\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

手のひらサイズのスピーカー!FMラジオも聴ける、MUZEN OTR Metal 携帯式FMラジオブルートゥーススピーカーをレビュー!

  • URLをコピーしました!

ワイヤレススピーカーに足りないのは、デザイン性と……ラジオ??

今回紹介するのは、CAMPFIREでプロジェクト実行中のMUZEN OTR Metal 携帯式FMラジオブルートゥーススピーカー(以下、MUZEN OTR Metal スピーカー)です。

MUZEN OTR Metal スピーカーの一般販売価格は16,500円(税込)が予定されていますが、CAMPFIREでの超早々割なら39%OFFの9,980円で購入できます(数量限定)

MUZEN OTR Metal スピーカーには、多くのワイヤレススピーカーに足りない「デザイン性の高さ」と、……「ラジオ受信機能」があります。とりあえず、詳しく見ていきましょうか。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

MUZEN OTR Metal 携帯式FMラジオブルートゥーススピーカーをレビュー!

本レビューにあたり、製品サンプルをご提供いただきました。

ダンボールから取り出してみると、箱ではなく、手提げ袋が出てきました。これは予想しなかった、意外な展開です。

ワーゲンバス風のイラストが描かれた手提げ袋は、紐が通してあります。そのまま持ち歩くことも、プレゼントすることもできます。いい意味で、ガジェットっぽくない作りです。

手提げ袋の中から取り出したのは、MUZENのロゴ入り巾着袋。まだまだ中身が見えません。

袋から取り出したものは……?

ガジェットっぽくない??かわいいミニトランクケース付き

巾着袋の中に入っていたのは、ミニトランクケースでした。なにこれ、ちょっとかわいいじゃないですか。

ケースの隅に「BACK TO 1960S」と書いてあるように、1960年代を意識したレトロなデザインのケースです。

ミニトランクケースは、その作りも本格的。革製の持ち手に、金属製の留め具で構成されています。これ単品でも使いたくなります。

さらにこのケースを開けてみると、MUZEN OTR Metal スピーカーが入っていました。フタの裏にはオリジナルステッカーがはさみ込まれています。

ミニトランクケースよりも二回りほど小さいのがMUZEN OTR Metalスピーカーです。想像していたよりもかなり小さいです。

付属品は、MUZEN OTR Metal スピーカー、USB Type-C充電ケーブル、AUXオーディオケーブル、アンテナ、ステッカー、説明書類です。

さっそくMUZEN OTR Metal スピーカーを見ていきましょう。

MUZEN OTR Metal スピーカーは、1960年代を意識したレトロデザイン!

こちらが、MUZEN OTR Metalスピーカー本体。今回レビューしている色は、ビンテージグリーンです。大きさこそコンパクトサイズですが、デザインはレトロそのものです。

1960年代 ラジオ受信機 アメリカ」等で検索してみると(リンクはGoogle画像検索)、似たようなスタイルのラジオ受信機の画像が見つかります。

底面には、高さのある滑り止めがくっつけられています。

片手に収まるコンパクトサイズですが、製品名にある通り、金属製。ズッシリ重さがあります。実測で430.5gありました。

すべての操作はアナログダイヤル方式!レトロでエモい!

レトロなのは、見た目だけではありません。MUZEN OTR Metal スピーカーのすべての操作は、前面にある3つのアナログダイヤルだけで行われます。

MUZEN OTR Metal スピーカーは、BluetoothスピーカーAUX(外部入力)FMラジオと3つのモードを切り替えられます。各モードの切り替えは、右下のダイヤルで行います。

モードの状態は、左下のLED表示で分かります。Bluetooth(ホワイト)→AUX(オレンジ)→FMラジオ(受信時のみグリーン)と変わります。

このほか、右上の大きなダイヤルはFMラジオのチューニング用、もう一つの小さなダイヤルはボリューム調節用です。

「スイッチ」とか「ボタン」は一切ありません。本当にダイヤルのみの操作です。こだわりがすごい。

FMラジオ用アンテナは取り外し可能!

MUZEN OTR Metal スピーカーの背面には、各種技術仕様が書かれています。

特徴的なのが、USB-Cポートです。このUSB-Cポートには3つの役割があります。USB充電、AUX入力(外部入力)、FMアンテナ接続、です。ポートの周りに3つの穴が空いていますが、これはなんでしょうか……?

MUZEN OTR Metal スピーカーには、FMラジオ受信用の外付けアンテナが付属しています。

この外付けアンテナは、なんとUSB接続式。コネクタの周りに3つの突起があり、先ほどの3つの穴に入るように作られています。

下の写真のように、アンテナが装着できます。3つの突起で支えるので、USBポートにテンションがかからず、アンテナも安定して立てられるようになっています。

FMラジオを使わないときは外しておけます。シンプルで、いいアイデアですね。

MUZEN OTR Metal スピーカーのFMラジオ、使い勝手はどう??

