SHURE換装可!MMCXでBluetooth&有線OKなハイレゾイヤホンADVANCED MODEL 3をレビュー!

以前に、MMCXコネクタのBluetoothイヤホンをレビューしたのですが、SHUREのイヤホンをワイヤレスで使える便利さにハマってしまうと、さらに上を求めてしまいます。

SHUREのイヤホンをBluetoothでリケーブル?5000円以下で買えるMMCX端子搭載のイヤホン OKCSC DD4をレビュー!

2017.03.26
次はSONYのMUC-M2BT1か、WestoneのWST-BLUETOOTHに手を出すべきかなと思っていたんですが、ADVANCEDからちょっと変わった製品が出るということで、こちらを購入してみました。

こちらがADVANCEDのMODEL 3のパッケージ。左下にハイレゾのマークと、製品名の下に「HIGH-RESOLUTION WIRELESS IN-EAR MONITORS」とあります。ワイヤレスでハイレゾ……?で迷いが出ると思いますが、その謎は後ほど。

内箱を開くと、箱の下半分がキャリングケースに占められていることがわかりました。イヤホンには見慣れないパーツが繋がっていることが分かります。これは一体なんだ?

キャリングケースを取り出すと、はみ出したケーブルたちが踊っておりました。ああ、なんだか面倒な雰囲気がするぞ…(気のせいでした)

キャリングケースの中に入っていたものも含め、内容物の一覧。一つ一つ見ていきましょう。

こちらは、MMCX端子の付いた3.5mmケーブル。「有線で聴く」場合はこちらのケーブルを使います。

それから、イヤーピースが形状記憶のものも含めて、2種×3サイズ。ここにない1セットは本体に取り付けられています。キーカラーでもあるグリーンが鮮やかです。

Bluetoothケーブルユニットを充電するためのケーブルにもグリーンがあしらわれています。ケーブルにもこだわるメーカーの姿勢は好きです。

そしてこちらがBluetoothケーブル。想像していたBluetoothケーブルの形状と違うな……。(なお、チップにCSR8645を採用しており、aptXにも対応します。Bluetoothのバージョンは4.1。)

macOS SierraでaptXを有効にしてみたところ、問題なくaptXで接続できました。(チップ単位でのaptX対応を謳いながら、実はaptXで繋がらないメーカーの製品もありますので、お気をつけください)

このBluetoothケーブルのキモはこの「CHARGE」マークが印字されたユニットにあります。

ここが2つに割れます。マグネットでくっついているため、片手でも外すことができます。

ユニットの短い方にMicroUSBポートがあり、ここにケーブルを挿して充電します。

この妙な形のケーブル、このユニットを首の後ろで接続することで、ネックレスのように使うんです。従来の首かけ型のBluetoothイヤホンに慣れていると違和感ありまくりなんですが、慣れるとこっちの方が利点がありました。

首の後ろに充電用のユニットが来ますが、逆に胸の前に来るのがこのペンダント型のリモコン。電源ボタンを挟んで2つのボタンがあり、3ボタンのコントローラーとなっています。

ハウジングがパターン入りのクリア素材なので、中のドライバが微妙に見えてるのがカッコいいですね。

このBluetoothケーブルと有線接続用のケーブルは、合わせてキャリングケースの中に収めることができるため、Bluetoothケーブルの電源が切れても有線に切り替えて使えます。

Bluetoothケーブルの独特な取り付け方には面食らいましたが、1週間ほど使っていると、衣擦れやケーブルのバランスの点でこちらの方が便利に思えて来ました。さて、肝心の音質はどうでしょうか。

BluetoothケーブルでSHURE SE425と聴き比べてみた

MMCXで接続できるBluetoothケーブルということで、MODEL 3とSHURE SE425を換装して聴き比べてみました。

ワイヤレスの評価方法として、iPhone 7 Plusのミュージックアプリを使用。音源は全てApple Music及びiTunes Storeで販売しているもの。音の評価は、◎(超いい!)、○(いい!)、△(微妙)、×(最悪)の4段階にしました。あくまで個人の主観です。参考にAirPodsを入れています。結果は下記の通り。

CQCQ
(神様、僕は気づいてしまった)
月曜日戦争
(吉澤嘉代子)
ようこそジャパリパークへ
(どうぶつビスケッツ×PPP)
美女と野獣
(アリアナ・グランデ、ジョン・レジェンド)
ADVANCED
MODEL 3
(Bluetooth)

音圧はややマイルド。解像感はよく、クリアな音を響かせてくれる。低音もそれなりに出ているが、角が取れたような丸さがあるので、迫力がもう少し欲しいと感じる。

キラキラした音を鳴らしていて、不思議と曲の世界観に合っているように感じる。音場はクリアで、空間を感じることのできる解像感を持っている。

細かな音までよく聴こえ、さらにマイルドな音たちが重なり合って、騒がし楽しい曲調にうまく合っている。解像感の良さゆえかな。

冒頭の静かな立ち上がりから、盛り上がりまで緩やかに丁寧に聴かせてくれる。音圧は弱いが、繊細な音のエッジが心地よい。
SHURE
SE425
+
Bluetooth
ケーブル

Bluetoothとは思えない解像感を出してくれる。高音の抜けが今ひとつながら、解像感の良さと低音の迫力でカバーしているため、曲自体の魅力を損なうことなくバランスのいい音を提供してくれている。

豊かな音色と踊るようなメロディーラインがうまく表現できていて、ワイヤレスであることを感じさせない音場の広がりを作り出している。

解像感の良さから、ボーカルの重なりがうまく出ており、楽しい曲調に仕上がっている。ただ、Bluetoothでは解消できない「低音の底」に届いてしまう感触があり、SE425の性能ゆえにBluetoothの限界も感じる。

ピアノを始め、楽器の音のキレがよく、安心して世界に身を委ねることができる。一方で、ボーカルの解像感にはやや不満が残る。
Apple
AirPods
(参考)

クリアな音場を提供するAirPodsらしく、細やかなストリングスからハイトーンなボーカルまで音の重なりを感じることができる。ただ、低音に迫力がないので、物足りなさを感じる。

音色が豊かではあるものの、この曲の世界観を形作る、音色の豊かさを表現するには、各音の弱さが際立ち、物足りなさがある。

透明感のある女声の重なりがうまく出ており、けものフレンズの世界観をうまく感じ取ることができる。

アリアナのゆったりとした出だしを綺麗に聴かせてくれる。美しいボーカルが響き渡る。一方で低音がまろやかに聞こえてしまい、もう一歩押し出しが欲しいところ。

MODEL 3とSE425で同じ曲を聴き比べたところでは、このBluetoothケーブルの素性はよく、素直な音出しをしてくれているよう。あとはドライバーの性能次第というところなので、MMCX対応のBluetoothケーブルとして、購入に値します。

LightningケーブルRMCE-LTGでSHURE SE425と聴き比べてみた

有線接続時にはハイレゾに対応するMODEL 3。ドライバそのものの性能を比較するため、SHURE純正のMMCX-Lightningケーブル「RMCE-LTG」で聴き比べを行ってみました。

LAMあり!SHUREユーザー待望!MMCXコネクタ搭載の純正Lightningケーブル「RMCE-LTG」をレビュー!

2017.05.22
音源に用いるのは、mora.jpやe-onkyoで購入したハイレゾ音源。DSDを1種類とflacを2種類、iTunesで買ったAACを1種類、合計4種類。ハイレゾ音源はiPhoneアプリのONKYO HF Player、通常音源はミュージックアプリで再生しました。音の評価は、◎(超いい!)、○(いい!)、△(微妙)、×(最悪)の4段階にしました。あくまで個人の主観ということで。

チュニジアの夜
(HANK JONES)
DSD
2.8MHz/1bit
HF Player
スター・ウォーズ
(John Williams)
flac
192kHz/24bit
HF Player
リライト
(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
flac
96.0kHz/24bit
HF Player
Another Day of Sun
(La La Land Cast)
AAC
44.1kHz/16bit
ミュージック
ADVANCED
MODEL 3

RMCE-LTG

音場の底を覗き込むような深みと、低音域の解像感とキレの良さが相まって、世界が形作られていた。ピアノの鍵盤の重みまで感じられるような表現力、空気を震わすドラムの重なり。すべてが心地よい。

映画館の大音響で聴いているかのような迫力、まさにこれから映画が始まるのだという興奮を呼ぶ、幕開けにふさわしい空間を作り出してくれる。

突き刺すような出だしと、続けざまの腹に響くドラムの震動にこの曲の持つパワーを感じさせてくれる。そして、サビに至るまで音の厚みをしっかりと描き出している。

冒頭のピアノの鍵盤の揺れまで表現する解像感が心地よい。遠くで鳴っている細かい音まで繊細に音のエッジを描き出している。ハイウェイの上でキャストが踊り出すあのオープニングが蘇る。
SHURE
SE425
+
RMCE-LTG

音ひとつひとつの繊細さが際立つ。伸びやかなサックスの音の余韻を感じることができる。音が活き活きと軽やかなステップを踏みながら踊っているよう。

ホールの観客席中央でオーケストラを聴いているような音の広がりを感じる。楽器がもたらす空気の震え、音の重なりといった空間を感じられる。

これだ。厚みのあるオープニングから、疾走感のあるメロディーライン、力強いサビまで、初めてリライトを聴いた時の衝撃が蘇るような新鮮な衝撃を感じられる。

音の際が研ぎ澄まされ、キャストたち一人一人の声とその後ろの音も活き活きと、映画のカラフルさを表すように彩り豊かな音場を作り出す。まさにラ・ラ・ランドの世界そのものだ。

結論、全部よかった。MODEL 3のハイレゾ対応は伊達ではなく、SHUREのRMCE-LTGの性能の良さもあって、SE425とはまた違った「本物の音」を出してくれるイヤホンでした。

まとめ

makkyon
購入から約1ヶ月。通勤で使う際には、SE425より音の軽めなMODEL 3が活躍しています。MMCXなBluetoothケーブルを試すつもりが、MODEL 3の音の良さに感心してしまう結果に。
SHUREにこだわらないのであれば、MMCX端子入門編として、ハイレゾもBluetoothも楽しめるMODEL 3は超オススメです!

ABOUTこの記事をかいた人

都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!