\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

SONY WF-1000XM3 シリコーンケース レビュー/人気の完全ワイヤレスイヤホンの充電ケースを保護する

  • URLをコピーしました!

完全ワイヤレスイヤホンには保護ケースが必要?

完全ワイヤレスイヤホンの金字塔、AirPodsの保護ケース・シールが人気だそうで、ヨドバシカメラに行くと、このカテゴリだけで1コーナーできていました。
ケース自体の保護だけでなく、デコレーションの要素もあり、CMの効果もあってまだまだ盛り上がりは続きそうです。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

WF-1000XM3用のシリコーンケース

AirPodsのあとを猛追するのが、SONYの完全ワイヤレスイヤホンの大ヒット製品「SONY WF-1000XM3」です。種類は少ないながら、WF-1000XM3にも保護ケースが出ています。といっても、デコレーションというよりも、ケースの保護を目的としたものです。

WF-1000XM3を外で使って、何回か落としかけているので、買ってみることにしました。カバンの中から取り出すときに、スルッと落としそうになるんですよね……。

WF-1000XM3用シリコーンケースをレビュー

こちらがパッケージ。保護ケースしか入っていないので軽いです。

内容物はこれだけ。ケースは上下のパーツに分かれています。カラビナも付属しています。

シリコーン製のケースなので、触った感じがかなり柔らかいです。

さっそく装着してみましょう。ジャストサイズのシリコーンケースですが、引っかかることなくスルリと装着できました。こちらは正面です。

こちらは背面です。WF-1000XM3のフタのあたりにスキマがありますね。

これはフタを開くために必要なスペースでした。シリコーンケースを装着していても、WF-1000XM3のフタを限界まで開くことができます。

充電のためのUSB Type-Cポートの周りもスペースが確保されているので、ケーブルは問題なく接続できます。
WF-1000XM3のフタを開いてみたところ。ケースもフタも、従来のカラーとシリコーンケースのブラックが綺麗に複層に見えて、ジャストサイズで作られていることが分かります。

ケースを閉じた状態でも、WF-1000XM3の特徴である、充電中のLEDは見えるようになっています。

ケース装着前のWF-1000XM3の重さを計っておきましょう。92.0gです。

次にシリコーンケースを装着した状態のWF-1000XM3です。こちらは115.7gで、+23.7gです。シリコーン製とはいえ、そこそこの重さに見えます。

カラビナを取り付けるストラップ穴はここにあります。カバンに引っ掛けておくのも良さそうです。

保護ケースとしては十分な出来です。

まとめ

WF-1000XM3のクールなツートンカラーが見えなくなってしまうのは寂しいところですが、WF-1000XM3の機能性を損なうことなく、保護ケースとしての性能は十分といえます。
完全ワイヤレスイヤホンとしては高級品の部類に入るWF-1000XM3、落として泣く前に手軽に保護しておきましょう。
https://www.makkyon.com/2019/07/15/sony-wf-1000xm3/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX