Anker

MP3プレイヤーからFMラジオまで!Ankerの多機能なBluetoothスピーカー Sound Core miniを詳細レビュー!

Anker製の小型Bluetoothスピーカー

Ankerから新たなスピーカーが発売されたということで、購入してみました。

※後日、さらに小さいSoundCore nanoも買ってみました。

Macと合わせるのもアリ?コンパクトすぎるスピーカーAnker SoundCore nanoをレビュー!AnkerからiPhoneのカラーリングに合わせた超コンパクトなスピーカーが出ていたので、購入してみました。 ...
安定のAnkerパッケージ。

内容物は多国語マニュアルと、充電&アンテナ用のMicro USBケーブル、そしてSoundCore mini本体となっている。

SoundCore mini自体は、片手でつかめるほどのコンパクトさ。

重量も196.4gと、200g切りの軽さ。

スイッチや端子類は下部に並んでいる。左端がモード切り替えスイッチ、押すごとに再生モードが切り替わる(後述)。次いで、バッテリー表示のLED。電源スイッチ。3.5mmAUX入力(外部入力)。充電用のMicro USBポート。見えていない右端にmicroSDカードスロットがある。

SoundCore miniの特徴は多彩な再生モード。この小ささに4つの再生モードが搭載されている。

A. Bluetoothモード

まずは、iPhoneなどスマホと接続するためのBluetoothモードがある。これはもう、説明の必要もないだろう。前面の再生/停止ボタンや音量調整(+/-)、曲戻し・曲送り(+/-の長押し)ができる。

PTM-BTLLTにペアリングして調べてみたところ、SBCで接続されているようだった。(テレビの音声は音ズレするのでオススメできない。)

音ズレ解消!テレビの音声をBluetoothで飛ばすBTトランスミッターPTM-BTLLTをレビュー!先日、AukeyのBT-C1でテレビの音声をワイヤレスBluetoothスピーカーで聴くことにチャレンジしたんですが、音ズレがあるため、...

B. AUXモード

次は、外部入力モード。iPhoneからオーディオケーブル(別売)でつなぐもよし、Macなどの外部スピーカーにするのもいい、最も汎用的に使えるモードだろう。ただし再生/停止などの操作はデバイス側から行う必要がある。なお、MacとMicro USBでつないでもデジタル出力はできない(ただの充電になる)

C. SDカードモード

ここからはAnker製品としては珍しい機能。音楽ファイルを保存したmicroSDカードを差し込むことで、ミュージックプレイヤーとして動作するのだ。ただし、使えるmicroSDカード、カードフォーマット、音楽ファイルに制限がある。これについては後ほど検証してみる。

D. FMラジオモード

FMラジオも聴ける。ただし、Micro USBケーブルがアンテナ代わりになるので、これを差しておかないと「サー」というノイズしか聞こえない。まっすぐ伸ばしておいたほうが受信感度は良かった。選局は+/-ボタンを長押ししてサーチするだけなので、どのFM局につながっているか、視覚的に確認することはできない。

検証:SDカードモードの○×

ここで気になったのはSDカードモード。iTunesに貯まった音楽ファイルを大容量microSDカードに入れておけば、簡易ジュークボックスになるじゃないですか。しかし、いろいろ制限はある様子。手持ちのmicroSDカードを使って、いろいろ検証してみた。

マニュアルに書いてある制限事項は下記の通り。

  • 対応カード:class 4またはそれ以上のmicro SDカードに対応(最大32GB)
  • 対応フォーマット:MP3、WMA、WAV等

microSDカードをフォーマットする上で確認しておいたほうがいいのがファイルシステム。とはいえ、下記の表を見てもらえばわかる通りなので、特殊な事情でNTFSやHFS+を使っているのでない限りは問題ない。

対応ファイルシステム(microSD)

対応していないファイルシステムでフォーマットしたmicroSDカードを入れると、何も反応しない。exFATはMac/Windows双方の簡易フォーマットで試した。NTFSはWindowsで、HFS+はMacでフォーマットした。

FAT FAT32 exFAT NTFS HFS+
× ×

64GBのmicroSDXCカードをexFAT、FATでフォーマットしてみたが認識しなかった。

対応音楽ファイル

混在したカードを挿入した場合、対応しない曲はスキップされる。音楽の再生順はファイル名で決まる。シャッフル再生やリピート再生は無い。

.mp3 .wma .wav .m4a .aiff .flac
× ×

このうち、flacが再生可能だったのは意外。flacファイルといえば、ハイレゾ音源として配信されているもの。ハイレゾ再生可能とすれば話が変わってくる。というわけで、flacファイルを更に細かく分類してみた。

対応flacファイル

44.1kHz/16bit 48kHz/24bit 96kHz/24bit 192kHz/24bit
× ×

ハイレゾ音源として再生できたのは、48kkHz/24bitのフォーマットだけ(moraで購入したものがそのまま再生できた)。

まとめ

まっきょん
まっきょん
機能面に関するレビューばかりになってしまったけど、スピーカーの音質は非常にいい。中音域を中心に音質は非常にクリアで、FMラジオのリスニングが楽しくなった。この大きさからは考えられないほど大音量で鳴るし、コンパクトなBluetoothスピーカーが欲しい人にはオススメ。この価格でFMラジオやミュージックプレイヤーまで付いているのだから。唯一、防水対応でないことが惜しい(そこまで望むのは贅沢かな?)
Anker SoundCore mini 2 レビュー/お風呂場スピーカーに最適、IPX7対応の超小型防水スピーカー登場!小型スピーカーSoundCore miniが防水対応でリニューアル! AnkerのSoundCore miniといえば、今から2年前の...

他社製だけど、SoundCore mini用のキャリングケースが出てるみたい。

ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ニンテンドースイッチのお役立ち記事


ニンテンドースイッチに関するレビュー記事をまとめています。

  • ダウンロード版ソフトをセール価格で買う方法
  • スイッチでワイヤレスイヤホンを使うには?
  • ワイヤレスイヤホンの音ズレを解消したい
  • 超小型ドック内蔵のACアダプターでコンパクトに持ち運ぶ
  • USB-Cハブでテレビに出力する

など、ニンテンドースイッチを使っていて困ったことを解消します!

ニンテンドースイッチ関連記事まとめ

Amazon 夏先取りSALE 6/6[土] 9:00 - 6/8[月] 23:59までセール会場>>