\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

安いモノにはワケがある……充電とイヤホンが同時利用可能なLightningアダプタRC-LEC7Wをレビュー!

  • URLをコピーしました!

iPhone 7/7Plusで充電とイヤホン出力を同時に行おうとした場合、先日レビューしたBelkinのLightning Audio + Charge Rockstarのような変換アダプタが必要です。ただ、この製品は税込でも5,270円(購入当時)と非常に高価です。

もっと安くて使い勝手のいい製品があればいいのに……と思って探してみたところ、下記の製品を見つけました。Lightningポートを分岐するのではなく、USB充電とイヤホン出力に特化したアダプタのようです。Belkinの約1/6の価格……。


ルートアール iPhone7/7 Plus iOS10.1対応 充電可能イヤホン出力ケーブル ホワイト RC-LEC7W

さっそく購入してみました。Amazonプライム対象の商品だったので、翌日には到着。秋葉原で吊るしで売られているようなパッケージです。「音楽を聴きながら♪ 充電できる変換ケーブル」とポップな感じに書いてありますが……注意事項がいろいろあるようです。

裏面を見てみると、注意事項が赤字で書かれています。
要約すると

  • 充電に時間がかかる
  • 将来的に使えなくなるかも
  • イヤホン側のコントローラやマイクは使えない
  • 音質は良くないかも

とのこと。

それでは、使ってみましょう。写真ではUSB端子をACアダプタに繋いでいますが、この短さではコンセント周りに限られてしまうため、使いづらいです。逆にモバイルバッテリーと一緒に使うのであれば、この短さがちょうどいいですね。

BOSEのイヤホンを使って、BelkinのLightning Audio + Charge Rockstar(イヤホンはLightning-ヘッドフォンジャックアダプタ経由)と比較してみたところ……

  1. 充電は問題ない
  2. 音楽はクリアさが消え、少しこもるような感じ
    →BOSEのイヤホンとは思えない
  3. 音量調節が極端で、音量がやや小さい→ちょうどいい→大きい→爆音という感じで実質2段階くらい
    →Rockstarはもっと滑らかに調節できる
  4. 注意書き通り、イヤホン側のコントローラーは無反応
    →再生/停止や音量調整はiPhone側で行う

「ミュージック」アプリで出力メニューを表示してみると、下記写真のように表示されていました。RC-LEC7WはUSB2.0 Deviceと表示されており、iPhone側からは音楽をデジタル出力しているだけ。本来であれば変換アダプタ側のDACで調整するべき音質・音量が雑な処理になっているということでしょう。

iPhoneで使えるDAC・ポタアン(ポータブルアンプ)についてもレビューしていますので、よろしければどうぞ。

お値段なりに注意すべきところはあるものの、音質は気にしない・モバイルバッテリーと組み合わせたい・安く済ませたい、という要望なら、オススメできる製品です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX