CASEFINITE THE INFINITE AIR iPhone 13 Pro Max レビュー/マットで落ち着きのある、軽量級MagSafe対応ケース!

  • URLをコピーしました!

iPhoneを購入するとほぼ間違いなく購入するのが「ケース」。私は、画面が一番大きいiPhoneを選ぶようにしているので、ケースはなるべく軽く・薄いものを選ぶようにしています。

iPhone 11以前は、10gを切るような超薄型・超軽量のケースを選ぶようにしていました。しかし、iPhone 12からMagSafeが搭載され、対応機器が増えてくるにつれて、MagSafe対応ケースを選ぶようになってきました。

そうなると、気になるのが重量です。MagSafe用のマグネットを内蔵しなければならないので、ケース自体の重量はどうしても増えてしまいます。中にはケースだけで50gを超えてしまうものもありました。

MagSafe対応ケースの理想的な重量は、30〜40gです。

INDEX

CASEFINITEのMagSafe対応ケース「THE INFINITE AIR」

MagSafeに対応しつつ、軽量・薄型のケースといえば、CASEFINITE製のケース「THE INFINITE AIR」です。iPhone 12 Pro Maxのときにも使っていましたが、保護性能と軽さ・薄さのバランスがよく重宝していました。

そうなると、iPhone 13 Pro Maxになっても使ってみようと言うのが自明の理。今回も購入してみました。THE INFINITE AIRのiPhone 13 Pro Max対応版です。

内容物は、THE INFINITE AIRケースと、マニュアル類です。

ケースの取り付け方・取り外し方のマニュアルが付属しています。適当に付け外ししようとすると、ちょっと苦戦するかもしれません。最初はマニュアルを参照してください。

THE INFINITE AIRケース本体がこちら。今回購入したのはアイボリーです。マットな質感で、落ち着いた色みです。

内側を見ると、MagSafeマグネットが埋め込まれているのが分かります。マイクロファイバーのマットが敷かれているので、iPhoneの背面を優しく保護してくれます。

重さは、実測で30.3g。MagSafe対応ケースとしてはかなり軽い部類に入ります。剛性と保護性能のバランスを考えると、このあたりの重量がギリギリといったところでしょう。

iPhone 13 Pro Maxに装着してみました。

ケースのフレームは見えますが、画面のエッジよりも細く、目立ちません。アイボリーでこの状態なので、ブラックやグレーならほぼ気にならないレベルでしょう。

ボタンやスイッチ周りはくり抜かれています。

Lightningポートは大きめに開いています。

人によっては気になるかもしれませんが、ケース下部には2箇所のスリットが空いています。このスリットがあるおかげで、付け外しの際に、ケースが割れたりしないようになっています。

背面には、ロゴや文字は一切なく、スマートな印象を与えてくれます。シンプルに使いたい方にはピッタリといえます。

背面カメラ周りは、カメラユニットの凸面に合わせて型取られています。(ちなみに、iPhoneのカラーはシエラブルーです)

このカメラユニット周りは、レンズよりもわずかに高くなっています。テーブルに置いてもレンズが当たることはありません。

MagSafeのマグネット吸着性能は、iPhone本体よりやや強いかな?という程度で、強過ぎず弱過ぎず。MagSafe対応ケースの中には、バチンと張り付く強力な製品もありますが、そこはTHE INFINITE AIR、ちょうどいい加減です。

まとめ

THE INFINITE AIRは、Apple純正ケースとも違う、落ち着いた印象を与えてくれるシンプル&スリム&軽量なMagSafe対応ケースです。

サイズ・バランス・保護性能・デザイン・MagSafeがバランスよくまとめられていて、オススメできるケースです。Amazon等になければ、公式サイトでの購入を検討してください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる