SIMGOT EM2 Roltion レビュー/あのEM2が装いも新たにグレードアップ!

  • URLをコピーしました!
INDEX
Google Workspace
Google Workspace

SIMGOTから新たなイヤホンが登場、EM2がグレードアップ

SIMGOTさんから、新しいイヤホンがリリースされるとの連絡をいただきました。なんと、あのEM2がグレードアップしたモデルだと言うではないですか。発売前に使わせてもらえることになったので、レビューしていきます。

※本レビューにあたって、製品サンプルを提供いただきました。

SIMGOT EM2 Roltionをレビュー

こちら、EM2 Roltion(以下EM2R)のパッケージです。初代EM2とあまりに違っていてびっくり。インパクト絶大ですね。妖艶であり、美麗な女性のイラストです。どことなくゲーミングイヤホンなのかな?という雰囲気も感じます。

初代EM2のパッケージデザインについては、下記のレビュー記事を見てみてください。驚いた理由が分かってもらえるはずです。全然別物なんですね。

内箱もデザインが変わっています。シックな雰囲気だった初代EM2のデザインと打って変わって、ゴールドに光るロゴ。この輝きがあるだけで、一気に雰囲気が変わります。

さらに、この内箱のフタを開けてみると、さらに何かが入っているようです。

開いてみると、台紙が立てられるようになっており、その中心にはカードが刺さっています。

このカード、パッケージ表紙のイラストが描かれています。

実は、これはワランティカード。QRコードをスキャンして製品を登録することで保証期間を延長することができます。一つ一つのこだわりがすごい。なかなかイヤホン本体にたどり着けない。

内容物は次の通り。EM2Rイヤホン本体に、イヤホンケーブルコード、革製収納バッグ、イヤーチップ(2種×3サイズ)、保証カード・取扱説明書、となっています。

EM2ではブラウンカラーだった革製収納ケースも、EM2Rではブルーになりました。カラーが変わるだけで印象がガラリと変わりますね。

イヤーチップは初代EM2同様、2種類×3サイズが台紙に収まっています。それぞれ、中・高音を増幅させる高通過イヤーチップ(写真左)と、低音を増幅させる均衡型イヤーチップ(写真右)と役割が異なります。ぜひ聴き比べてみてください。

そして、こちらがEM2R本体です。今回のカラーはクリアー(透明)です。内部構造までしっかり見えます。

2pinコネクタまで、しっかり透明仕上げになっています。

ノズルの下には、ダイナミックドライバーらしきものが見えます。今回は、振動板の材質がカーボンナノチューブに進化しているそうで、音質にどのような影響があるのか、実際に聴いてみるのが楽しみです。

イヤホンケーブルを接続してみました。ケーブルのクリアーな材質と、EM2Rのクリアーなボディが相まって、美しい見た目に仕上がっています。

EM2Rを試聴してみる前に、初代EM2からどう変わったのか比較してみましょう。

初代EM2と二代目EM2Rを比較してみる

SIMGOT EM2(以下、初代EM2/写真左)と、EM2R(写真右)を並べてみました。並べて分かるのは、EM2Rのケースが大きくなっていることでしょう。EM2はコンパクトすぎて、耳の中で安定しづらかったですが、EM2Rは程よい大きさになって、装着の快適性が上がりました。

続いて、内側から見てみましょう。EM2R(写真右)は、ケース全体が丸みを帯び、滑らかな角度になるよう再設計されています。先ほども言ったとおり、装着時の快適性が上がっているのもこのおかげです。

さらに、EM2R(写真右)のノズル径は、初代EM2(写真左)よりも明らかに大きくなっています。

ノズル周りだけ見ると、まるで別製品のような大きさです。

それでは、いよいよEM2Rの音質を確認してみましょう。初代EM2と聴き比べていきます。

初代EM2と、2代目のEM2R、音質はどう違う?

初代EM2(写真右)と2代目となるEM2R(写真左)を聴き比べてみます。環境はiPhone 12 Pro MaxからLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ経由で、Apple Musicのロスレス音源を聴いてみます。

まず、有線イヤホンで聴きたくなるのは、映画のサウンドトラックです。映画の迫力をダイレクトに伝えてくれるサウンドトラックは最高です……。映画の中に浸りながら仕事をしたり、ブログ書いたり……。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で聴き比べ

試聴用に選んだのは『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のオリジナル・サウンドトラックです。スター・ウォーズの1曲目といえば、ジャーン!から始まるファンファーレ&プロローグですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX