Amazon 新生活SALE 開催中!3/5(火)23:59まで

DIVAID LEDライト付き防水バッテリー レビュー/IP65準拠の防水防塵、LEDライトは10時間、カラビナ付属!

  • URLをコピーしました!
※makkyon webはAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得て、運営費に充てています。予めご了承ください

モバイルバッテリーも用途特化の時代へ

今やコンビニでも買えるようになったモバイルバッテリー。容量の大小や、バッテリーの薄さ厚さだけでなく、ケーブル内蔵型やワイヤレス充電対応型など、様々な機能が付加されています。しかし、今回紹介する製品はさらに尖った特徴を持つ製品のようです。

INDEX

アウトドア向けのモバイルバッテリー

Hameeから登場したのが、DIVAID防水バッテリーです。容量は5,000mAhながら、なんとIP65に準拠した防塵防水のモバイルバッテリーです。

使うシチュエーションを選ぶモバイルバッテリーですが、ハマる人には救世主になる製品です。

DIVAID LEDライト付き防水バッテリー レビュー

購入してみました。製品自体は写真で見るとスリムな形状をしていますが、パッケージは大きめです。

カラーはブラック・シルバー・レッドと3色あり、今回はレッドを選びました。

パッケージに、特徴がアイコンで描かれていますが、容量5,000mAh・防水・LEDライト付き・カラビナ付属、となっています。

防水防塵のスペックはJIS保護等級の「IP65」となっており、粉塵は完全に保護されており、濡れてもいいが、水に沈めてはいけない、というスペックです。また、モバイルバッテリーの販売に必要な「PSE適合」も明記されています。
パッケージはオモテ面が開くようになっています。店頭で見かけた際には、開いて確認することができます。

開封してみます。内容物としては、取扱説明書(日本語)、キャップ、防水バッテリー、カラビナ、MicroUSBケーブル、となっています。

防水バッテリーは、円筒型をしています。左側のLEDインジケーターが25%刻みで充電量を示し、右側の電源ボタンを押すことでLEDインジケーターの点灯・消灯を行うことができます。こういった操作系は従来のモバイルバッテリーと同じです。
防水バッテリー自体は、iPhone XS Maxと同じくらいの高さがあります。

アルミ製ながら、重量は194.8gと大型のスマートフォンに近い印象です。

5,000mAh級のモバイルバッテリーとしては重いですが、「堅牢な道具」という感想を持ちました。

LEDライトは頼もしい大光量

防水バッテリーの片側にはLEDライトが仕込まれています。モバイルバッテリーの中には、非常用として小さなLEDが仕込まれているものもありますが、本製品のLEDライトは大口径で、主要な機能として装備されています。

電源ボタンの長押しで点灯・消灯が可能です。

点灯すると、まばゆい光を放ってくれます。スペック上の仕様としては約200ルーメン。

このLEDライトは連続点灯時間10時間ということで、アウトドアで利用することを考えても十分な点灯時間と言えます。

モバイルバッテリーの防水防塵を実現する「キャップ」

LEDライトの反対側には、USBポートが備えられています。MicroUSBポートはモバイルバッテリーへの給電用、USB-Aポートは外部出力用です。

ただ、このむき出しのポートだと、防水も防塵も実現できません。そこで使われるのが、付属の「キャップ」です。キャップにはパッキンが付いていて、しっかり締めれば防塵・防水が実現できる、というわけです。

このキャップには、カラビナが掛けられるようになっています。USBポート側に取り付ければ、防水防塵のモバイルバッテリーの完成です。

USBポートを利用して給電を行う場合には、キャップを取り外し、LEDライト側を取り付けます。

それでは、カラビナを付けた際の運用方法を見てみましょう。

カラビナ付きで持ち運びの自由度アップ

モバイルバッテリーにカラビナを付けるというアイデアはすごくいいです。アウトドア用という名目ですが、日常的にもモバイルバッテリーを持ち運ぶシチュエーションを考えたら、ベルト穴に掛けるという選択もアリです。

もちろん、バックパックのベルトに取り付けるのも本来の使い方でしょう。

カラビナを使うと、自然とUSBケーブルが下に落ちる形になるため、モバイルバッテリー使用時にケーブル負荷がかかって断線するようなこともありません。

QUAD LOCKのiPhoneケースとBELT CLIP V3を組み合わせると、アウトドアでもハンズフリーが実現できますね。
https://www.makkyon.com/2019/04/24/quad-lock-iphone/

Ankerのケーブルを組み合わせるのがオススメ

モバイルバッテリーを充電する際には、付属のMicroUSBケーブルを使うのもいいんですが、Anker PowerLine+ Micro USBケーブルが色合い的にもぴったりでした。

一応、オススメということで。

まとめ

競合の少ない「アウトドア向けモバイルバッテリー」というカテゴリーの製品です。LEDライトにカラビナと使うシチュエーションがよく考えており、日常的にも持ち歩きたくなるモバイルバッテリーです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX