\ お買い物マラソン開催中! /

Apple Watchでピンバックルレザーの高級本革バンドを1ヶ月使ったら、なじみすぎてソロループバンドに戻れなくなった話

  • URLをコピーしました!

ピンバックルと本革バンドは相性がいい

先日、Apple Watchの本革のスリムウェーブバンドをレビューさせていただいたROOXさんから、「こちらのバンドもオススメですよ」と紹介されたのが、今回紹介する「ピンバックルレザー 高級本革バンド」です。

果たして、ソロループバンドの使いやすさにどこまで迫れるのか、まっさらな気持ちで使ってみました。

INDEX

Esalta ピンバックルレザー Apple Watch 高級本革バンドをレビュー

こちらがApple Watch用の交換バンド「Esalta ピンバックルレザー Apple Watch 高級本革バンド」です。

本レビューにあたり、製品サンプルをご提供いただきました。

Apple Watchの大きい方(45mm/44mm/42mm)と小さい方(41mm/40mm/38mm)の両方のサイズが用意されています。

カラーは「ブラック」「キャメルブラウン」「アイボリー」「ネイビー」「レトロキャメル」「サンドピンク」「ホワイト」の7色があり、今回レビューしているのは「キャメルブラウン」です。

ROOX Online(公式)で購入する際には「プラ削減」オプションという項目が選べます。これで簡易包装になり、「-150円」の値引きを受けることができます。購入の際にはぜひ。(詳細は下記のリンクから)

レビューに戻ります。私はApple Watch Series 6の44mmモデルを使っているので、大きい方のバンドを選びました。このサイズは、Apple Watch Ultra(49mm)にも対応しているそうです。

こちらが、ピンバックル レザー for Apple Watchです。

ピンバックルなので、金具はここだけ。金具の裏面は革素材で覆われていて、肌に直接金属が当たらないようになっています。

ピンで留めたら、残りのバンドはそのまま入れるだけ。Apple Watchのスポーツバンドと同じです。

Apple Watchに装着してみました。

Apple Watchとバンドを繋ぐコネクタの色は、シルバー・ブラック・ローズゴールドが用意されています。ピンバックルも同色。自分のApple Watchの色と合わせられるのがいいですね。

下記のような組み合わせになっているようです。

コネクタとピンバックルの色本革バンドの色
シルバーキャメルブラウン
ホワイト
ブラックブラック
ネイビー
レトロキャメル
ローズゴールドアイボリー
サンドピンク

ピンバックルで留めた後のバンドはこの穴に差し込みますが、その分、ちょっとだけ幅が広がっています。

左手首に装着してみました。使い始めなので、本革がちょっと硬め。

これまで使ってきたソロループバンドと同じ太さですが、本革そのものにちょっと厚みがあるので、重厚感が出ますね。

まだ革が硬いのでしっくりきてませんが、じわじわ馴染んでいくのが革製バンドのいいところです。

1ヶ月ほど使ってみることにしました。

ピンバックルレザー本革バンドを1ヶ月使ってみた

それまで使っていたのがスリムウェーブバンドだったり、ソロループバンドだったり、装着感の楽なバンドが多かったためか、デスクワークで使っているときはちょっと太くて気になる……というのが率直な感想でした。

気になっていたのは、キーボードを使っている時の感触です。少しだけ出ているピンが気になってしまうのでは?と思いましたが、意外と気にすることなく使えていました。

本革のバンドなので、使えば使うほど馴染んでいきます。ちょっと気になっていた硬さも、1週間もすると気にならなくなり、違和感なくフィットするようになりました。

そして、使い始めて約1ヶ月。本革は柔らかくなり、装着も手慣れて、このバンドを使うのが当たり前の日常になりました。オススメされるだけのことはあります。ピンバックルなので、ベルトを引っ張って装着しなくていいのも好感触です。

デスクの上で装着を待っていたソロループバンドを、そっと引き出しの奥にしまいました……。

Esalta ピンバックルレザー Apple Watch 高級本革バンドのまとめ

使うごとに馴染む本革の良さと、ピンバックルによる負担の少ない装着感と、いいことづくめなバンドでした。AppleWatchのバンドをアップグレードしたい方にオススメしたい製品です!

Esalta ピンバックルレザー Apple Watch 高級本革バンド
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ピンバックルによる装着感の良さ
  • 使うほどに馴染む本革製の質感
  • Apple Watchのカラーに合わせて選べるバンドの種類
デメリット
  • バンドが手首に馴染むまではちょっと硬い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX