\ 楽天スーパーセール開催中! /

純正ケースとほぼ同じ薄さでICカード対応!iPhoneSE/5/5s用「Simplism NUNO バックケース」をレビュー!

  • URLをコピーしました!

iPhone SEが発売になって、最も盛り上がっているのは関連アクセサリー市場ではないでしょうか。新発売にも関わらず豊富なアクセサリーが出回っています。

今回購入したのは、SimplismのICカード対応のケースです。

パッケージの右下には、実際にケースの質感を確かめられるようになっています。ただし、ケースの一部分が露出しているのではなく、この部分にだけ素材の一部が貼り付けてあるのです。こだわりですね。

右上の表示には、iPhone 5seの文字。パッケージ上のシールにも「新iPhone 2016年春モデル」とあるので、正式な製品名は伝わっていなかったのだと思われます。こういった発見も、新発売ならではですね。

ところで、Simplismのパッケージの上には陳列用のフックがあるのですが、この形がちょっと妙なのです。実は、これ自体がケーブルマネージャーとして機能するようになっていました。ゴミを出さないように、細かいところまでよく練られているなと感心しました。

※Simplismを展開するTrinity社では「NuAns Neo」というWindows Phoneスマホを出した際にも、パッケージが貯金箱になるという仕掛けがありました。

さて、こちらがNUNOバックケース。Apple純正のレザーケースと比べると、持った感じがちょっとゴワっとしていて、プラスチックケースに合皮を貼り付けていることが分かります。

合皮レザーなので、革のような感触が楽しめます(ややツルッとしていますが)。

ケース自体の重量は、約16.2g。かなり軽く感じます。

そして、このケースを購入した最大の理由が「ICカード対応」であること。内部にはICカードを入れられるくぼみがあります。

SuicaやPASMOなどの交通系ICカードだけでなく、nanacoなどの電子マネーでも大丈夫(実際にこのケースを付けて、セブンイレブンで決済できることを確認しました)。

なお、エラー防止シートは付属していないので、これは別途購入しておく必要があります。

ここで、Apple純正のレザーケースと比較してみましょう。

Apple純正 iPhone SE用レザーケースのレビューはこちら。

ここで厚さを比較してみると、両製品にはほとんど差が無いことが分かります。NUNOシリーズはICカード対応であるにも関わらず、かなりの薄さを実現していることが分かります。

なお、ボタン・コネクタ周りは、ざっくり開いているので、イヤホンやLightningケーブルが干渉することはありません。

最後に、iPhone SEを合わせた状態での重さを計ってみます。NUNOバックケースの場合は約143.4g。←この中にはPASMOとエラー防止シートも含まれています。

Apple純正レザーケースとiPhone SEの場合。約135.5g。その差は約7.9g、持ってみてもほとんど違いの分からない重さです。

ICカード対応のケースながら、その重さを感じさせない作りは普段使いにバッチリです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX