LightningケーブルとUSBケーブルまで内蔵!?OLALAの7,500mAhモバイルバッテリーをレビュー![PR]

「ケーブル内蔵」っていう響きに弱いんですよね。荷物は極力減らしたい。そしてスマートに収納したい。過去にもLightningケーブル・コネクタ内蔵のモバイルバッテリーをレビューしてきました。

わずか59グラム&薄さ7ミリ!超小型のMOCREOモバイルバッテリーなら胸ポケットにも余裕でイン!

2016.04.13

モバイルバッテリーは“ケーブル内蔵”が最高!au謹製のiPhone専用バッテリーは三洋製?

2013.12.19
今回は、それらを容量で上回る製品です。しかも、内蔵しているのがLightningケーブルだけではないという……

※本レビューにあたり、OLALA様より商品サンプルをご提供いただきました。

「7500mAh」の文字が目立つパッケージ。

説明の日本語がたどたどしいのですが、それゆえに読みたくなってしまうのです。「責任を負わないんです」って言っちゃうんだ。

裏面に製品の特徴が明記してあります。この翻訳に味がある。

さて、製品を見ていきましょう。内容物は、マニュアルとMicroUSBケーブル、モバイルバッテリー本体というシンプルな構成です。

iPhone 7 Plusと比較して見ます。表面積はだいぶ小ぶりです。

しかし、重さは約210g。iPhone 7 Plusより重いのです。

厚さもそれなりにあって、17.8mm。

側面には電源供給ボタンがあって、一回押すと、LEDが4段階でバッテリー残量を知らせてくれます。

さて、どこにケーブルが内蔵されているのかと言えば……

ここです。指でフタをスライドさせるとケーブルが出てきます。

しかも2本。iOSデバイスに給電するためのLightningケーブルと、バッテリー自身を充電するためのUSB-Aケーブルです。

Lightningケーブルから給電することもできますが、空いているUSBポートにLightningケーブルを挿すことで、iPadへの5V/2.4A供給も可能です。その横のMicroUSBポートはバッテリーへの充電用です。

内蔵されたUSB-Aケーブルからも充電できます。バッテリーへの供給口が2つもある!

iPhoneとAndroidへの同時供給も可能です。どちらも充電状態になっています。

Android側への供給値はこんな感じ。QuickCharge対応ではありません。

同じUSBポートにLightningケーブルを挿して、iPhone 7 Plusを繋いだところ。供給量は約5V/1Aと標準的。

それにしても、7500mAhという容量ながら、このケースにケーブルを2本とも収めてしまうのは嬉しいところ。カバンに常時放り込んでおいてもよさそうなバッテリーでした。

この記事を保存&シェアするなら……