセット販売で大きなシェアを持っており、サイトやカタログには有線や無線、オンイヤー型やアラウンドイヤー型のヘッドセットが多数ラインナップされています。

これってテレワークには最高なのでは……と、一つ買ってみることにしました。

ゼンハイザーの有線ヘッドセットを使ってみる

今回、会社で使うためのヘッドセットを探していたんですが、家庭で使うのとは違い、オフィス内は様々な電波が飛んでいます。そこで信頼性を優先して、今回はUSBヘッドセットを購入しました。ゼンハイザーの新製品、PC 8.2 USBです。

ゼンハイザーのゲーミングヘッドセット GSP370もレビューしています。こちらは家で大活躍中です。

SENNHEISER GSP 370 ワイヤレスゲーミングヘッドセット レビュー/低遅延&100時間駆動、驚くほどクリアな音質!ワイヤレスゲーミングヘッドセット、すごい テレワークが長くなってくると、Web会議や打ち合わせが多くなって、ヘッドセットの利用頻度が上...

ゼンハイザー PC 8.2 USBをレビュー

ゲーミングヘッドセット GSP370のパッケージとは異なり、シンプルなクラフトパッケージです。

中身は、ヘッドセット PC 8.2 USBとマニュアルだけ。

PC 8.2 USBを包むビニールが硬めのものだったのが印象に残っています。

USBケーブルは長めになっており、ケーブルの途中にコントローラーが備えられています。

ヘッドバンドには、SENNHEISERのロゴ。

マイクブームアームは、左耳側にあります。アームバンドの内側に格納できます。

マイク使用時には、マイクブームアームを引き出します。

PC 8.2 USBはヘッドセットとして、そこそこお値段はするんですが、作りはとてもシンプル。高級感はありません。

サイズの調整は、ヘッドバンドの内側にあるレール上を移動させることで行います。

ヘッドバンドの左右は回転するようになっています。

イヤーパッド部分は、内側に90度回転するようになっています。

イヤーパッドを取り外してみると、スピーカーユニットがあります。GSP370を使っていると、こういったところがちょっと安っぽい作りだと感じます。

ケーブルの途中にあるコントローラーは、音量ボタンと、ミュートボタンになっています。PCで操作せず、手元でワンタッチで操作できるのは便利です。

ミュート中は赤いLEDが点灯します。Microsoft Teamsで使っていると、アプリケーション上のミュート機能と連動していることが分かります。

MacBook AirとはUSB-A to USB-C変換アダプターを介して接続します。macOS側からはUSBオーディオとして認識されるので、ドライバーやアプリケーションのインストールは不要です。ZoomやMicrosoft Teams、Google Meetで問題なく使えました。

実際にテレカンで使ってみたところ、さすがゼンハイザー!と納得してしまう高音質でした。相手先の音声がクリアで立体的に聞こえるので、聞き取りやすく、マイクについても「とても綺麗に聞こえる」と高評価でした。

なお、USB-C変換アダプターを使うことで、iPad Proでも使用することができます。

まとめ

マイクもスピーカーもとても音質がよく、ゼンハイザー製のヘッドセットがコンタクトセンターで採用されるのも納得の高品質です。あえて難点をあげるとすれば、耳に乗せるタイプのオンイヤー型なので、長時間使用しているとちょっと耳が痛くなってくることでしょうか。といっても締め付けは緩やかなので、それほどキツくはないです。

なお、さすがのゼンハイザー製と言いましょうか……臨時で音楽用として使ってみたところ、並のヘッドホンを蹴散らすほどの迫力、高音質だったことを付け加えておきます。

本製品の他にも、完全ワイヤレスイヤホンやBluetoothトランスミッターなど、ゼンハイザー製品をレビューしています。
ゼンハイザー製品のレビュー記事

なお今回のPC 8.2 USBを含む新モデルとして、他にも「PC 5.2 CHAT」「PC 3.2 CHAT」がラインナップされています。これらの違いは接続方式で、以下のように分かれています。

  • PC 8.2 USB →USB接続
  • PC 5.2 CHAT →3.5mmジャック(4極接続)
  • PC 3.2 CHAT →3.5mmジャック×2(3極接続)

こちらの製品は今回レビューした「PC 8.2 USB」。USB接続です。

こちらの「PC 5.2 CHAT」は、Macのイヤホンジャックのように、マイクもイヤホンも両対応できる4極ジャック用のもの。Windowsマシンにも4極対応したものがありますが、メーカーにより対応はまちまち。スペック表を確認しましょう。

こちらの「PC 3.2 CHAT」はWindowsマシンでよく見る、グリーンとピンクの端子のようにマイクとイヤホンが分かれているもの用。Macでは変換アダプターが必要です。

ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ニンテンドースイッチのお役立ち記事


ニンテンドースイッチに関するレビュー記事をまとめています。

  • ダウンロード版ソフトをセール価格で買う方法
  • スイッチでワイヤレスイヤホンを使うには?
  • ワイヤレスイヤホンの音ズレを解消したい
  • 超小型ドック内蔵のACアダプターでコンパクトに持ち運ぶ
  • USB-Cハブでテレビに出力する

など、ニンテンドースイッチを使っていて困ったことを解消します!

ニンテンドースイッチ関連記事まとめ

ブラックフライデー&サイバーマンデー 11/27[金]9:00 - 12/1[火]23:59Amazon.co.jp >
+