これがアップル鉛筆か。elagoのApple Pencilケース、CLASSIC PENCIL CASE イエローをレビュー!

  • URLをコピーしました!

Apple Pencilにはケースが必要だね……

Apple Pencilをたまに落とすことがあるので、ケースが欲しいなと思いつつ、太くなるのは面倒だし、ちゃんとマグネットで吸着して、充電・ペアリングができないとダメだし、何より欲しくなるデザインじゃないとイヤだし、……結局Apple Pencilは裸のままずーっと使っていました。

しかし、ついに、納得いくApple Pencilケースを見つけたのです。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

elagoのCLASSIC PENCIL CASEをレビュー

今回購入したのは、elagoのCLASSIC PENCIL CASE。普遍的な鉛筆のデザインを模したケースです。Amazonの製品ページで見かけたときに「これは欲しい!」と思って即ポチでした。

全面イエローの明るいパッケージ。見てわかる通り、懐かしいデザインの鉛筆型をしています。

開封してみると、装着方法を記載したマニュアルと、CLASSIC CASEが入っていました。

まず、CLASSIC PENCIL CASEをバラしてみます。ケース本体と、ダミーの中軸(捨てていいです)、キャップに分かれました。

Apple Pencil(第2世代)を挿入していきます。CLASSIC PENCIL CASEはぴったりサイズなので、少しずつ少しずつ入れていきましょう。焦ってもなかなか入りません。※なお、抜くときはすんなりスルスルっと抜けます。

マニュアルにも書いていますが、Apple Pencilのフラットな面を、CLASSIC PENCIL CASEの「MAGNET」と書いてある面に合わせて入れてください。iPadに吸着して充電するのは、この「MAGNET」が書いてある面です。

ペン先が出てきたら、キャップをはめて完成です!本当に鉛筆っぽくなった!(消しゴムは飾りです)

ちなみに、Apple Pencilのチップに使用しているのはifeliの低摩擦タイプです(下記記事参照)。芯が黒くなったように見えるので、より鉛筆っぽくなります。

Apple PencilにCLASSIC PENCIL CASEを装着していても、iPad Proにちゃんと吸着してペアリング・充電が行われます。このスタイル、文房具感が半端ないです。

Apple Pencilより太くなりますが、そもそもの形状が六角柱なのでホールドしやすく、本当に鉛筆を持っているような感覚で書くことができます。

一目惚れして買ってみましたが、大正解でした!

elago CLASSIC PENCIL CASEのまとめ

Apple Pencilがアップル鉛筆になりました。このデザイン、このカラーリング、最高です。ついでに、ifeliのペン先を使っていたことで、より鉛筆っぽさが増しました。このデザインを見て気になったのであれば、間違いなくオススメです!

今回レビューしたイエローは、トンボ鉛筆風ですね。他にもカラーバリエーションがあります。

HBブルーは少しデザインが変わって、ステッドラー風ですね。

このほかに7つのカラーバリエーションがあります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX