\ 最大10%ポイント追加! /

MagSafe 2互換USB-C充電ケーブル レビュー/USB PDで旧MacBook Airを充電するが……

  • URLをコピーしました!

MagSafe 2電源アダプタ忘れるとヤバい問題

会社から支給されているMacBook Airが、USB-C以前のMagSafe 2電源アダプタを使用するモデルなのです。
新型コロナウイルス対策でリモートワーク期間に入っているんですが、会社にMagSafe 2電源アダプタを忘れたので、急遽代替品を探したのです……。

INDEX

USB-Cケーブルだけど、MagSafe 2なケーブル?

ノートPCの電源アダプタといえば、主流はUSB PD対応のUSB-C充電器です。MagSafe 2でUSB PDが使えればいいのに……とはいえ一応探してみると、USB-CからMagSafe 2へ変換するケーブルがありました。マジか……こんなものあるのか。

規格的には微妙なやつだよな、これ……と思いつつ、利便性の誘惑には勝てず、買ってみました。

MagSafe 2 to USB-C充電ケーブルをレビュー

パッケージ自体は簡素なもの。

中には長めのケーブルが1本。電源ケーブルらしく、ちょい硬め・太めの仕上がりです。

ケーブルの両端はUSB-CとMagSafe 2になっています。ケーブルの手触りがApple製品ぽい仕上げなので、まあ、大丈夫かな……なんて思ってしまいました(錯覚)。

問題はこのあとです。USB PDに対応したUSB充電器を使わないと、MacBook Airの消費電力をまかなえません。
MacBook Airに付属しているMagSafe 2電源アダプタは45W出力のもの。これ以上の出力を持つ充電器を使いましょう。

USB PD対応のUSB充電器は出力の大きいものを選ぶ

今回このケーブルと組み合わせて使用したのは、AnkerのUSB PD充電器PowerPort Atom III 2。最大60W充電可能なこのUSB充電器ならば、MacBook Airを充電できるだろうと。

Anker PowerPort Atom III 2のレビューはこちらから。

給電は問題なく進み、MacBook Airは充電状態になっています。システムの情報を確認すると「ワット数(W):60」と表示されていました。

念のため測定してみると、20V 1.5Aで30W出力していました。

測定時、満充電に近い状態で使っていたので、出力は抑えられていたのかもしれません。

その後、バッテリーが50%以下に減ったところで再度測定してみました。

すると、不安定な挙動が確認できました。20V 1.5A(30W)から、20V 2.25A(45W)に電流が増えていく途中で、電力がストップ(0A)。すぐに電力供給を開始する、というループです。MacBook Air側も一瞬充電がストップして、また充電が始まるという、規則的に不安定な状態。

USB充電器をAukey PA-Y10に変えたところ、こちらも同じような挙動。ただ、Mac側では充電状態が維持できているので、バッテリーは充電され続けています。

まとめ

いろんなものに目をつぶって使ってみると、とても便利なケーブルです。その出自を考えると、常用というよりも非常用に使うのが良さそうですけど。

MacSafe 2電源アダプタはけっこう高いので、使うかわからない予備を買うくらいなら、このケーブルがあると安心ではないでしょうか。

とても魅力のある製品ではありますが、ご利用は自己責任にて。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる