買った理由はケブラーでもナイロンでもなくポーチ!「Anker PowerLine+ Lightning/microUSBケーブル」0.3m/0.9m/1.8mをレビュー!

Lightningケーブル、何本持てばいいんでしょうね。「ケーブルに合わせて用途を考えてしまう」くらいには廃ガジェッターだと認識していますけども。
今回、Ankerから新しく発売されたLightning/microUSBケーブル。

なぜ買ったかといえば、防弾仕様の高耐久ケブラー素材……とか、2重編込の高耐久ナイロン素材……とか、なんか男前な理由ではなくて、フェルト製ポーチ付属という乙女な理由。
でも、考えてみてください、カバンの中にケーブル入れるとき、どう入れます?こんな感じで雑に結んじゃうと意外とかさばるし、結束バンドを使ったら使ったで、コネクタの金属が他のものを傷つけてしまう。

今回購入したのは、30cmと180cmのmicroUSBケーブル、90cmのLightningケーブル3本。いずれも赤黒のツートンカラーです。ところで、このパッケージ、いつものブルーカラーじゃない!

よく見ると、商品名がシルバーの箔押し。プレミアムな感じ……!

3つとも開封します。

ここで気をつけてほしいのは、ポーチ付きは90cmと180cmのみだということ。30cmと3mは結束バンドなので、間違えないようにね!

ポーチ付きはブランドものの財布のような装い。

しかし、ポーチのレビューの前に、ケーブルそのものも見ていきましょう。同社のナイロンケーブル(左)、Apple純正ケーブル(右)に比べて、コネクタ部はやや太め。

USB側もそれなりに、やや大きい。

それでは、ポーチにいきましょう。90cmと180cmモデルに付属しているのはサイズ違いのポーチ。

タグは別素材。なんか新鮮。

素材はフェルトなので、さわり心地は柔らかいかと思いきや、やや硬めの触り心地。コーヒーとかこぼしたら一気に暗黒面に落ちるので気をつけて。

開く。マグネットで留まっているので、余計なパーツがなくてシンプル。ケーブルを巻いてしまうと、すっぽり収まる(写真は180cmのmicroUSBケーブル)。

両端を出すと、長いケーブルもすっきり使える。カニ型。

ヤドカリ型。使い方は用途に応じて。

もちろん、他のケーブルを入れてもいけます。まずはAnkerのナイロンケーブル。

次にApple純正ケーブル。

組み合わせでいくと、Android+microUSBケーブル+モバイルバッテリー

iPhone+Lightningケーブル+モバイルバッテリー

というわけで、このポーチはかなり汎用性が高いことが分かります。カラーバリエーションでポーチだけ別売りしてほしい!

この記事を保存&シェアするなら……