ストレージ

バッファロー SSD-PUT1.0U3-BKA レビュー/テレビの録画やPS4でも使える!USBメモリ型の小型軽量SSD!

テレビ録画用のストレージとして、SSDを使用できる?

以前ほどテレビ番組を「録画して観る」機会は少なくなりました。TVerやプライムビデオ、Netflixなどでの見逃し配信があるのが大きな理由です。

とはいえ、録画がゼロになったわけではなく、配信より先に観たい、とか、見逃し配信されていない・有料配信でしか見れないといった番組もあります。

ちなみに、わが家のテレビでは、テレビ背面にHDDをマウントできるホルダーを使っています。VESAマウントがあるテレビなら簡単に使えるのでオススメです。

最近ではSSDが安くなってきたので、テレビ背面をスッキリさせる意味でもSSDに変えられたらいいなと考えていたのですが……、テレビ録画用のストレージは相性があるので、どれでもいいわけではなさそうです。

以前に手持ちのSSDを使ってみようとしたら、認識されたものの、録画に失敗することがあり、それ以来、優先順位は低くなっていました。

バッファローからUSBメモリ型のSSDが登場

今回紹介するのは、バッファローから登場したUSBメモリ型のSSDです。250GB、500GB、1TBの3種類が発売されています。

以前にもUSBメモリ型のSSD(他社製品)をレビューしたことがありましたが、小型軽量な上、ケーブルも不要で、非常に便利でした。

世界最小クラスのSSD FlashGet レビュー/USBメモリサイズで防水防塵IP55!最大1TBの高速SSDが登場!2020年代のデータはクラウドか?SSDか? 2019年はクラウドサービス真っ盛り、一般の方にもスマホを介してiCloudやGoogl...
テレビ録画に使えることが保証されているなら、と購入してみました。

バッファロー SSD-PUT1.0U3-BKAをレビュー

こちらがSSD-PUTAシリーズ(SSD-PUT1.0U3-BKA)のパッケージです。PCで使えることとテレビで使えることが併記されています。

パッケージ背面にも特徴がいろいろと書かれていますが、PS4に対応していることも特徴の一つです。拡張ストレージとして認識されるようで、内蔵HDDと比べて圧倒的に高速であることがアピールされています。

パッケージ側面には、対応するデジタル家電として主要なテレビメーカーの名前と、ゲーム機としてPS4・PS4 Proの名前が挙がっています。

詳しい対応製品は、バッファローのサイトで検索することができるので、気になる方は調べてみてください。

対応情報に関するサイト。テレビ・レコーダー・チューナーやメモリ、スマートフォン・タブレット、ゲーム機の対応情報等の情報をご紹介。
対応情報 | バッファロー

パソコンの対応情報も書いてありますが、最近の機種・OSであれば問題なく使えるでしょう。

内容物は、SSD-PUT1.0U3-BKA本体と、らくらくセットアップシート、PS4かんたん接続マニュアル、となっています。

それでは、SSD-PUT1.0U3-BKA本体について見ていきましょう。

SSD-PUTAシリーズは小型軽量、そしてケーブルレス!

こちらがSSD-PUT1.0U3-BKA本体です、見た目にはUSBメモリにしか見えません。後方部にはストラップがつけられるよう、ストラップホールがあります。

SSD-PUT1.0U3-BKAの重さは、わずかに15.4gしかありません。完全ワイヤレスイヤホン左右1セット分、といったところですね。

SSD-PUT1.0U3-BKAの側面には、わかりやすく赤色のスライドがあります。

このスライドを引き出すことで、USBコネクタが露出します。使わないときにはしまっておけます。

さて、SSDということで、気になるのはその速度です。

M1 MacBook Airでベンチマークしてみます

MacBook Airでベンチマークしてみます。そのままでは読み込み専用になってしまうので、ディスクユーティリティでMac拡張フォーマットに変更しています。

※USB-Cで繋ぐために、AnkerのUSB3.0変換アダプタを使用しています。このアダプター、1つあるとなにかと便利なので、セールか何かのときに買っておくことをオススメします。

ベンチマークに使用したのは、Blackmagic DesignのDisk Speed Test(Mac App Store)です。

繰り返しテストしてみましたが、書き込みが300MB/s前後、読み込みが400MB/sに満たない、といったところでした。特別速くはないものの、HDDに比べれば雲泥の差といえます。

ちなみに、高速な外付けSSDを探しているのであれば、下記の製品のようなエンクロージャー+SSDをオススメしておきます。Macでも1TB/s近い速度を叩き出します(内蔵するSSDにもよりますが)。

ROG STRIX ARION レビュー/最速1GB/sを叩き出す!最強のゲーミングSSDエンクロージャーあらわる!ゲーミングデバイスは仕事でも使える? ゲーミング◯◯◯と名の付くデバイスは、ゲーミングPC、ゲーミングマウス、ゲーミングキーボードなど...

SONY BRAVIAでSSD-PUT1.0U3-BKAを使用する

今回SSD-PUT1.0U3-BKAを取り付けるのは、SONYのAndroid TV内蔵テレビ BRAVIAで、形式はKJ-49X8300D(2016年製)です。

これまで使用していた2.5インチの外付けHDDを取り外します。

HDD録画用のUSBポートにSSD-PUT1.0U3-BKAを挿入しました。ケーブルが1本なくなっただけで、テレビ背面がずいぶんスッキリした印象になります。

Android TVの設定画面から、録画用ハードディスクとして登録できました。

一応、HDD診断もかけてみましたが、全ての録画機能を利用できるという診断結果が出ました。

しばらく使っていますが、特に問題なく動いていて、心なしか速くなっているような気がします。

あと、かすかに音がしていたHDDの動作音がなくなりました。

まとめ

「SSDといえば高速」といったイメージがありますが、USBメモリサイズまで小さくすることで、静粛性に加えて省スペースといった新たなメリットが生まれるようになりました。今回はバッファローが動作保証してくれるので、買いやすかったです。

ケーブルで散らかりがちなテレビ背面をスッキリさせるためにSSDを選ぶのもアリではないでしょうか?

なお、一点だけ想定外のことがありまして、SSD-PUT1.0U3-BKAのUSBコネクタ周りが大きく、隣接するHDMIポートに干渉して、1ポート使えなくなりました(余っているので問題なかったですが……)。USBポート周りを確認しておきましょう。

テレビを新たに購入される際には、付与されるポイントで買いやすい価格なのではないでしょうか。SSD-PUTAシリーズは、250GB / 500GB / 1TBの3種類が発売中です。

ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ヘッドセットのまとめ記事


テレワークでのWeb会議やビデオチャットに便利なヘッドセットについてまとめています。

  • ヘッドセットの接続方法はたったの「5種類」
  • 無線・有線、どっちがいい?
  • ゲーミングヘッドセットはどうか?
  • スマホ用のイヤホンで代用しては?
  • 骨伝導ヘッドセットが快適!
  • スピーカーフォンありかも?

テレワークを始める際の参考にしてもらえれば幸いです。
テレワーク用ヘッドセットのまとめ

葬送のフリーレン、東京卍リベンジャーズ、ヒロアカ、Dr.STONE、最新刊登場→ Kindleコミック 売れ筋ランキング Top100