\ 最大10%ポイント追加! /

Macと合わせるのもアリ?コンパクトすぎるスピーカーAnker SoundCore nanoをレビュー!

  • URLをコピーしました!

AnkerからiPhoneのカラーリングに合わせた超コンパクトなスピーカーが出ていたので、購入してみました。

いつものAnkerパッケージ。

こちらが今回購入したSoundCore nano。

SoundCore nano本体以外には、マニュアル、充電用のMicroUSBケーブルと、イヤホンジャック接続用のMicroUSBケーブル、そして持ち運びのためのハンドストラップが付属しています。

指でつまめるサイズ感。かわいい。

底面は滑り止めになっています。電源ON/OFFもここから。

背面にあたる面には、充電用のMicroUSBポートとLED。

ストラップ用の穴は、横から底へ通すような構造になっています。この穴はマイクも兼ねているようです。

この通りぶら下げることができます。

コンパクトではありますが、金属製なので(ずっしりとまではいきませんが)それなりの安定感があります。その重さも約80g。

しかし、iPhone 7 Plusと並べると、この通りのコンパクトさ。Bluetoothでつないで音楽を鳴らしてみました。この小ささから想定した以上の音圧が出て、しかも音割れしないクリアな音だったりするので、感心しました。

以前に購入したSoundCoreシリーズの兄貴分、SoundCore miniと比較してもかなり小さい。

[kanren id=”4713″]
今回購入したモデルはスペースグレーだったんですが、ほとんどシルバーといってもいい色合い。iPhoneとではなく、意外とMacとの組み合わせの方がよかったりします。Macとつなぐ場合はイヤホンジャックに繋ぐことでアナログ入力もできますが、同時に充電ができません。MicroUSBで給電しつつ、Bluetoothで接続するのがオススメです。

ちなみに、Macで接続される方は下記を参考にしてみてください。

充電 スピーカー マイク
Mac(USB) ←→ SoundCore nano(MicroUSB) × ×
Mac(イヤホン) ←→ SoundCore nano(MicroUSB) × ×
Mac(Bluetooth) ←→ SoundCore nano(Bluetooth) ×
Mac(USB) ←→ SoundCore nano(MicroUSB)
Mac(Bluetooth) ←→ SoundCore nano(Bluetooth)

この小ささからiPhoneやiPadなどと持ち運ぶことを想定してしまいますが、底面の滑り止めがしっかりしていたり、ライン入力が可能だったり、マイクも内蔵しているので、Mac mini用の小型スピーカーとして活躍してもらっています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる