Bluetooth

Delux Navee M618X レビュー/その姿、ジオングかよ……!巨大MA級のMac用エルゴノミクスマウス

疲労を軽減するマウス“エルゴノミクスマウス”

以前に、エルゴノミクスマウスをレビューしました。エルゴノミクスマウスは、腕のひねりを少なくしてくれるので、使っているうちに肩こりが軽減されるというメリットがあります。

perixx PERIMICE-608 レビュー/肩コリ解消?Bluetoothワイヤレス エルゴノミクスマウスの◯と×!エルゴノミクスマウスは肩コリに効く? オフィスワーカーのみなさん、肩こってませんか?その肩コリ、もしかしたらマウスのせいかもしれません...
Logicool MX VERTICAL アドバンス エルゴノミック マウス レビュー/この傾きはクセになる!2018年はエルゴノミックマウスが流行り? パソコン用のマウスって、変わらないようでいて、時代ごとにいろんな流行りがあるんですよね。B...
その形状ゆえ、最初は戸惑いますが、慣れると使いやすいことこの上ありません。

クラウドファンディング発のエルゴノミクスマウス

ちょうどエルゴノミクスマウスに興味を持ち始めたころ、クラウドファンディングサイトKickstarterにあるマウスが登場しました。それが今回紹介する「Delux Navee」です。

Delux Navee – Best Ergonomic Mouse for Longterm Comfort
製品の出荷は今年1月末ごろから始まったのですが、Mac版だけ遅れていました。待つこと約3ヶ月、和暦が令和に変わる直前、ようやく届いたのです。

Delux Navee M618Xをレビュー

ブルーカラーが綺麗なパッケージです。ただ……

盛大に凹んでおります……日本のショッピングサイトだったら即返品ものですね……(価格が価格なので、中身に問題なければ気にしません)

パッケージ裏面に、スペックが記載されています。基本機能をサポートするOSとして「Mac OS(正確にはmacOSですね)」が含まれていますが、for softwareにmacOSは含まれていないので、ボタンを拡張する場合には他のアプリケーションを使う必要があります。

こちらが、内容物。取扱説明書とUSBケーブル、Delux Navee M618X本体が入っていました。

Delux Navee M618Xはとにかく巨大なマウスです。女性の手には余るのではないでしょうか。こちらは右手人差し指側から見たところ。これ自体が手のように見えてくる形状です。

親指側から見たところ。内側は柔らかな曲面を描いています。ジオングだなって思いました。

ジオング。
ガンプラ HGUC 1/144 MSN-02 ジオング (機動戦士ガンダム)
(改めて見ると、あまり似てない罠)

マウスとしてはMA(モビル・アーマー)級に巨大なDelux Navee M618Xですが、重量は230.5gもあります。ただ、体積もそれなりにあるので、使っている時には重いと感じませんでした。大きさの割には軽い印象です。

それもそのはず、金属部分がほとんどなく、悪く言ってしまうと「安っぽい」のです。でも、質感を高めてメタルパーツなんか使った日には重くなってしまうので、実用性を重視すれば、これが正解ですね。

指先側から見たところ。下に見える銀色のノブは、角度調整のために回して緩めたり締めたりします。

手首側から見たところ。ここまでご覧になってお分かりかと思いますが、下にある台座まで含めてマウスです。

右手で覆ってみます。私の手は成人男性としてはちょい大きめくらいで、持った感じはちょうどいいです。添えるだけ、といった感じで、自然に持てます。
底面はマウスと思えないほど広い。四隅にはビニールが貼ってあるので剥がしましょう。このまま使うとうまく滑りません。

本製品は、有線(USB)・無線(Bluetooth)・無線(USBドングル)の3つの接続方式が選べます。

ドングルは底面に収納できるので、使わないときはしまっておきましょう。

Delux Navee M618Xにクローズアップ

Delux Navee M618Xは、内蔵のバッテリーで動きます。銀色のノブのすぐ近くにUSB-Cポートがあります。

Delux Navee M618Xはスクロールホイールが変則的です。通常のマウスは2ボタンの間にホイールがありますが、これは左ボタンの上にあります。人差し指で回すのは変わりませんが、慣れが必要です(半日使うと気にならなくなりました)。

