Amazon 新生活SALE 開催中!3/5(火)23:59まで

GLIDER GoPro ネックハウジングマウント 2019年モデル レビュー/首からカメラを下げれば両手が使える!

  • URLをコピーしました!
※makkyon webはAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得て、運営費に充てています。予めご了承ください

手ぶらで動画を撮るにはどうすればいい?

DJIから発売されたアクションカメラOsmo Actionをたびたび使っています。RockSteadyのおかげで、ぬるっと動くムービーが撮れて新鮮です。手ぶらでムービーを撮りたいなと思って、いろいろ調べまして……
https://www.makkyon.com/2019/06/02/dji-osmo-action/

INDEX

GoPro用のネックマウントを使う

Osmo ActionはGoPro互換のマウントを採用しているので、GoPro用に発売されているネックマウントを使ってみることにしました。その名の通り、首にかけるマウントです。
ただ、さまざまなメーカーから類似品が出ており、レビューを読むと、壊れやすいものやサイズがきついもの、厳しめの意見が多く、どれを買えばいいのか迷いました。

そんな中、GLIDER製のネックマウントは、改良版として2019年モデルを発売していました。今回はこちらを紹介していきます。

GLIDER ネックハウジングマウントをレビュー

プラ製のクリアケースに入っています。製品の大きさを考えると、かなり大きめのパッケージングです。

シールで「DJI OSMO ACTION対応」が明示されていました。

パッケージ裏面の注意事項を読むと、アクションカメラのアクセサリーだけあって、ハードな使い方をされているのだな……と感じさせる文章になっていました。

こちらが、GLIDER製のネックハウジングマウントです。

詳しく見ていきましょう。

スマホマウントも付属している

開封時に取り付けられているのは、スマホを取り付けるためのマウントです。

強力なバネでスマホを挟み込みます。大きめのiPhone XS Maxでも、問題なく固定することができます。

それでは、Osmo Actionを取り付けていきましょう。

改良された2019年モデル

ネックマウントは他社からも多数出ていますが、いずれも評価は厳しめで、壊れやすさとサイズ感が問題のようです。GLIDERの過去モデルも例外ではないようでした。
今回購入したのはGLIDERの2019年モデルで、いくつか改良が加えられているそうです。

加えられた変更のうち、最も重要なのが「強度としなやかさを兼ね備えた材質に変更」したという点。触ってみたところでは、多少広げたりしても、折れやすそうには感じません。

実際に首にかけるときには、ここから開いて首に巻きます。見ていただくとわかる通り、首から胸にかけて当たる部分が末広がりで、装着時の不快感を軽減するようになっています。

Osmo Actionを取り付けてみました。

マウントの位置を考えると、天地が逆になっていますが、アクションカメラには回転機能があるので、この状態で撮影しても問題はありません。

微調整は必要だけど、手ぶらで撮影できるのは便利

実際に首に巻いてみると、このような見た目になります。このまましばらく過ごしてみましたが、窮屈さは感じません。

ネックマウントが当たっている部分の首回りを測ってみたところ、40cm前後でした。この程度であれば、問題なく装着できています。
首からぶら下げると、やや上向きの映像になりがちなので、撮る対象物によっては、マウントで角度を調整する必要があります。

スマホでライブビューしながら調整するのがいいでしょう。スマホを併用しない場合は、録画開始/停止ボタンの位置をあらかじめ確認しておきましょう。

まとめ

ネックマウントをつけた状態で撮影をしてみましたが、手ブラで映像を撮ることができ、これぞまさしくウェアラブルカメラ!と感じました。GoProやOsmo Actionなどのアクションカメラをお持ちであれば、価格も安いので、一度試してほしい撮影手法ではあります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX