Bluetooth

周囲の音がよく聴こえる!モバイルバッテリーが付属!?JabeesのBluetoothイヤホン「AMPSound」をレビュー![PR]

世の中にBluetoothのワイヤレスイヤホンは数多く存在しますが、有線イヤホンを上回る音質を持つものはそう多くはありません。それはSONYやBOSE、Appleといった有名なメーカーでさえ同様で、代わりに独自コーデックやノイズキャンセリング、AirPodsに代表される左右独立の完全ワイヤレスといった優位性をアピールしています。
(将来的には、Android8.0で採用される予定のLDACや、aptX HDなどのハイレゾ向けコーデックが普及することで、少しずつ状況が変わってくるとは思います)

今回紹介するAMPSoundも、他にはないユニークな機能が備わっています。3つの特徴を順に説明していきます。

※本レビューにあたり、センスアビリティ株式会社様より商品サンプルをご提供いただきました。

イケメンパッケージです……。ボックスは直方体で、ワイヤレスイヤホンとしては大きい方です。かなりしっかりしたボックスなので、値段なりの安心感があります。

マグネット式のパッケージを開くと、AMPSound本体が姿を現します。透明な殻があるわけではないので、そのまま取り出せます。

内容物の一覧。イヤーピース、イヤーフック、MicroUSBケーブル、キャリングケース、マニュアル一式、AMPSound本体、そして小さく細いドライバーが1本付属しています。

イヤーピースとイヤーフックは、AMPSound本体に付属しているもの以外に、各種サイズのものが揃っています(イヤーピース2種×3サイズ、イヤーフック1種×3サイズ)。イヤーピースを取り替えることで、フックなしにもできます。

こちらがAMPSound本体。Bluetoothイヤホンなので、ケーブルは左右のユニットをつなぐ1本だけ。ケーブルの余りを調整するパーツが付いています。

左右の各ユニットは、金属製の凸ばったデザインです。このシンプルなデザインがかえって男心をそそります。

左右のユニットは、マグネットで吸着が可能になっています。

見た目に大きそうな印象を受けますが、SHUREのSE425(左上)、AppleのAirPods(下)、AMPSound(右)と比べても、特別大きいという印象はありません(大きいといえば大きいのですが)。

AMPSound自体の重さも19.3gしかなく、一般的なBluetoothイヤホンと変わりはありません。

右耳側にあるリモコンで、便利だなと思ったのは電源のON/OFFスイッチ(メーカーロゴ右横)です。安いBluetoothイヤホンは、電源ボタンを押し続けることで電源のON/OFFを行いますが、AMPSoundはスイッチ式になっているため、即時電源を入れることができます。そのほかにマルチファンクションボタン(写真右下の「M」の刻印があるボタン)がありますが、この説明はまた後ほど。

ところで、Bluetoothイヤホンをよく使う方ならお気づきかと思いますが、このリモコン部分には充電用のMicroUSBポートがありません。ユニット側にあるのでしょうか?いえ、このイヤホンのユニークな機能の一つは、この充電方式にあります。

さて、デザイン上のアクセントにもなっているのが、左右の各ドライバーに取り付けられたドラム型のカプセル。

これ、実は回すことで取り外しが可能です。カプセルの内側には円周上に金属端子があります。こうすることで取り付け時に、接点の位置を気にしなくてよくなるわけですね。

左右に取り付けられたこのカプセル、マニュアルには「battery capsule(バッテリーカプセル)」と表記があります。しかし、MicroUSBで充電するようなポートはどこにもありません。

特徴1:バッテリーケース

そこで登場するのが、このキャリングケース。一般的なイヤホン用のキャリングケースに比べると四角く、かなり大ぶりです。

重さは159.5gと、スマホ一台分くらいの重量があります。

開けてみると、左側に見慣れない凹みがあります。右側にイヤホンを入れるのですが、ちょっとした上げ底感があります。下には何があるのか。

ここまでお読みいただいた方なら想像がつくと思いますが、ここには……

左右のバッテリーカプセルがはまります。ケース左上の電源ボタンを押すことで給電が始まります。1時間半で満充電が可能です。

キャリングケースを見ると、側面には入力用のMicroUSBポートと、出力用のUSB Type-Aポートがあります。なぜ出力用のポートがあるのかというと……

もちろんモバイルバッテリーとして活用できるのです。これは一石二鳥!!!なお、バッテリーカプセルは各50mAhしかないのに、バッテリーの容量は3,000mAhもあります。イヤホンを充電する傍ら、iPhoneを充電することに何の問題もありません。

iPhone 7 Plusへの出力をチェックしてみたところ、5V/1A以上の給電ができていました。急速充電とまではいかないものの、標準のACアダプタ以上の給電ができていることが分かります。