なお、横に押すことができ、ホールクリックと同じ働きになります。

親指の腹で押せる位置に、カスタマイズ可能なボタンが2つあります。通常ですと「進む」「戻る」とか割り当てたくなりますね。(ノーマルな状態のMacではこのボタンは反応しません)

左右ボタンの間に、スイッチが見えます。スクロールボタンではありません。DPI切り替えスイッチです。4段階で切り替えが可能です。

手の腹が当たる部分には、うっすら模様が浮き出ています。

台座の下にも模様がありました。

それではDelux Navee M618Xの本領を発揮していきましょう。

エルゴノミクスマウスとしての角度調整

Delux Navee M618Xの最大の特徴は、この角度調整をするための銀色のノブ。左右に回して緩めたり締めたりできます。緩めることによって、マウス自体の傾きを調整できるようになります。

こちらが、最大限に「縦」にした状態。

こちらが、最大限に「寝かせ」た状態。

写真でみるとわずかな違いに感じるかもしれませんが、実際に握ってみるとこの傾きの差は意外と大きいです。自分にちょうどいい位置を探しましょう。

ロジクールのマウスと比較

一般的な大きさのマウスとして、ロジクールのトライアスロンマウス M720と比較してみます。上から見ただけでも、その大きさが分かってもらえますよね……

Logicool トライアスロン マルチデバイスマウス M720 レビュー/このマウスはOptionsで神進化する!最高のBluetoothマウスを探す旅は続きます。今回見つけたのは、新発売のLogicool M720 Triathlon。ハイエンドの...
トライアスロンマウスも、モバイルというほど小さくはありませんが、それでもDelux Navee M618Xと比べると、大人と子供という印象があります。

なお、接続中は赤く光ります。ゲーミングマウスのようです。派手ではないですが、オフィスで使うと、やや目立ちますね。
そんなわけで届いてから10日ほど使い続けています。初日こそ、戸惑いが大きかったものの、2日目以降はわりと普通に使えていて、変則的なスクロールホイールも、意外とこっちの方が正解では?と思うほど馴染んでいます。

なお、macOSで使う場合には、キーへの機能割り当て用の純正アプリケーションが無いため、BetterTouchToolのような他社アプリケーションを使う必要があります。

BetterTouchTool is a great, feature packed app that allows you to customize various input devices on your Mac.
Currently BetterTouchTool supports:
folivora.ai – Great Tools for your Mac!

私は、BetterTouchToolで側面のボタンに「戻る」と「LaunchPad」を割り当てています。

まとめ

注目度抜群のエルゴノミクスマウスです。
見た目ほど使いにくくもなく、馴染んでくるとむしろ逆に使いやすいマウスだと感じます。とはいえ、使う人はめちゃめちゃ選ぶと思いますけどね。安っぽい感じは否めませんが、そこは軽さとトレードオフなので、全然OKです(価格も安いし)。

なお、Delux Navee M618XはKickstarterで入手したもので、日本では正式に販売していないようです。本製品以外にも多数のメーカーからエルゴノミクスマウスが出ていますので、興味のある方は探してみてください。
Amazonでエルゴノミクスマウスを探してみる

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
Delux Navee M618X
評価
31star1star1stargraygray
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
MacBook&ノートパソコンスタンドのオススメ


肩こりや眼精疲労のもとになりがちなノートパソコンでの作業……、疲労を軽減・効率を上げてくれるノートパソコンスタンドを、利用シーン別に4つのカテゴリに分類し、それぞれにオススメの製品をご紹介しています。
ご自分の利用スタイルをもとに、一度検討してみてください。
MacBook&ノートパソコンスタンドのオススメ