\ 楽天スーパーセール開催中! /

AnkerのBluetoothキーボードがリニューアル。前モデルとの最大の違いは超・軽量化!

  • URLをコピーしました!

世間的に、Anker社はモバイルバッテリーのメーカーかもしれませんが、私にとってはキーボードのメーカーになりつつあります。新しいBluetoothキーボードが出たと聞き、もちろん購入してみました。

宅急便かと思っていたのですが、日本郵便でさくっと届きました。

パッケージ。

いつもの「Thanks for choosing Anker!」箱はキーボードの大きさピッタリです。

実はこのキーボード、旧モデルが存在します。もちろんそのキーボードも持っているので、どこが変わったのが比較してみましょう。上が新モデル。下が旧モデル。幅が少し詰まっています。旧モデルはキーが角ばっていましたが、新モデルはキーが少しだけ丸みを帯びています。

裏面の比較。そこまで変わったようには見えません。

上が新型。ようく見ると、ペアリング用のBluetoothボタンが消えています。

上面を見ると、ファンクションキーに割り当てられているショートカットが変更されていたり、フォントが変更されていたり、細かくいろいろ変わっていることが分かります。(上が新モデル)

左下。裏面にあったBluetoothボタンは、「Z」ボタンに割り当てられました。

カーソルキーにもファンクションが割り当てられています。

細かな変更が加わっている新モデルですが、実は大きく変わっているのが、重量。以前、手持ちのキーボードの重さ比較をしたことがありましたが、6台のキーボードがあって、最軽量モデルは222gでした。

しかし、なんとこの新モデルはなんと乾電池込みで実測220g!旧モデルは298gだったので、新型は3/4も軽量化したことになります。持った感じも、電池が入っていないような軽さ。

Anker社のキーボード3モデル。上から、ウルトラコンパクト、新モデル、旧モデル。

なお、Ankerのキーボードはこちらもオススメです。キータッチは↓こちらのほうが優しい感じ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX