\ 楽天ポイント最大10倍! /

MacBookで使えるか?DELLのBluetoothワイヤレストラベルマウス「WM524」をレビュー!

  • URLをコピーしました!

そろそろマウスを変えてみようかなと思って、DellのBluetoothマウスを買ってみました。

本製品はすでに販売されていません。このため、Amazon.co.jpで販売されている製品は正規品でない可能性、あるいは高価な並行輸入品の可能性があります(購入時の価格は3,379円でした)
INDEX
Google Workspace
Google Workspace

アジア市場向けの商品?

マウスの定番、ブリスターパックで届きました。

表記がアジアな感じで並んでいます。アジア市場向けなのでしょうか。

対応OSはWindows7/8/RTのようです。Macの表記はありません。

パッケージ解梱。マウス本体、単三乾電池2本、マニュアル、保証書などが入っています。保証書は中国語表記のものでした。

外観チェック

モバイル用途が考慮されているためか、本体はやや小ぶり。デルの製品らしく、黒とシルバーのシンプルなデザインです。

前面。アイコンで明示されているように、スクロールホイールは左右に動かすこともできます。

右側面にはサイドキーがあります。マウスの高さはそこそこあるので、ホールド感は良さそうです。

左側面も同じ位置にサイドキーがあります。

使用方法

上面カバーを外します。磁石でくっついているので、カバーを爪で引っ掛ければあっさりと取り外すことができます。

電池止めをスライドして外して単三乾電池2本をセットします。

接地面にペアリング用の電源ボタンがあるので、これを押しっぱなしにします。LEDが白いので、いまいち点灯しているのか分かりづらいです……。この後、MacBookのBluetoothメニューからペアリング。通常のマウスとして認識されました。

他社製品との比較

左からAppleのMagicMouse、本製品、MicrosoftのSculpt Comfort Mouse。本製品が一番小さいです。

続いて、厚さ。Sculpt Comfort Mouseもそれなりに高さがありますが、WM524も負けず劣らずといったところ。おかげでホールドしやすいです。

使ってみた感想

いいところ

単三乾電池2本を使っている割には軽い。小さい割に高さがあり、ホールド感はいい。また、クリック感の軽い感じは好きだ。どうやらロジクール製らしく、以前に購入したLogicool Wireless Mouse M280とよく似ている。

悪いところ

滑りすぎる。底面がゴムではなく、プラスチックなままなので、デスクの上でスルスル滑っていく。これはこれで好きな人がいるかもしれないが、ちょっと落ち着かない。

まとめ

マウスは好き嫌いが分かれやすいのだけど、モノとしては悪くない。トラベルマウスの名を持つけど、そこそこ体積があるのでモバイル用途には向かない気がする。ただ、少し小ぶりなので、手が大きい人は疲れるかも。
https://www.makkyon.com/2015/05/26/usb-c_mouse/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX