Makuake

MadSpace Japan HyperDisk レビュー/世界最小最速クラスのSSD?各社SSDエンクロージャーと比較!

クラウド全盛でもローカルストレージは強い

iCloud DriveやGoogle One、Dropboxといったクラウドストレージが当たり前になってきた2020年代。便利ではあるものの、速度面ではPC/Macのローカルストレージには及びません。

まだまだ進化を続けるローカルストレージ。本記事ではその進化の一端が見られる製品を紹介します。

世界最小クラスの外付けSSDは、速度も最速クラス?

今回紹介するのは、クラウドファンディングサイトMakuakeでプロジェクトが公開された『HyperDisk』、最大2TBの容量を持つ外付けSSDです。世界最小クラスという本製品ですが、その小ささだけでなく、「世界最速クラス」も謳っています。(ちなみに、2TBの製品だけ全長が長くなっています)

今回、HyperDiskのサンプル品をご提供いただいたので、レビューしてその実力を測ってみます。

MadSpace Japan HyperDiskをレビュー

今回ご提供いただいたのはサンプル品のため、パッケージは割愛します。

付属していたのは、HyperDisk本体に、USB-C to USB-Cケーブル、USB-C to USB-Aケーブルです。(付属品・外観など、出荷時のものと異なる場合がありますので、ご了承ください。)

これがHyperDisk本体。指先でつまめるほどの小ささ。この中に高速・大容量のSSDが詰まっているのです。(なお、今回は512GB版をレビューしています)

重量も非常に軽く、なんと34.9gしかありません。USBメモリよりちょっと重い、そんな感覚でしょうか。

端子はUSB-Cのみ。ポートの横にLEDインジケータがあります。

厚みを測ってみたところ、10.6mmしかありません。スマホと同じくらいの薄さです。

HyperDiskの小ささ・薄さ・軽さは十分に分かっていただけたでしょうか。

外付け2.5インチHDDと比較して小さいこと!

分かりやすい比較対象として、わが家に転がっている、2.5インチの外付けHDD・HDDケースと並べてみました。中央にあるのがHyperDiskです。大きさが全然違いますね。

写真左にあるのが、バッファローのMiniStationという製品です。10年近く前に購入した外付けHDDで、1TBの容量があります……が、隣にあるHyperDiskは容量半分とはいえ512GBあるんですよね。(1TBモデルも同じ大きさです)

とはいえ、旧世代のHDDと比べても仕方ありません。ここはやはりSSD同士で比較してみましょう。

HyperDiskを各社のSSDエンクロージャーと比較してみる

わが家にある、SSDエンクロージャー(SSD外付けケース)とサイズを比較してみましょう。写真中央がHyperDisk、写真上がTransced TS-CM42S、写真下がASUS ROG STRIX ARIONです。各社のSSDエンクロージャーと比べても見劣りしない小ささです。

とはいえ、どのSSDエンクロージャーも小さいので、iPhone 11 Pro Maxと比較してみましょう。存在感のあるROG STRIX ARION(写真左)でさえ、iPhoneと比べるとかなり小さく、HyperDisk(写真右下)にいたっては存在感を感じさせません。

それでは、各社のSSDエンクロージャーも含めて、MacBook Air上でのスピードテストを行ってみましょう。MacBook Airに搭載されたUSB-Cは、USB3.1 Gen2対応なので、理論値での転送速度は1.25GB/秒(≒10Gbps)ですが、この数値にどこまで迫れるでしょうか。

測定は、macOS上のBlackmagic Disk Speed Test(Mac App Store)でベンチマークを5分間回し続けてその結果と、合わせてSSDエンクロージャーの表面温度を測ってみます。

超小型エンクロージャ、Transcend TS-CM42S

まずは、Transced製TS-CM42Sです。こちらは、M.2 SATA3のSSDを内蔵できるSSDエンクロージャーです。HyperDiskほどではありませんが、こちらも十分に軽量・コンパクトです。

TS-CM42Sのレビューはこちらから。

Transcend M.2 SSD エンクロージャー TS-CM42S レビュー/M.2 2242のSSDを活用!余ったM.2 SSDを外付けSSDにする 先日、超小型PCのGPD MicroPCの内蔵SSDを大容量の512GBに換装したんですが、...
結果としては、Write(書き込み)は300MB/秒超え、Read(読み込み)は500MB/秒超え、と外付けSSDとしてはまずまずの結果となりました。

表面温度は、ほんのり温かくなっていて、35.4度。

TS-CM42Sは、M.2の中でもコンパクトな2242規格のSSDを内蔵するためのコンパクトなエンクロージャーなので、速度はそこそこ、その代わり圧倒的に小さいのが特徴です。

ゲーミングSSDエンクロージャ、ROG STRIX ARION

次は、ASUS製のROG STRIX ARIONです。NVMe M.2 SSDを内蔵できるSSDエンクロージャーです。ROGはASUSのゲーミングブランド。速度と放熱性が重要なゲーミングジャンルに特化したSSDエンクロージャーということで、期待しましょう。

ROG STRIX ARIONのレビューはこちらから。

ROG STRIX ARION レビュー/最速1GB/sを叩き出す!最強のゲーミングSSDエンクロージャーあらわる!ゲーミングデバイスは仕事でも使える? ゲーミング◯◯◯と名の付くデバイスは、ゲーミングPC、ゲーミングマウス、ゲーミングキーボードなど...
ベンチマークはこちら。NVMe M.2 SSDを内蔵しているだけあって、外付けSSDとしては爆速。Writeは900MB/秒に近く、Readは900MB/秒を超えています。(ちなみに、上記のレビュー記事でのWindows上のベンチマークは1GB/秒を超えていました)

驚くべきはその冷却性能。これだけの速度を出しながら、27.5度までしか上がりません。触ってもひんやりした感触が残っています。

ゲーミングSSDとしての高速性・冷却性をいかんなく発揮した結果になりました。

HyperDiskをベンチマーク

そして、本記事の主役であるHyperDiskです。果たして、その性能はどうでしょうか。

Writeは800MB/秒超え、Readは900MB/秒を超える好結果となりました。ゲーミングSSDであるROG STRIX ARIONに迫る値です。

表面はほんのり温かく、30.6度でした。

いずれもゲーミングSSDであるROG STRIX ARIONに次ぐ好成績でした。

まとめ

いい意味で予想を裏切る結果となりました。めちゃくちゃ速いじゃないですか。最大2TBの容量を持つSSDでありながら、転送速度も速いという十分な性能。それに加えて、圧倒的な軽量・コンパクトさ。

HyperDiskをMakuake特別価格で購入できるのは2020年4月3日までです。

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
MadSpace Japan HyperDisk
評価
41star1star1star1stargray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ニンテンドースイッチのお役立ち記事


ニンテンドースイッチに関するレビュー記事をまとめています。

  • ダウンロード版ソフトをセール価格で買う方法
  • スイッチでワイヤレスイヤホンを使うには?
  • ワイヤレスイヤホンの音ズレを解消したい
  • 超小型ドック内蔵のACアダプターでコンパクトに持ち運ぶ
  • USB-Cハブでテレビに出力する

など、ニンテンドースイッチを使っていて困ったことを解消します!

ニンテンドースイッチ関連記事まとめ

Amazon新生活セール 開催中 3/30[月] 23:59までセール会場>>