特徴2:アンプ内蔵による迫力のサウンド

次に音質をチェックしましょう。他のワイヤレスイヤホンと比較してみました。再生環境はMac上のiTunesを使用、Bluetooth ExplorerでaptXをONにした状態で始めます。

AMPSound以外に比較に使用したのは、言わずとしれた完全ワイヤレスイヤホン「AirPods(レビュー記事)」、エントリークラスとの比較用として「OKCSC DD4(レビュー記事)」を使用しました。

結果は下記の通り。※有線イヤホンの時は、「◎・◯・△・×」で評点をつけていましたが、Bluetoothイヤホンは音質の差異が大きいため(同じ「○」でも差が激しくなる)、この採点方法は使っていません。

CQCQ
(神様、僕は気づいてしまった)
月曜日戦争
(吉澤嘉代子)
ようこそジャパリパークへ
(どうぶつビスケッツ×PPP)
美女と野獣
(アリアナ・グランデ、ジョン・レジェンド)
Jabeee
AMPSound
(aptX)
やや音がこもりがちな傾向があるものの、迫力あるオープニングから、スピードに乗ったメロディーラインが綺麗に聴こえる。低音域の押し出しが頼もしい。 音場の広がりを感じることができる。音色の一つ一つが生き生きとしている。ただ、高音域は頭を押さえられているようで、もうひと伸び欲しいところ。 低音が強く迫力はあるものの、女声がうまく分離できていないようで、けものの集合感が出ていないのが残念。 アリアナ・グランデの美しい歌声と、ジョン・レジェンドの力強い歌声のハーモニーに迫力がある。一つ一つの音に強さがある。
Apple
AirPods
(AAC)
クリアな音場を提供するAirPodsらしく、細やかなストリングスからハイトーンなボーカルまで音の重なりを感じることができる。ただ、低音に迫力がないので、物足りなさを感じる。 音色が豊かではあるものの、この曲の世界観を形作る、音色の豊かさを表現するには、各音の弱さが際立ち、物足りなさがある。 透明感のある女声の重なりがうまく出ており、けものフレンズの世界観をうまく感じ取ることができる。 アリアナのゆったりとした出だしを綺麗に聴かせてくれる。美しいボーカルが響き渡る。一方で低音がまろやかに聞こえてしまい、もう一歩押し出しが欲しいところ。
OKCSC
DD4
(SBC)
冒頭からボーカルの強さが出ている。全体のスピード感と畳み掛ける音場がうまく出ている。この価格帯の製品で言えば、十分に低音は出ているのだが、上記2製品と比較すると弱さは否めない。 一音一音にクリアさはあるものの、音の重なりに弱く、解像感に欠けた印象を受ける。全体的に音が弱い。 ボーカルの解像感はあるものの、高音の伸びが足りないのか、消化不良感がある。 全体のバランスはよく、この価格帯のイヤホンとしてはがんばっている印象がある。

AMPSoundは、AirPodsと比べると音がややこもりがちですが、Bluetoothイヤホンとしては珍しい力強い低音の押し出しを感じます。これもアンプ内蔵の所以でしょうか。

特徴3:補聴機能

そして、実は本製品の最大の特徴は音楽再生能力ではなく、“補聴”機能にあります。写真右下の「M」ボタン(マルチファンクションボタン)を長押しすることで、音楽再生と補聴機能を切り替えることができます(併用は不可)

この機能をONにすると、少しだけサーというノイズが入り、周辺の話し声・環境音などがよく聞こえるようになります。例えば、電車のホームでこの機能を使うと、背後1〜2mで話している会話もよく聞こえますし、家の2階で使うと、階下の話し声もよく聞こえます。日常の聴力にプラスアルファされ、自分の聴覚が広がる感じです。

一方、補聴機能といっても医療機器としての「補聴器」ではないため、あくまで日常生活における聴力のサポートだと思ってください。
本製品のレビューにあたって、補聴機能が必要となりそうな「難聴」について調べてみたのですが、難聴にもレベルがあり、軽度難聴と呼ばれるものだと「騒がしい中で会話が聞き取りにくい」「離れたところから呼ばれても気づきにくい」といった症状で、自覚しづらく人から指摘されて気づくことが多いようです。

ちなみに付属品一覧で紹介した小さく細いドライバー、これは補聴機能のデフォルトのボリュームを増減させるもの。バッテリーカプセルを取り外してから使います。

まとめ

makkyon
モバイルバッテリーと補聴機能を持つ、ちょっと異質なBluetoothイヤホン。
使いどころがハマれば、唯一無二の存在として絶大な力を発揮してくれそうです。
ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
9/27(木)まで!【プライム会員限定】 音楽を聴くと500ポイントプレゼントAmazon Music Unlimited
+