Anker

お風呂場スピーカーに最適!Anker製のIPX7対応小型防水スピーカーSoundCore mini 2をレビュー!

小型スピーカーSoundCore miniが防水対応でリニューアル!

AnkerのSoundCore miniといえば、今から2年前の2016年夏に登場した、小型のBluetoothスピーカーです。その小ささに似合わない力強いサウンドを鳴らすだけでなく、FMラジオが聴けたり、microSDカードスロットを備え単独で音楽プレーヤーとして使えるなど、妥協のない機能を備えた高コスパスピーカーです。

あわせて読みたい
MP3プレイヤーからFMラジオまで!Ankerの多機能なBluetoothスピーカー Sound Core miniを詳細レビュー!Anker製の小型Bluetoothスピーカー Ankerから新たなスピーカーが発売されたということで、購入してみました。 ...
そんなSoundCore miniが防水対応になりSoundCore mini 2としてリニューアルしました。

AnkerのSoundCore mini 2をレビュー!

注文した当日に届くというAmazonプライムパワー全開のスピード感でした。Anker製品は昔からよく買っていますが、当初のシンプルなパッケージから、どんどん洗練されたものになっていってます……。

パッケージ側面にも「Fully Waterproof(=完全防水)」を謳う力の入れっぷり。IPX7に対応しているので、この画像にあるように水に沈めることも考慮されています。

外気と水中の温度差が5度未満の環境で、約1mの深さに一時的に30分間沈めても動作に影響がでない機器に対してIPX7の表示が認められる。
IPX7 | 用語集 | KDDI株式会社

内容物は、SoundCore mini 2本体と、マニュアル類、充電用のMicroUSBケーブルです。

iPhone X(写真右)と比べて分かる通り、かなりコンパクトなスピーカーです。

初代SoundCore miniと同様に、軽く片手で持てるサイズ感に仕上がっています。

SoundCore mini 2の上面は、初代と異なり、全面がスピーカーグリルになっています。

音の拡散を促すためなのか、底面には初代になかったスリットがあります。

ボタン類は防水対応のためか、各アイコンがエンボス加工されています。

外部入力用のAUX端子と、充電用のMicroUSBポートは、分厚いゴムパッキンのフタで隠されています。つまり、ここをちゃんと締めないと防水能力が発揮できないということ。閉め忘れにご注意ください。

左端のボタンを押すと、LEDが白色に光ります。これで電源が入ります。

Bluetoothのペアリングは、右端のボタンで。LEDが青く点滅しているときはペアリング待ち、点灯するとペアリング完了です。

また、このBluetoothボタンを長押しするとLEDが白色に点滅します。これは2台のスピーカーを1セット(LR)として扱う完全ワイヤレスシステム(TWS)のためのもの。1台で使う分には関係ありません。

初代SoundCore miniとSoundCore mini2の比較

併売されている初代のSoundCore miniと、本製品がどう違うのか、比較してみましょう。

サイズと装備の比較

左が初代SoundCore mini、右がSoundCore mini 2です。一見して分かる通り、mini2の方が一回り大きいです。

重量を測ってみます。初代SoundCore mini(写真左)は196.4g、SoundCore mini 2(写真右)は204.4g。

上面から見たところ。初代(写真左)はANKERロゴがあったり、スピーカーグリルの周りに縁があったりしますが、mini 2(写真右)は全面がスピーカーになっています。

続いて底面を見てみます。初代は外周が滑り止めになっていますが、mini 2は滑り止めが中央に寄り、周縁にスリットが入っています。おそらく下からも効率よく音を流すためでしょう。

背面を見てみると、初代(写真左)は端子類が並びますが、mini 2は防水対応のためゴムパッキンで覆われてスッキリしています。

初代とmini 2はスタイルも大きさも似ていますが、音の強化と防水対応という観点で、全く違う思想で作られている製品だということが分かります。

コーデックを確認する

Bluetoothで聴くスピーカーということで、気にしなければならないのがコーデックです。製品ページで触れられていないので、aptXをONにしたMacBookで検証してみます。(正確性を期すため、aptXを無効にした状態でも接続を行いました。)

まずは、初代SoundCore mini。こちらはSBCで繋がっています。

続いて、SoundCore mini 2。こちらもSBCで繋がりました。

aptXは無いだろうと思っていましたが、AACでもありませんでした。

スペック比較

初代SoundCore miniと、今回のSoundCore mini 2の性能を比較表にしてみました。


SoundCore mini 2

SoundCore mini
発売月 2018年5月 2016年7月
スピーカー 6W 5W
Bluetooth 4.2 4.0
コーデック SBC SBC
重量(実測) 204.4g 196.4g
連続再生時間 約15時間 約15時間
防水対応 IPX7 ×
AUX IN
MP3再生 ×
microSD ×
FMラジオ ×
Amazon価格
(2018年5月現在)
3,999円 2,399円

防水を求めるなら最新のSoundCore mini 2でしょう。安さやmicroSD・FMラジオなどの付加機能を求めるなら初代SoundCore miniということになります。

スピーカーとしての性能をチェック

初代SoundCore miniとの差は?

Bluetooth接続にて聴き比べ。初代もその大きさに似合わない迫力のある音を鳴らしていたけど、SoundCore mini 2はさらに低音が強化されている。映画のサントラなども、設置したテーブルを震わせるほどの迫力ある音を出してくる。初代も悪くないが、SoundCore mini 2の方が明らかに実力は上。

お風呂場スピーカーとしての性能は?

本製品の最大の特徴は、水に沈めても問題ないIPX7の防水性能。さすがに湯船に沈めることはしなかったが、シャワーがかかっても何の問題もない。SoundCore mini 2の性能とバスルームの反響が相まって、非常に満足のいくリスニングルームになった。

AUX IN(外部入力)での性能は?

Bluetooth接続での出力はSBCとは思えないほどいい音で鳴っていたけど、BluetoothでそれならAUXでもいい音が鳴るのではと期待してしまう。MacBookと有線接続してみた。

Bluetooth接続の限界だった高音域と低音域の狭さが解消され、非常にクリアな音が流れるようになった。

なお、ここで使用しているステレオケーブルは、Amazonベーシックのもの。1本あると何かと便利。

まとめ

まっきょん
まっきょん
もともと完成度の高かった初代から、手堅くバージョンアップしてきた印象のあるSoundCore mini 2。防水対応になったことで、活躍の場が広がった。初代も併売されているようなので、用途に応じて選べるのは非常にいいこと。初めてのBluetoothスピーカーにも最適だし、2台目、3台目需要にも応えてくれるはず。
いい製品に仕上がっています。強くオススメ!

他社製だけど、キャリングケースもある。

ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!