MUZEN OTR Metal スピーカーの特徴の一つは「FMラジオの受信機能」です。一番大きなダイヤルを、少しずつ回しながらチューニングしていきます。

30代以降の方であれば、懐かしいチューニング方法でしょう。10代20代の方からすると、スマホを使わずにラジオが聴けるのは新鮮ではないでしょうか?今や若い世代ほど、ラジオはスマホで聴く層が多く、専用の受信機は少なくなってきています。

FMラジオの受信感度は、部屋の中の置き場所によります。窓に近い場所でアンテナを伸ばせばクリアに聴こえますし、窓から遠い場所では、アンテナの方向を変えながら、ダイヤルを回してチューニングするという、アナログな方法で最適な状態を探ります。

スマホでのリスニングに慣れていると、とても手間がかかりますが……、この手間こそがアナログの醍醐味です。うまくチューニングが合うとLEDがグリーンに点灯します。チューニングがばっちり合った瞬間は嬉しくなります!音質は良好で、たまにザザッとノイズが入ることもありますが……アナログのラジオの味ですよね。

なお、MUZEN OTR Metal スピーカーの受信可能な周波数帯は、FM75.5〜108.5MHzです。日本のFM放送の割り当ては、76.1〜89.9MHzの間なので、本製品では日本のすべてのFM放送が聴けることになります。

そんなの当たり前では??と思われるかもしれませんが、以前Kickstarterで入手したLofreeのスピーカーはFM放送が88-108MHzという欧米仕様だったため、日本のFMラジオはかなりの局が聞けませんでした……。

けっこう好きなワイヤレススピーカーだったんですが、この点が残念でしたね。(日本向けに販売されていたPoisonスピーカーは対応していたようです)

MUZEN OTR Metal スピーカー、ワイヤレススピーカーとしての音質はどう??

ついついラジオの話題が盛り上がってしまいますが、本製品はBluetoothスピーカーです。iPhoneとBluetoothで接続した際の音質もチェックしてみましょう。

音質は高音から低音までバランス良く聴けます。この小ささに似合わない、いい音が鳴っています。そこそこ重量があるのも影響して、低音が引き締まっているのが印象的です。

Bluetoothを搭載したテレビのワイヤレススピーカーとしても使ってみました。トーク番組から音楽まで、バランス良く聴かせてくれます。

なお、音楽にせよテレビにせよ、MUZEN OTR Metal スピーカー自体の音量レベルがやや小さいようで、ボリュームは気持ち大きめにしたほうがいいです(個人差はあると思います)。爆音では鳴らせないので、大勢で楽しむというよりも、1人や少人数で楽しむほうが向いているようです。

MUZEN OTR Metal スピーカー、有線接続したときの音質はどう??

MUZEN OTR Metal スピーカーに外部機器から有線で接続する際には、USB-Cポートを使います。付属のケーブルで、イヤホン端子から出力し、USB-Cポートへ入力できます。

iPhoneとは、Lightning変換アダプタ経由で接続してみました。

音質はさすがの有線接続でしたが、Bluetoothでの接続でもそこそこいい音が鳴っていたので、劇的に変わるわけではありませんでした。スマホやMac・PCから鳴らすなら、Bluetoothでも十分でしょう。

余談ですが、iPhone用のイヤホン変換アダプタ、iPhoneからイヤホンジャックが無くなった当時は付属していましたが、最近ではめっきり付属しなくなりましたね……。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
楽天市場

MUZEN OTR Metal スピーカーを1週間使ってみたら……ラジオが快適だった!

MUZEN OTR Metal スピーカーを1週間ほど使ってみました。iPhoneとBluetooth接続して音楽を鳴らしたり、仕事しながらFMラジオを流したりしていました。

個人的にとても気に入ったのが、やはりFMラジオです。これまでもiPhoneのRadikoアプリでラジオは聴けましたが、アプリを立ち上げることもなく、ダイヤルを回すだけでFMラジオが聴こえてくるので、非常に手軽に使えます。

Bluetoothスピーカーとの切り替えもダイヤルを回すだけ。Apple Musicのプレイリストを聴きたくなったら、ダイヤルをBluetoothに合わせれば、すぐにiPhoneと接続して、再生が可能です。この切り替えの機敏さは、ストレスがなくてよかったです。

FMラジオとBluetoothオーディオを両方楽しめるのは快適です。しかも小型で場所を取らないため、デスクの隅に置いておいても邪魔になりません。デザインもおしゃれなので、インテリアとしても好適です。

ちなみに、バッテリーの持ち時間ですが、仕様上はBluetooth接続で8〜10時間、ラジオで約20時間程度とされています。ラジオ目的で使うことが多かったので、感覚としては「なかなかバッテリーが無くならないな……」と思いました。1日8時間ラジオをかけっぱなしにしても、ゆうに2日以上持つ計算ですからね。

気になった弱点が1つだけあります。それは、モード切り替えや音量調整をする際に、チューニング用のダイヤルに指が当たってしまい、せっかく合わせたチューニングがずれてしまうこと。……しかし、これもまたアナログらしい苦労=楽しみ方と言えそうです。

MUZEN OTR Metal 携帯式FMラジオブルートゥーススピーカーのまとめ

個人的にとても満足度の高い製品でした。見た目が気に入った方には、間違いなくオススメです!

MUZEN OTR Metal 携帯式FMラジオブルートゥーススピーカー
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • Bluetoothスピーカーとして、小型かつ高性能
  • スマホなしでもFMラジオが聴ける
  • アナログ感覚の操作が楽しい
  • 手提げ袋やケースなどの演出が楽しい
デメリット
  • USB-Cポートが排他式のため、充電とアンテナ・AUX入力が同時に使えない
  • 大音量で鳴らすには向かない
  • ラジオのチューニングは手間がかかる(それがいいのだけど)

MUZEN OTR Metal スピーカーの一般販売価格は16,500円(税込)が予定されていますが、CAMPFIREでの超早々割なら39%OFFの9,980円で購入できます(数量限定)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX